本命にも友チョコにも◎バレンタインデーはsilsmariaの「生チョコ」で♡

LIFESTYLE

大好きな彼にもお友達にも家族にも……!
2018年のバレンタインデーには、みんなに喜ばれるチョコレートを贈りたい♡と考えている人におすすめしたいのが、生チョコです。

濃厚な味わいと舌でとろける触感がたまらない生チョコは、どんな人に贈っても必ず喜んでもらえるスイーツなのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、“生チョコ発祥のショップ”が手掛けるラインナップ♡
種類も豊富なので、じっくり選んでくださいね。

2018年は生チョコ発祥30周年!

引用:item.rakuten.co.jp

今回ご紹介する生チョコは、数あるチョコレートの中でも、ファンが多い名品♡
なんと2018年は、生チョコ誕生30周年記念であることをご存知ですか?

生チョコは、1988年の寒い夜に、silsmaria(シルスマリア)というスイーツショップの厨房で誕生したスイーツなんです!

“どこにも無い、全く新しいタイプのチョコレート”をコンセプトに、silsmariaのショコラティエが試作に試作を重ねて誕生したのが、生チョコなのだそうです。

引用:item.rakuten.co.jp

silsmaria(シルスマリア)のショコラティエが、完成したそのチョコを“生チョコ”と命名したことが、のちの生チョコブームへと繋がります。

生チョコのネーミングの由来は、当時silsmariaで大人気だったオリジナル商品の「生パイ」にちなんだものだったのだそう。

当時の生パイは、現在では“ベルク”という商品名で販売されている、現役の人気スイーツ♡
生パイ同様、生クリームをふんだんに使用するからという理由で、生チョコという名前が誕生したそうですよ!

バレンタインデーに♡silsmariaの生チョコ①公園通りの石畳 シルスミルク

引用:item.rakuten.co.jp

生チョコ発祥のスイーツショップであるsilsmaria(シスマリア)の生チョコは、バリエーションが豊富なのも、バレンタインデーシーズンに向けて購入したくなる理由の一つ。

その中でも最もメジャーな存在なのが、「公園通りの石畳 シルスミルク」です♡

公園通りの石畳 シルスミルクは、3種類のチョコレートと新鮮なクリームで作りあげた、生チョコ♡
芳醇なミルクチョコレートがなめらかで、口の中で溶けてしまうのが特徴!

引用:item.rakuten.co.jp

silsmaria(シスマリア)の公園通りの石畳 シルスミルクは、なんとあのモンドセレクション金賞を受賞するほど、その味に定評がある商品♡

バレンタインデーに贈るチョコレートに悩んでいる……という人も、これだったら選んで間違いない!と自信を持てるチョコレートなのではないでしょうか。

公園通りの石畳 シルスミルク

¥1,242

販売サイトをチェック

バレンタインデーに♡silsmariaの生チョコ②シルスビター

引用:item.rakuten.co.jp

公園通りの石畳 シルスミルクと比べるとビターでやや大人の味わいに仕上がっているのが、「シルスビター」です。

公園通りの石畳 シルスミルク同様、滑らかな口溶けはそのままで、深入りの香ばしい香りをプラスすることで、よりビターに仕上げているのが特徴!

ただビターなだけでなく、バニラの香りがアクセントになっているので、チョコレートならではの甘さも堪能できるのが魅力的♡

引用:item.rakuten.co.jp

ちょっぴりほろ苦いビターな味わいは、ティータイムだけでなくワインのお供にもぴったり♡

普段休日は彼との晩酌を楽しんでいるという人は、ぜひsilsmaria(シスマリア)のシルスビターを贈れば、喜んでもらえるだけでなく、一緒に大人な夜を楽しむことができますよ。

シルスビター(20粒入り)

¥1,242

販売サイトをチェック

バレンタインデーに♡silsmariaの生チョコ③スノーベリー

引用:item.rakuten.co.jp

ホワイト×ピンクの見た目も可愛い「スノーベリー」は、ベルギー産のホワイトチョコレートと新鮮なクリームで作った生チョコが特徴。

ホワイトチョコレート×クリームで作った生チョコには、たっぷりとフリーズドライのいちごが混ざっていて、甘酸っぱさを堪能することができます♡

生チョコ独特の柔らかな口溶けとホワイトチョコレート×クリームが奏でる風味豊かなミルク味、そして、赤くプチプチした食感のフリーズドライのいちごの酸味が程良く、くせになる味わいです。

