正論ばかり言う人が煙たがられてしまうワケとは

LIFESTYLE

恐れずに正しい考えを述べているはずなのに、「正論だけが正解じゃない」と言われたことはありませんか?
せっかく勇気を出して正しいことを言ったのに、「なんで?」と思ってしまいますよね。
「正論だけが正解じゃない」そう言われてしまう理由を解明していきます。

「正論」はひとによって違う

正しいことを言っているのに、煙たがれてしまう……。
それって本当に「正論」なのでしょうか?

そう、正論って一体なんなんでしょう。その考えは、人によって違いますよね。
あなたが言っている(思っている)正論は、正論ではなく「持論」でしかないかもしれません。

正しいと思っていることも、相手からしたら正しくないことがあるのです。

「正論」は、人の気持ちなんて無視

正論を並べている人は、周りの人から慕われていますか?

もちろん、「正論=正しい意見」なのですが、時としてそれが人を追い込んでしまうこともあるのです。

「人の気持ちばかり考えていたら、成り立たないことばかり!」と思うかもしれませんが、ちょっとした人の気持ちも大切にできる人こそが、慕われる人なんですよね♡

ユーモアがない

何をするにも、一人では完結できません。

やはり誰かと協力をすることが必要な仕事や学習の場では、ある程度笑顔がないとうまくいかないことだってありますよね!

笑顔がなく、楽しみもなく、目の前にある物事に対して正解か不正解か考えてばかりいるのは、ちょっと違うかも知れません。

そういった考えを認められないのであれば、あなたにぴったりと合う場所を探すしかないのかもしれません。

上から目線がいたい

正論を述べている人からすると、そんなつもりはないのかもしれませんが、正論を言うことで、どうしても上から目線に見られがち。

素振りや話し方、堂々としている様がそう思われてしまうことがあるようです。

周りの人達は、正論を並べるあなたのことを、もしかしたら「上から目線で話す人」と思っているかもしれません。

わかっていても感情が動くのが人間だから

正論をつきつけられて、わかってはいるけれど、感情が先に動いてしまうのが人間。

「わかっているけれど……。」という気持ちになる人も、たくさんいると思います。

なので、わかっていてもできない人間がいることも、少しは認めましょう。
それでも正論を述べたい場合には、言い方に工夫が必要です。

物腰柔らかく、相手の考えを肯定したうえで自分には違う意見がある、という言い方をするようにしましょう。

今回ご紹介した5つの項目に、当てはまっている人は要注意!
もちろん物事を進めるにあたって「正論」は必要ですが、正論は誰しもが心の内でわかっていることなんです。
それを述べることではなく、みんなの気持ちをくんだ発言をすることこそが、円満且つ慕われる人間になるコツなのです♡