仕事にも人間関係にも役に立つ!読解力を身につけるコツとは

LIFESTYLE

読解力とは……?
文章を読み解く力。文章の内容を正確に読み取ることを指します。

読解力を身につけることで、書く力が身につくだけではなく、コミュニケーション能力もアップするなど、良いことだらけ。
現代では「何を言っているか分からない」と言われてしまいがちなので、読解力を身につけ、仕事や生活に活かしませんか?♡

「なにが言いたいのか?」を見つける

ただ本を読んだり、新聞を読むだけでは読解力は身につきません。

「この文章は何を言いたいのか」「その一文に込められた思いは何なのか?」に注目して読むのがポイントです。

文中のキーワードを拾って読んでみることも、読解力アップに効果的ですよ♡

接続詞の働きを理解する

接続詞とは……

逆説=しかし
追加=さらに
並列=また
転換=さて

などを指します。
このような接続詞がどこに使われて、文章のどこに関わっているのかを把握するだけでも、普段話す内容にまとまりが出てきます。

話の流れがスムーズだと、しっかりとした人間だという印象を付けることもできるんです。

文章を頭の中で図にしていく

文章を頭の中で図にすることで、話す内容が分かりやすくなることもあります。

数学の文章問題を図にすることで一目瞭然になるように、情景を思い浮かべることで分かりやすく伝えることができるんです♡

このときに、誰が何をして、どうしたのかまで一連の流れを思い浮かべると良いでしょう。

読解力をつけることのメリット

✔︎資料など、正しく理解できるようになる
✔︎人が話していることの核心が分かるようになる
✔︎人に説明ができるようになる
✔︎自分の思いが伝えられるようになる

読解力を身につけるだけでも、こんなにも多くのメリットがあります。

人に何かを伝えたいと思ったとき、大切なのは自分自身が正しく理解しているかということ。
それにより、相手との関係も円滑になるんですよ♡
コミュニケーション上手になるためにも、読解力を身につけておいて損はありません♪

いかがでしたか?
意外とできない「読解力」についてご紹介しました。
なんだか上手く相手に伝えられない、と悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。