新郎新婦を喜ばせる♪誰でも真似できる招待状返信アート9選
雑誌連動

新郎新婦を喜ばせる♪誰でも真似できる招待状返信アート9選

WEDDING

♡4MEEE Vol.4 p.104〜こんなカタチが理想形♡リングがつなぐ、きずな婚!

ここ最近、結婚式の招待状の返信ハガキを、イラストやシールでアレンジして返信する方が増えていることをご存知でしたか?
招待状返信アートは親しいゲストから新郎新婦に対して、最初にお祝いの気持ち送るちょっとしたプレゼントになると話題になっているんです。
そこで今回は、誰でも簡単に真似できるウェディング招待状の返信アートをご紹介いたします。

招待状返信アートとは?

二羽の鳥と小さな紙

基本的に、結婚式の招待状をもらったら、ゲストは「返信ハガキ」に参加の可否を書いて返信するようになります。
「出席」という部分を丸で囲んだら、「ご欠席」に加えて「ご出席」や「ご住所」などの「ご」の部分を二本線で消すのが一般的です。

しかし最近では、二本線ではなくイラストやシールなどを使って消す方が増えているみたい♡
これが、“招待状返信アート”というものです。

「装飾するのはNGマナーではないの?」と不安になってしまう方もいるでしょうが、新郎や新婦と古くから付き合いがあったり、親しい間柄だったりすれば、返信アートで華やかにしても大丈夫だといわれています。

お祝いごとにふさわしくないイラストは避け、やり直しができないこと、返信ハガキの宛先は親しい新婦新婦宛てになっていることを確認したら、華やかに飾って新郎新婦を喜ばせてみてはいかがでしょうか。ウェディング気分が盛り上がること間違いなし!

ウェディング気分が盛り上がる♡招待状返信アートアイディア①マスキングテープアート

ピンクの封筒と紙

招待状返信アートは、イラストが苦手な方でも大丈夫!
100円ショップでも買える文房具を使えば、簡単におしゃれな返信はがきにすることができます。

そこでまずおすすめするのが、マスキングテープを使った招待状返信アートです。
可愛らしい花柄からレトロチックなもの、ウェディングドレスを意識したものまで、たくさんあるのではがきに貼るだけでおしゃれになります。

細くカットしたマスキングテープで「出席」を囲んでもいいですし、太めのマスキングテープをハート型や風船型にカットして、「ご」の文字を隠したりするのもおすすめですよ。

ウェディング気分が盛り上がる♡招待状返信アートアイディア②転写シートアート

ピンクの紙と封筒

100円ショップでも購入できる転写シートを使って、招待状返信アートを華やかにしている方もたくさんいます。

好きな柄をカットして、貼りたい部分に貼るだけでいいので、とっても簡単!
転写シートには、ウェディングにぴったりな華やかなお花モチーフのものが多いので、あっという間に特別感を出すことができます。

ボタニカル系や動物系の転写シートで、消したい文字を隠すのも可愛いので、やってみてください。

ウェディング気分が盛り上がる♡招待状返信アートアイディア③フレークシールアート

蝶と青い紙

転写シートよりも簡単に招待状返信アートを楽しむなら、フレークシールアートを使ってみて!
形に沿って1枚ずつ切り取られたシールのことで、カットする手間が省けます。

結婚式の招待状が届いたら、基本的に2~3日以内に返信することがマナーになるので、「新郎新婦を祝福したいけど、時間があまりない」というときにも活躍してくれるでしょう。

フレークシールアートであれば、ウェディングケーキやウェディングドレスのシールも買うことができるので、結婚式にぴったりな返信はがきを届けることができるのも嬉しいポイントです。

ウェディング気分が盛り上がる♡招待状返信アートアイディア④ストーンシールアート

ハートとノート

ウェディングドレスをイメージしたり、とっても華やかな祝福にしたかったりするなら、ストーンシールを使った招待状返信アートがおすすめ。

キラキラ輝くストーンにうっとりしますし、仲の良い新婦宛てならプリンス気分を楽しんでもらえること間違いなし♡
ただし、通常はがきの重さは「2g~6g」と規定されているので、ストーンシールを貼りすぎて重くなってしまうのは禁物。

