ボリューム魅せの叶う着こなし♪“ダウンジャケット”コーデのコツ

冬本番になって最強防寒アウター「ダウンジャケット」を羽織っている人をよく見かけますよね。
けれども、ボリュームたっぷりのカジュアルアウターなので、オシャレに着こなすのが難しい……。
ここでは、そんなお悩みを解決!ダウンジャケットコーデのコツを探しましょう♡

「ダウンジャケット」コーデのコツ① ボトムと同系色のタイツを合わせてスッキリ感を演出する

wear.jp

ダウンジャケットにタイトスカートを合わせると、シルエットのバランスがいいです。
ちょうどいいレディ感も漂っていますよね。

冬のオシャレにタイツが欠かせませんが、スカートと同系色のタイツを選ぶとスッキリとした印象に♪

さらにタイツと同系色のシューズを合わせて統一感を加速させつつ、グラデーションで魅せてみてください♡

「ダウンジャケット」コーデのコツ② ニットワンピを着るならボリュームのある靴を添えてバランスを取る

wear.jp

ニットワンピ×スニーカーにダウンジャケットを羽織ると、冬のアクティブコーデが完成します。

このコーデは足元にボリュームが欲しいので、ハイカットスニーカーを選ぶとGOOD!

物足りなく感じたら、柄アイテムを添えてバランスを取ってください!

「ダウンジャケット」コーデのコツ③ 柄ワンピを選ぶならモノトーンでまとめて落ち着かせる

wear.jp

柄ワンピにダウンジャケットを合わせてボリューム&柄で魅せるとうるさいコーデになりがちなので、黒やネイビー、グレーのワントーンで決めるとGOOD!

レディな花柄ワンピ×メンズライクなブーティで甘辛MIXすると、ワントーンで一歩リードしたコーデに仕上げられますよ♪

「ダウンジャケット」コーデのコツ④ 重く見えるなら冬のかごバッグを添えてぬけ感を出す

wear.jp

ブラック×カーキで魅せると、こなれ感が漂います♪
スタッズがあしらわれたブーティを合わせて、クールを極めるのもいいですね。

オールブラックにダウンジャケットを羽織ると重く見えがちなので、ぬけ感が出るかごバッグを添えてみましょう。

夏に活躍したかごバッグにファーマフラーをのせるだけで、冬のかごバッグは作れますよ!

「ダウンジャケット」コーデのコツ⑤ 白リブニットを合わせてぬけ感を出しながら美シルエットを目指す

wear.jp

黒を多めに使いたいときは、白のリブニットを投入してみてください!

ぬけ感を出しつつ縦ラインを強調できるので、モノトーンでまとめても垢抜けます。

スキニーパンツや品のあるアクセサリーを合わせて、美シルエットの大人カジュアルコーデを目指してください♡

「ダウンジャケット」コーデのコツ⑥ レイヤードスタイルを作るならVネックで肌魅せする

wear.jp

薄手のダウンジャケットとデニムジャケットを持っている人は、デニムジャケットをインナーにしてカジュアルコーデを極めてみてください!

重く見えないようにVネックトップスを合わせてデコルテ魅せしたり、白スニーカーを添えて足元からもぬけ感を漂わせるとOK!

ぬけ感が漂ったレイヤードスタイルなら、トレンドのファーをプラスしても問題ありません♡

「ダウンジャケット」コーデのコツ⑦ ボリューム魅せするならモノトーン×差し色で決める

wear.jp

今季はボリューム魅せがトレンドなので、ワイドパンツにふっくら感のあるダウンジャケットを合わせるのもアリ!

オフタートルネックや大きめバッグを合わせて、攻めてみてください♡

モノトーン系でまとめて引き算しながら、差し色にもなるダウンジャケットを羽織ってメリハリをつけた着こなしがイチ押し!

ボリュームたっぷりの好バランスコーデができあがりますよ。
今季はボリュームのあるコーデを決めるとトレンド感をゲットできるので、ダウンジャケットが活躍しそうです。
“オシャレは我慢”といいますが……、オシャレは防寒しながらでも叶います♡

【関連記事】着丈別!ダサくなりがちなダウンコートのオシャレコーディネート4選

暖かいけれど、どうしてもダサくなりがちなダウンコート。今回はそんなダウンコートを取り入...

ダウンジャケット コーデ コツ バランス 防寒

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、キュレーター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる