不安はこれで解消!「リゾートウェディング」のQ&A

彼と結婚式に向けての話し合いを進めている瞬間って、本当に幸せですよね♡
「新婚旅行を兼ねて、リゾートウェディングもいいよね!」
なんていう話が出ているカップルもいるのではないでしょうか。
リゾートウェディングって、憧れるけれどわからないことが多すぎて不安……。
今回は、リゾートウェディングを視野に入れた悩めるプレ花嫁さんに向けて、不安を解消するためのQ&Aをご紹介します。

「リゾートウェディング」の不安解消Q&A①▶【費用がかさむのでは?】

リゾートウェディングの不安1つ目は、費用がかさむのでは?ということです。

一生に一度の結婚式を、思い出に残る海外のリゾート地で挙げたいと考えているプレ花嫁さんもいますよね。

とても素敵なプランなのですが、リゾートウェディングを視野に入れている花嫁さんの多くが不安に感じるのが、【費用】に関してです。

国内の結婚式場で挙げる結婚式よりも、リゾートウェディングのほうがはるかに高くつくのでは……と心配になっていませんか?

しかし実は、その心配は意外にもあっさりと解消されます。
なぜなら、リゾートウェディングではご祝儀は受け取らない代わりに、旅費をゲストに負担してもらうという形をとる新郎新婦が多いからです。

それでも不安に感じるのが、参列してもらうゲストが負担する旅費です。

ご祝儀を受け取らないといっても、海外へ来てもらうための旅費は、相当なもの……と思うと、ゲストに対して申し訳ない気持ちになってしまうかもしれません。

しかし国内の結婚式だとしても、ご祝儀代以外に実際ドレス代やヘアメイク、二次会費用……など、海外への旅費と同等な金額をつかいます。

これを考えると、思い出に残るリゾートウェディングに参列できてラッキー♪と思ってくれるゲストも多いんですよ♡

それでも、「自分たちが招待しているのに、申しわけない……」と感じてしまうのであれば、“飛行機代だけ”や、“ホテル代だけ”などを負担すればOKです。

「リゾートウェディング」の不安解消Q&A②▶【移動に時間がかかるのでは?】

リゾートウェディングの不安2つ目は、移動に時間がかかるのでは?ということです。

リゾートウェディングの費用に関して解決できても、もう1つぬぐいきれないのが、時間の問題……。

国内に比べると、どうしても移動に時間がかかってしまうので、忙しいゲストには迷惑をかけてしまうのではないかと不安に感じていませんか?

確かに飛行機に乗って海外へ行くのは時間がかかりますが、実は国内でも同じくらい時間をかけて結婚式に参列しているんです。

例えば海外でもグアムであれば、東京から飛行機で3時間ほどで到着します。
3時間というと、実は東京から京都や大阪まで新幹線に乗っていくのと同じくらいの時間です。

国内の結婚式でも、友人に招かれて新幹線に乗って結婚式へ参列した経験、きっとプレ花嫁さんの中にもあるのではないでしょうか。

それと同等の時間で海外に行かれるのであれば、ゲストへの負担も変わりませんよね。

先輩花嫁の話を聞いてみると、「こんなに短時間で海外に行けるなんて……♡」と、感動してくれるゲストの方もいるようですよ。

「リゾートウェディング」の不安解消Q&A③▶【装飾などのクオリティが低いのでは?】

リゾートウェディングの不安3つ目は、装飾などのクオリティが低いのでは?ということです。

リゾートウェディングだからといって、手を抜きたくないのが、会場の雰囲気。
こだわりぬいた結婚式に仕上げたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

でも、リゾートウェディングは海外なので打ち合わせをするために現地を訪れるわけではなく、装飾のクオリティが低かったらどうしよう……と不安に感じているプレ花嫁さんがいるのも事実。

しかしリゾートウェディングは国内の結婚式とは違い、挙式を行う人数が少ないという理由で管理がしやすく、現地にはもちろん日本人スタッフがいます。

なので国内で打ち合わせした内容が、ちゃん現地でも共有されているのです!