手紙扱いになることで追加料金が発生してしまいますから、重量にも気を付けつつ、他のシールや簡単なイラストと組み合わせてみてください。

ウェディング気分が盛り上がる♡招待状返信アートアイディア⑤ボールペン1本でイラスト

文字を描く女性の手

シールやマスキングテープではなく、ボールペン一本で招待状返信アートを楽しむのもおすすめ。

お花やハート、音符などで消したい文字を塗りつぶす方法なので、イラストが苦手な方でもおしゃれな招待状返信アートにすることができるんですよ。
消したい文字だけを塗りつぶすだけだと、ちょっぴり寂しいので、返信はがき全体にバランスよく模様を取り入れてみてください。

絵ではなく、自分の得意なフォントでメッセージを付け足すのも素敵!
「ハッピーウェディング」というメッセージで、文字を消している方もいますよ。

ウェディング気分が盛り上がる♡招待状返信アートアイディア⑥キャラクターのシルエット

紙を持つ女性

少し難易度を上げるなら、キャラクターのシルエットイラストにチャレンジ♡
こちらもボールペン一本でできる招待状返信アートですし、目や口などを描かなくてもいいので、イラストが得意な方であれば簡単に描くことができます。

ウェディングらしさを出すなら、プリンスのシルエットを描いてみて!

ただし、返信はがきは一枚しかないので、失敗はできません。
不安な方はまず別の紙で練習をしてから、慎重に取り組むようにしてみてくださいね。

ウェディング気分が盛り上がる♡招待状返信アートアイディア⑦色鉛筆アート

何色もの色鉛筆

イラストが得意な方であれば、色鉛筆を使って本格的なイラストを描いてみてはいかがでしょうか。
カラフルなお花や幸せの鳥はもちろん、ウェディングドレス姿の新婦やタキシード姿の新郎など、似顔絵を描くのもいいですね。

本格的な招待状返信アートになるので、受け取った側も「おーっ!」となること間違いなし。

イラストが苦手な方でも、色鉛筆を使ったアートをすることができます。
返信はがきの背景を優しい色で塗りつぶし、シールやマスキングテープを重ねればとっても華やかです。

ウェディング気分が盛り上がる♡招待状返信アートアイディア⑧スタンプアート

ピンクの紙とハート

最近では、おしゃれなスタンプがたくさんありますよね。
ウェディングにぴったりなレースのスタンプや、花束のスタンプなど、さまざまな種類があるので、これらのスタンプを使えば、おしゃれな招待状の返信アートを作ることができます。

フレームになってくれるような縦長のスタンプもあるので、イラストやシールの配置バランスが苦手な方でも大丈夫♡

さらに本格的な方になってくると、消しゴムとカッターを使って、自分だけの手作りスタンプを作っているみたい!

ウェディング気分が盛り上がる♡招待状返信アートアイディア⑨刺繍アート

紙とお花

招待状返信アートの中でも、圧倒的な人気を誇るのが刺繍アートです。
細い糸と針を使って、実際にはがきに穴をあけながら糸を通していくアートで、ハートを作ったり、ハッピーウェディングのメッセージを作ったりします。

とっても簡単なのに、糸の温もりが伝わって、ほっこりした気持ちにすることができますよ。

はがき全体にデザインするとなると少し時間はかかりますが、新郎新婦もびっくりして喜んでくれること間違いなし!
イラストと組み合わせながら刺繍アートをするのもおすすめです。
厚みと重さには注意してくださいね。

ウェディング気分が盛り上がること間違いなしの、招待状返信アートアイディアをご紹介させていただきました。
いくつかの注意点に気を付けながら、気持ちのこもった返信はがきにすれば、新郎新婦もきっと喜んでくれますよ♡
イラストが苦手でも華やかにすることができるので、ぜひ参考にしてみてください。