「すぐ泣いちゃう…」大人の泣き虫を克服する方法は?

LIFESTYLE

嫌なこと、悲しいことがあるとすぐ泣いちゃう…大人になっても泣き虫はなかなか治りません。
ここでは、大人の泣き虫を克服するには?を書いていきます。

【大人の泣き虫を克服するには?①】上を向く・口を開ける

大人の泣き虫を克服する方法、1つ目です。

まずは、よく聞くのが「上を向く」。
上を向けば確かに涙は流れ落ちて来ません。泣く時に上を向くと、目が見開き涙が蒸発しやすいそう。
下を向くとますます気持ちが下がりますし、泣く時こそ上を向きましょう!

そして「口を開ける」。
こちらは"口を軽く開けると涙が止まる"と友人に聞きました。
半信半疑でしたがネットで調べてみると、口を開けると集中して考えられなくなるそうです。

【大人の泣き虫を克服するには?②】深呼吸

大人の泣き虫を克服する方法、2つ目です。

私の経験上、一番涙が落ち着くのが深呼吸。
とても簡単なことですが、泣けば泣くほど落ち着いて深呼吸って難しいですよね。
ゆっくり深呼吸することが、体も心も落ち着かせる一歩かもしれません。リラックスリラックス♪

深呼吸は、吐くことが大切と聞きます。
確かに、苦しくなったら思いっ切り吸っても、吐くのってあまり気にしないですよね。
しっかり吐いて深呼吸!

【大人の泣き虫を克服するには?③】冷静に、客観的に見てみる

大人の泣き虫を克服する方法、3つ目です。

泣いてる時って感情的になっていたり、頭の中がゴチャゴチャになっていたり…
深呼吸をして落ち着いたら、冷静になりましょう。

冷静になって、客観的に見てみると「なんでこんなことで泣いてるんだろう」とバカバカしくなってきたり、「泣いてる場合じゃない!」と今やるべきことに気付いたり…
自然と涙も引いてくれるかもしれません。

【大人の泣き虫を克服するには?④】泣きたい時は泣く!

大人の泣き虫を克服する方法、4つ目です。
と言っても、涙を溜め込み過ぎるのもよくありません。
泣きたい時は泣くのが一番!

泣き虫にマイナスなイメージを抱く人が居るのも、事実かもしれません。ですが、人間らしい感情を素直に出す行為です。決して悪いことではありません!

ひとりでこっそり泣くも良し、涙を流せる友達の前で泣くも良し。
泣きたい時は泣いてスッキリ!それが新たな一歩に繋がるはずです☆

大人の泣き虫を克服するには?でした。
ひと休みできるなら泣きたい時は一休み。いっぱい泣いて、また頑張ればいいんです!ちょっとずつ泣き虫を克服していきましょう☆