引用:item.rakuten.co.jp

甘さ×酸味のバランスだけでなく、見た目の可愛さも相まって、女子に贈りたくなるのがスノーベリーです♡

silsmaria(シスマリア)の生チョコはどれでも喜んでもらえますが、中でもスノーベリーの女子人気はナンバーワンです。

スノーベリー(20粒入り)

¥1,458

販売サイトをチェック

バレンタインデーに♡silsmariaの生チョコ④オランジェ

引用:item.rakuten.co.jp

2012年に発売して、大好評だった「オランジェ」が復活!

大人な味わいのチョコレート×オレンジで仕上げた生チョコは、爽やかな柑橘系の味わいがポイント。

オレンジのボックスも、高級感があって贈り物にぴったりです♡

引用:item.rakuten.co.jp

実はチョコレートと相性の良いオレンジは、生チョコに仕上げると口どけと酸味の両方を堪能することができるので、オレンジピール入りのチョコなどとはまた違った味わいを楽しむことができます♡

大人な味わいなので、目上の方へのバレンタインデーにも最適ですよ。

オランジェ(20粒入り)

¥1,458

販売サイトをチェック

バレンタインデーに♡silsmariaの生チョコ⑤アールグレイ

引用:item.rakuten.co.jp

オレンジ以外にも、生チョコに仕上げると相性が良いのが、「アールグレー」♡

silsmaria(シスマリア)の生チョコのアールグレーは、時間をかけて抽出したアールグレーを、滑らかで口解けのよいミルクチョコレートに混ぜ込んでいるのが特徴です。

アールグレーの香りだけでなく、柑橘系のベルガモットの香りもプラスされているので、エキゾチックでセクシーな印象の生チョコに仕上がっています。

引用:item.rakuten.co.jp

アールグレーの香りの生チョコだったら、やっぱりティータイムに紅茶と一緒に味わいたいですよね♡

他の生チョコとは一味違った、エレガントな味わいは、一度食べたら忘れられない魅力を持っています。

アールグレイ(20粒入り)

¥1,458

販売サイトをチェック

バレンタインデーに♡silsmariaの生チョコ⑥宇治抹茶生チョコレート

引用:item.rakuten.co.jp

和のテイストをプラスした宇治抹茶味の生チョコは、素材選びから本格的!

1860年創業の宇治市にある辻利兵衛本店(つじりへえほんてん)の宇治抹茶をふんだんに使用!宇治抹茶をホワイトチョコレートと組み合わせることで、渋みだけでなく程よい甘さがプラスされています。

まろやかで芳醇な味わいを堪能できる宇治抹茶味の生チョコは、silsmaria(シスマリア)だからこそなせる味わいです。

引用:item.rakuten.co.jp

味わいだけでなく、見た目にも深みを感じるsilsmaria(シスマリア)の宇治抹茶味の生チョコは、日ごろの感謝をこめて、バレンタインデーに両親へ送るのもおすすめです♡

今までに味わったことのない和と洋の融合を味わったら、思わず笑顔になってしまうのではないでしょうか。

宇治抹茶生チョコレート(20粒入り)

¥1,944

販売サイトをチェック

バレンタインデーに♡silsmariaの生チョコ⑦静岡産紅ほっぺのスノーベリー

引用:item.rakuten.co.jp

一見、silsmaria(シスマリア)の定番商品であるスノーベリーと同じように思えますが、実は静岡産のいちごである「紅ほっぺ」を、贅沢にフリーズドライしているのが特徴♡

国産のいちごが採れる時期だからこそ楽しめる静岡産紅ほっぺの「スノーベリー」は、より特別感があるので、バレンタインデーにぴったりといえるのではないでしょうか。

静岡産紅ほっぺのスノーベリーのポイントは、なんといっても前面にいちごを使った、可愛らしいパッケージ♡
味も見た目も可愛くて2度美味しい生チョコです!

静岡県産紅ほっぺのスノーベリー

¥1,620

販売サイトをチェック

生チョコ誕生30周年を記念して、生チョコ発祥ブランドであるsilsmaria(シスマリア)の生チョコバリエーションをご紹介しました♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。