大人の女をアピール♡年下男子が高確率で声を掛けてくる方法

LOVE

皆さんは、年下男子に恋をしたことがありますか?
恋とまでは行かなくても、「なんか気になる」「可愛い」などの感情を抱くと、不思議と気になったりしますよね。
今回は、実際に年下男子から高確率で、しかも向こうから声を掛けてくる方法を教えます。

年下男子が高確率で声を掛けてくる方法①その人に自分の存在を知ってもらう

まず、年上だろうが年下だろうが、気になっている人の視界に入ることから始めなければいけません。

必ず自分の存在を相手に知らせること!
これを大事にして下さい。
基本中の基本ですが、これが出来ていない方が意外と多いです。

“視界に入って気になっているだけ”ではダメですよ!
それだけでは、なんの効果も得られません。

年下男子が高確率で声を掛けてくる方法②会えた日の『チラ見×目が合う』は最低3回。

自分の存在を知ってもらえた後にすることは、とにかく『目を合わせて逸らす』を繰り返して下さい。

目が合って逸らすというのを繰り返すと、段々と目が合うタイミングがわかってくるのです。

これが不思議と、年上だとあまり効果が期待出来ないのですが、年下だと効果あり!
違う方向を見ていても、“今彼を見たら絶対に目が合うな”というのがわかるようになったら、こっちのものです。

あと一歩ですよ!

年下男子が高確率で声を掛けてくる方法③絶対に自分が年上だということをアピールする

年下男性は年上女性に対してちょっとの憧れと、友達になりたい願望があるようなんです。

なので、それが恋愛に発展するかどうかは置いておいて、連絡を取れる間柄になれるかどうかが大事。

ということは、そのちょっとした憧れに付き合ってあげる必要があるんです!
この時ばかりは、『気になる年下くん』ではなく『可愛い弟くん』くらいのテンションや接し方の方が、仲良くなれる確率は格段にアップします。

年下男子が高確率で声を掛けてきたあとに取るべき行動!

では、いざ声をかけてきたら、年上の私たちはどうすればいいか…!

③で可愛い弟くんという接し方をすると書きましたが、声をかけてきたあとも、それを続けていては『子供扱いするな!』とうるさくなってくるものです。

年下と言えど一人の男性であり、子供ではありません。
友人という間柄になった時は同い年、または年上男性と接する時と同じように接してあげてください。

小さなことでも、何か頼るのも効果的☆
ここで、『私の方が年上なんだから!』という態度を取っていては、今までの努力が無駄になってしまいます。

年下男子は、年上男性と関わるときとはちょっとまた別なものです。
女性の方が年上な場合は、とにかく『年上女性と年下男性のドキドキ』を味合わせることが大事なんですね!
素敵な年下男子を見つけたときは、この記事を思い出してチャレンジしてみてはいかがですか?