井上真央さん主演のサスペンス映画!『八日目の蝉』の魅力とは?

LIFESTYLE

映画『八日目の蝉』は、誘拐犯の女と誘拐された少女の逃亡劇です!
直木賞作家、角田光代原作のベストセラー小説を映画化した、ヒューマン・サスペンス映画『八日目の蝉』をご紹介します♪

映画『八日目の蝉』のストーリー

出典:eiga.com

子どもを妊娠したものの、相手が既婚者であるために出産を諦めるしかない希和子(永作博美)は、生まれて間もない不倫相手の妻が産んだ子供・恵理菜を誘拐します。
そして、「薫」と名付け、わが子として愛情をもって育てます。

しかし、母娘としての幸せな暮らしは4年で終わります。
4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上真央)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長することに…。

やがて21歳になった恵理菜は妊娠しますが、その相手もまた家庭を持つ男でした…。

映画『八日目の蝉』の見どころ①▷血の繋がっていない母の記憶

出典:eiga.com

たった4年間の母娘2人の幸せな暮らしの記憶は、ハッキリと輪郭は見えなくても、ぬくもりの温度を心が覚えているのでしょうか…?

井上真央さん演じる恵理菜にとって、血の繋がらない誘拐犯と過ごした短い時間が幸せで、本当の親と暮らした長い時間は幸せとは言えなかったという皮肉。

一方、誘拐犯となってしまった希和子にとっても、恵理菜と暮らした4年間は、かけがえのない幸せな時間だったに違いありません。

映画『八日目の蝉』の見どころ②▷2人の女優の演技に心が震えます…。

出典:eiga.com

―どしゃぶりの雨の中で起きた誘拐事件。犯人は父の愛人。連れ去られたのは、私。私はその人を、本当の「母」だと信じて生きてきた―というコピーが印象的な映画『八日目の蝉』。

恵理菜は子供の頃「母」と信じて愛した女性に対して、どういう決着をつけるのか?
この映画はその心の葛藤が痛いほど伝わってきます。

そして、罪だと分かっていても恵理菜を連れ去り、恵理菜を心から愛してしまった希和子の母性愛に思わず涙してしまいます…。

映画『八日目の蝉』の見どころ③▷圧倒的な高評価で日本アカデミー賞10冠!

出典:eiga.com

2012年の第35回日本アカデミー賞で、『八日目の蝉』は作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞を含む最優秀賞10冠に輝きました!
井上真央さんと永作博美さんの主演女優2人がWで最優秀賞を獲得するという快挙です♪

この年の最優秀作品賞に輝いた『八日目の蝉』。
まだ観ていない人はもちろん、既に一度観た人も、是非もう一度じっくり鑑賞してみてはいかがでしょうか?

タイトルになっている「八日目の蝉」が意味する事とは、何だったのでしょうか?
そんなことに思いを馳せながら映画『八日目の蝉』を鑑賞するのもいいですね♪