ドラえもん好き必見♡カップル、友達、家族で行きたい!「藤子・F・不二雄ミュージアム」

LIFESTYLE

長年、川崎市多摩区に住み、子どもたちのために数多くのまんがを描き続けた藤子・F・不二雄。
「作品を応援してくれた子どもたちへ恩返しをしたい」との想いから、ミュージアムが川崎市に誕生しました。
オープンして2年ほどで入館者数が100万人を突破するほどの人気!おすすめポイントや楽しみ方などをご紹介します♪

まずはチケットをGET♡

引用:fujiko-museum.com

★チケットはローソンでしか買えない!
…チケットはミュージアム自体では売ってません。インターネット、電話、ローソン店頭Loppi事前にチケットを購入しましょう。
完全日時指定での購入です。
10:00 / 12:00 / 14:00 / 16:00 / の1日4回から選び、一度入れば閉館までいてもOK。
【ローチケ.com】http://l-tike.com/fujiko-m/ 

★なるべく土日は避けよう!
…やっぱり土日は混雑するので、避けられる方は平日がおすすめ♪
ただ、火曜日はお休みなので気をつけて下さい。(火曜日が祝日の場合は営業、翌日休み)

館内ではどんなことが出来るの?

引用:fujiko-museum.com

代表作の直筆カラー原画などを展示する「展示室Ⅰ」や各作品の第一話が展示されている「展示室Ⅱ」などがありますが、中でもおすすめをご紹介。

★「まんがコーナー」
…可愛いドラえもんと一緒に自由に漫画を読むことができます!

★「Fシアター」
…ミュージアムでしか見る事の出来ないオリジナルショートムービーが見れます♪

★「はらっぱ」
・ドラえもんはもちろん、のび太くん、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫がいつも集まっている公園が再現されています。色んなキャラクターと写真が撮れるよ♡

平日で空いていたらじっくり回っても2、3時間程度で回り終えます。
土日はカフェが混んでいるから5、6時間はかかると考えておいた方が良いです。

ミュージアムに着いたらまずはカフェで予約を

引用:fujiko-museum.com

メニューはすべてキャラクターにちなんだものだから非常に人気のミュージアムカフェ。
120分待ちは当たり前だとか!?
順番待ちの予約を入れておくことが出来るので、とりあえずミュージアムに行ったら、カフェで予約をしてから展示物を見るのが効率よく楽しむポイント。

おすすめは「フレンチトーストdeアンキパン(ソフトクリーム付き)/900円」♡♡

ドラえもんの道具の1つ!アンキパン。
ノートや教科書のページに押しつけ書かれた内容をこのパンの表面に写して食べると、その内容が確実に暗記できる夢のような道具。ぜひ食べてみて♪

行く前に確認しておきたい注意事項

引用:fujiko-museum.com

■館内はベビーカー禁止
事故防止の為、ミュージアム内ではベビーカーが禁止となっています。
ベビーカー専用置き場に折りたたんで置いておけるけれど、おんぶひもは必須!

■車ではなく、バスや電車を利用して
ミュージアムには、駐車場がありません。
登戸駅よりバス、向ヶ丘遊園駅・宿河原駅より徒歩でお越しください。
登戸駅からは「ドラえもん」や「パーマン」の外装がわくわくするミュージアム直通のシャトルバスが出ていますよ♪

■ネズミの入館は禁止です(笑)

【藤子・F・不二雄ミュージアム】
住所:神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
TEL:0570-055-245
開館時間:10:00~18:00
休館日:毎週火曜日、年末年始(12月30日~1月3日)
入館料:大人・大学生1,000円
高校・中学生700円
子ども(4歳以上)500円
※3歳以下は無料
予約制:入館時間は1日4回。
(1)入館指定時間 10:00 / 入館締切時間 10:30
(2)入館指定時間 12:00 / 入館締切時間 12:30
(3)入館指定時間 14:00 / 入館締切時間 14:30
(4)入館指定時間 16:00 / 入館締切時間 16:30
入館チケットの購入方法は、こちら→http://fujiko-museum.com/ticket/ 
ミュージアムへの交通:小田急線およびJR南武線 登戸駅より川崎市バスによる直行便が運行※約10分間隔で運行(所要時間 約9分)※料金:ICカード 大人206円、小児103円、現金 大人210円、小児110円
小田急線 向ヶ丘遊園駅 徒歩16分
JR南武線 宿河原駅 徒歩15分
HP:http://fujiko-museum.com/pc.php 

藤子・F・不二雄の「夢」と「ふしぎ」と「遊びゴコロ」に出会えるミュージアム★
子どもから大人まで大好きなドラえもんの世界で現実逃避できちゃいます!