撮影スポットで話題☆デートにおすすめな東京庭園美術館をチェック

LIFESTYLE

最近は撮影した写真をSNSで簡単に恋人や友達と共有できますよね。
だからこそ、撮影機会は上がるもの。そして、恋人と撮る写真は他とは違った写真を撮りたく思いますよね。
そんなカップルさんにオススメなのが東京庭園美術館なのです♡

撮影スポットとしても話題の東京都庭園美術館とは?

東京庭園美術館とは、1983年(昭和58年)10月1日に開館した東京都立美術館です。

元々は、皇族であった浅香宮鳩彦王の邸宅として1933年(昭和8年)に建てられました。

現在の東京庭園美術館は、2011年(平成23年)より改修工事のために長期休館中となっていましたが、2014年11月22日よりリニューアル開館しました!

東京都庭園美術館の見どころ①▷美術館自体が美術品

東京都庭園美術館は外観はシンプルでありますが、内部はアール・デコ様式の、スタイリッシュで芸術的な建物です。

そのため、1993年に東京都の有形文化財に指定され、2015年に国の重要文化財に指定されました。
外観はシンプルですが、昭和初期のアール・デコの様式をそのまま残しており、まるでタイムスリップしたかのような非日常の雰囲気を味わうことのできる、おすすめの美術館です。

建築設計は、宮内省寮の権藤要吉ですが、主要な部屋の内装の基本設計はフランスのインテリアデザイナーであるアリン・ラパンが担当しています。
また、シャンデリアなどの室内の装飾は、フランスの宝飾デザイナーでガラス工芸家でも会ったエウネ・ラリックの作品です。

東京都庭園美術館の見どころ②▷アール・デコに囲まれて撮影を楽しもう☆

出典:www.museum.or.jp

現在、東京庭園美術館では、アール・デコの邸宅美術館、建築をみる2015 + ART DECO COLLECTORSと題した展覧会が開かれています。
旧朝香宮邸を美術品として楽しむというコンセプトのもと、コレクターたちが収集したアール・デコ様式のすばらしいコレクションも展示してある、おすすめのイベントです。

また、この展覧会の期間中は、平日のみとなりますが本館内の写真撮影が可能となっています。
この機会を活かして、素敵なアール・デコの建物の撮影を楽しんでくださいね。

展覧会中は、他の見学者さんもいらっしゃいますので、迷惑のかからないスマートな写真撮影で自分だけの1枚をのこしちゃいましょう♪

東京都庭園美術館の見どころ③▷オシャレなミュージアムカフェ

出典:teien-art-museum-shop.com

東京庭園美術館には、2014年のリニューアル開館とともに素敵なミュージアムカフェ「Café du Palais」もオープンしました。

カフェで使用されている食器類はNoritakeで全て統一されており、スタイリッシュで洗練されたカフェとなっております。
見た目もとっても素敵なので、ここでも一枚撮影できちゃいそうですね♪

ここでしか食べることのできないオリジナルのケーキは、ぜひ押さえておきたい一品です。
また、ドリンクメニューもこだわっており、ミシュラン3つ星ホテルで採用されている老舗紅茶専門店の店、BETJEMAN & BARTONの茶葉を使用した紅茶や、堀口珈琲のこだわりのスペシャルティコーヒー豆を使用した珈琲など「邸宅のカフェ」の名前そのままのカフェです。

【Café du Palais】
営業時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
休業日 毎月第2、第4水曜日・展覧会準備期間 ※美術館休館日に準ずる
電話 03-6721-6067

<東京庭園美術館>
○お問い合わせ先:03-5777-8600
○所在地:〒108-0071  東京都港区白金台5-21-9
○開館時間:10:00-18:00 (入館は17:30まで)
○休館日:毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、展覧会準備期間、年末年始
○入館料 展覧会によって異なります。詳細は展覧会ページをご覧ください。
○庭園入場料
一般100円、大学生(専修・各種専門学校含む)80円、中・高校生・65歳以上50円

東京庭園美術館 HP

撮影スポットとしても話題のおすすめ美術館、「東京庭園美術館」をご紹介しました!
素敵な時間の過ごせる美術館って素敵ですよね。
優雅な時間の流れる美術館で恋人と一緒にここでした撮影できない1枚を残してください。