【工程解説付き★】とってもリアルなHalloWeen傷メイク

BEAUTY

今回の記事は、ハロウィンで使える傷メイクです!
ホントだったら紫色や青色系でやった方が、痣や傷口っぽくなりますが、今回はブラウン系でやってみようと思います(pq・v・)+°

菜々花
菜々花
2021.05.17

ハロウィン傷メイクのやり方①▶︎家にある物で傷メイク...♪*゚

まず、ハロウィンの傷メイクのために、使う物を揃え、下準備をしていきます♡

①【用意するもの】
ティッシュ、綿棒、BBクリーム、100均で売ってるクリームの入れ物、木工用ボンド、アイプチ用のり、ブラウン系のアイシャドー、ピンクのチーク、赤と黒のマニキュア

②まずは、写真のように木工用ボンドを塗ります。
塗り過ぎると乾くのに時間がかかるので、注意⚠して下さい!
形は適当でOK。三日月型の方が傷っぽいですよ♡

ハロウィン傷メイクのやり方②▶︎土台をつくろう!

次は、傷メイクの土台を作っていきます。

③ティッシュをある程度の大きさにちぎって乗せる。余った部分はちぎる。
適当にやった方が傷っぽくなるので、あまり考えないでやってみて下さい

④ある程度木工用ボンドが乾いたら、アイプチ用のりで周りのティッシュを固めます。
ティッシュがくっついてこないように注意⚠して下さい。のりは、たくさんつけた方が完成した時にキレイです。

ハロウィン傷メイクのやり方③▶︎立体感を出す♪*゚

次は、より傷っぽく立体感を出して、下色をつけていきましょう!

⑤ティッシュを細長くちぎりネジって、 写真のように傷口を作り、ボンドを塗らなかった部分にアイプチ用のりではり固めます。
全体が乾いたらBBクリームを、ティッシュ全体に乗せ伸ばす。
BBクリームは少し多めに使うのがポイント!血色を無くすと良いかも(๑•﹏•)
※スポンジなどで全体を叩くと自然な感じになります!スポンジがない場合はコットンでもOK。

⑥血色を悪くしたら、痣の赤みを少し出すため、薄いピンクのチークを全体にかなり薄く塗る。
※チークは塗り過ぎると、血色が良くなりすぎてなんかグロくならないのでNG。グロい方が傷メイクに近づきます。

ハロウィン傷メイクのやり方④▶︎最後は色付け♪*゚

最後は傷っぽい色を付けていきます♡

⑦ブラウン〜ネイビー系のアイシャドウで、紺色を全体に塗り→外側に向かって薄くする→ブラウン→モカの順に塗りグラデーションをつけます。
グラデーションをハッキリさせるために、初めは濃くアイシャドーを入れるのがポイントです。

⑧100均で売ってるクリームの入れ物に、赤のマニキュアを垂らし、傷口に見立てたティッシュの中で伸ばす。
同様に赤が塗れたら、黒を全体に塗るグロい感じになるまで調節したら完成☆

グラデーションをハッキリさせ過ぎてもあまり良くないので、色と色の間はぼかして下さいね!
傷口ぽくて痣のようになります!
この方法は、マニキュアで仕上げるので、艶も出てよりリアルになりますよ!黒は少し多めに使ってみるとグロい感じになります♡
ぜひハロウィンの傷メイクに活用してみて下さい♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。