雑誌連動

生理の前に蓄えて!魚を使った“生理前滋養レシピ”♡

LIFESTYLE

♡4MEEE Vol.4 p.62〜「話題のカフェforucafeの平井幸菜さんに教わる おモテなしレシピ」

生理前になると、倦怠感や頭痛、腰痛などさまざまな不調に悩まされる女性が多くいます。
毎月訪れるものなので、対策方法を見つけて上手に付き合いたいと思っている女性もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、生理前の不調に悩む女性におすすめする魚料理レシピをご紹介いたします。

生理前と魚料理の関係とは?

鮭のホイル焼き www.recipe-blog.jp

むくみ、眠気、便秘、頭痛、腹痛、イライラ、落ち込み、不眠、吹き出物、乾燥、かゆみなど、人によって症状は異なるものの、生理前1週間くらいになるとさまざまな不調を感じる女性が多くいます。

この時期を"PMS期"というのですが、これは生理1週間前にプロゲステロンの分泌量が増えることが関係しているのだとか。

女性ホルモンには、女性らしい体を作るエストロゲンと、妊娠しやすくするための体を作るプロゲステロンがあります。
このホルモンバランスが乱れることによって、体、心、肌に不調が現れるのです。

生理前の不快症状を撃退するためには、食事に気をつけて、しっかりと休息することが大切!
特に、お魚には生理前や生理中に摂りたいタンパク質が含まれているだけでなく、血液をサラサラにする作用でお馴染みのDHAやEPAが含まれ、生理痛の緩和にも役立ってくれる見たい♡早速、魚料理の人気レシピを見ていきましょう。

レシピはこちら♪

魚料理で栄養を蓄える!生理前滋養レシピ①ブリのみりん焼き

ブリのみりん焼き www.recipe-blog.jp

生理前に食べたい魚料理で定番なのが、ブリです。
血液をサラサラにするDHAとEPAはもちろん、貧血予防に関わるビタミンB12、健康な体作りに欠かせない良質なタンパク質がたっぷり♡

みりんをかけて焼くだけでいいので、とっても簡単なレシピであることも嬉しいポイントです。
炊き立てのご飯と食べたくなる一品ですね。

夕食のおかずはもちろん、お弁当に入れることもおすすめです。

レシピはこちら♪

魚料理で栄養を蓄える!生理前滋養レシピ②鮭のアラ汁

鮭のアラ汁 www.recipe-blog.jp

低カロリーで健康に良い鮭を使った魚料理も、生理前滋養レシピとしてