眠れなくてイライラしちゃう!なかなか寝つけないときの対処法

なかなか寝つけないことって、誰しも必ず経験したことがあるはず。
特に暑い夏は、寝つけないこともしばしば……。
次の日に大切な予定があったり、絶対寝坊できなかったりすると、余計寝られなくなってしまいますよね。
今回は、寝つけないときに試してほしい対処法をご紹介します♪

なかなか寝つけないときの対処法①時間のことを忘れる

なかなか寝つけないときに、「早く寝なきゃ」「もう2時だ」と考えてしまい、余計に焦って眠れなくなってしまったという経験はありませんか?

あまり寝てないという気持ちで朝を迎えてしまうと、体がしっかり休めていないような気持ちにもなってしまいます。
そうならないためにも、ベッドに入ったらたとえ寝つけなくても時計を見ずにいるのがおすすめです。

自分の感覚としては寝ていなくても体は休めていたら、次の日に疲れを持ち越さずにすみますよ。

寝つけないときの対処法②部屋を明るくしすぎない

寝るときの部屋の明るさは、どれくらいになっていますか?

小さい電気をつけていないと寝られない方や真っ暗じゃないと寝られないという方、いろいろいると思います。
ですか、光は眠りを阻害する一つでもあります。
また、道路の近くに住んでいる方なら、信号や車のライトの光に眠りを阻害されている可能性も……。

外からの光を入れないためにも、寝室は遮光性の高いカーテンを使って、光をシャットアウトするのがおすすめですよ♪

寝つけないときの対処法③電子機器の使用はNG

寝つけないときによくいわれるのが、スマートフォンやテレビは絶対使ってはいけないということ。
スマートフォンやテレビに夢中になってしまうと、寝る時間が遅くなってしまいかねません。

また、寝つけなくて暇だからといって、スマートフォンやテレビをつけるのはやめてくださいね!
寝れない時は、雑誌や本などを小さめのライトのヘッドライトで読む程度にしておくのがおすすめですよ。

寝つけないときの対処法④いろいろな寝相を試す

体は疲れているのに、気持ちが興奮していて寝つけないときってありますよね。
他にも、脚がむくんでだるくて寝られないことや、肩凝りでなんだか枕がしっくりこなくて寝られないことも。

そういうときは、枕を外してベッドにごろんと寝転んでみてください。
手足を楽な位置に伸ばして、ゆっくり力を抜いていきます。
海に浮かんでいるようなイメージで横たわっていると、いつの間にか寝られているかもしれませんよ♪

逆に、体を横向きに丸めたほうが安心して寝つける場合もあるので、いろいろ試して自分にぴったりなスタイルを見つけてみてくださいね!

寝つけないときの対処法⑤頭の中を空っぽに

心配なことや気になることがあると、なかなか寝つけないという方もいると思います。
そういう方は、意識的に頭の中を空っぽにするのがおすすめ!

海や緑のある景色を想像するのもいいかもしれませんね。
今日あった出来事を想像していると、あのときこうすればよかったかなと考えが止まらなくなってしまいます。

そうならないように、誰もいない自然を想像するのがおすすめ。
頭の中で一定の音をずっと流し続けて、騒音が流れないようにするのも効果がありますよ。
今回は、寝つけないときに使える対処法をご紹介しました!
寝つけるようになるBGMが流れるアプリなどもあるので、上手に使ってみるのもいいかも♪
夏は特に気温や湿度で寝つきが悪くなってしまうことも多いので、寝室の環境を整えるのもおすすめです。
ぜひ、今回ご紹介したような方法も参考にしてみてくださいね!

【関連記事】寝具を見直してみませんか?暑い夏の睡眠を快適にするクール寝具6選

夏は暑くて寝苦しい夜が続きますよね!だからといってエアコンをつけたままで寝てしまうと、...

寝つけない 対処

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Misaki

>もっとみる