現地との入念なやり取りのおかげで、装飾のクオリティも下がりませんし、ウェディングドレスに関しても、日本で試着をしたものと全く同じものが現地にあるので心配いりません♡

「リゾートウェディング」の不安解消Q&A④▶【打ち合わせ回数が少ないのでは?】

リゾートウェディングの不安4つ目は、打ち合わせ回数が少ないのでは?ということです。

リゾートウェディングは結婚式までの打ち合わせ回数が少なく、充実した打ち合わせができないのではないかと不安に感じている人も多いかもしれません。

確かに日本で打ち合わせをする回数は約3回ほどと、国内の結婚式場で挙げる場合よりも少ないのですが、その分確実に決めておくべき部分をピックアップした内容なので大丈夫。

「これが決められなかった……」という事態は起こらないのでご安心を♡

逆に考えると、忙しい日々を送るプレ花嫁さんでも、しっかり約3回分の打ち合わせのスケジュールを空けておけば、きちんと結婚式当日を迎えることができるというメリットになります。

打ち合わせだけでなく、結婚式当日のヘアメイクやカメラマン、進行役などもすべて日本人スタッフなので、英語が話せなくて思い通りにできなかった、ということもありません♡

何もわからない地でも、結婚式場に1番近いホテルを教えてくれるなど、しっかり結婚式当日までをサポートしてくれるので、これに関しても心配ありませんよ。

「リゾートウェディング」の不安解消は、信頼できるプランナーさんと出会うことが鍵!

数々の不安がわき出てしまうリゾートウェディングですが、今回ご紹介したように、しっかりと解決策があるため、安心して結婚式当日を迎えることができます。

国内での結婚式でも同じですが、そこに至るまでにはやっぱり信頼できるプランナーさんとの出会いが大切です。

リゾートウェディングを検討しているカップルは、まずリゾートウェディングを扱っている結婚式相談所へ足を運んで話を聞きましょう。

その後担当プランナーさんと話す機会を設け、相性を確認することをおすすめします。

もちろんどのプランナーさんもプロですから、最後まで信頼して結婚式の構成や進行をお願いできる存在です。

しかしお互い人間ですから、会う合わないなどの相性はあります。

相性の良いプランナーさんと出会うことで、海外でのリゾートウェディングをより理想通りに、そして快適に挙げることができますよ。

憧れのリゾートウェディング、意外と敷居が高くなさそう♪

知らない地で結婚式を挙げることに対して、不安がないと言ったらうそになってしまいます。

しかしよく考えれば、それは国内だって同じこと。
ただ国内の場合には、実際に結婚式を挙げる当日まで、何度も足を運ぶことができます。

他にも旅費や移動時間に関してなど、自分たちだけでなく参列してくれるゲストに関しても不安に感じてしまうことはたくさんあるでしょう。

しかし実際にたくさんのカップルがリゾートで挙式を挙げているのですから、必ずどの不安材料に関しても解決策が存在しているのです。

これまで敷居が高そうと感じていたリゾートウェディングも、案外身近に感じるものなのですね♡
結婚式は一生に一度なので、納得できる場所で、最高の時間を過ごしたいですよね♡
彼と2人でよく話し合って、2人らしい場所を選んでください。
その場所がリゾートなのであれば、まずは2人の中に存在している不安材料を取り払って、それをゲストにもきちんと考慮して招待できるような準備が必要です。
今回ご紹介した不安解消内容を参考に、リゾートウェディングもぜひ視野に入れてみてくださいね♡

【関連記事】あなたはどんな結婚式を挙げたい?人気のウェディングスタイル4選

幼い頃から、結婚式に憧れを抱いていましたか?どんなドレスを着て、どんな会場で、どんなス...

リゾート ウェディング 不安 結婚式 海外 予算 婚約 挙式 披露宴

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる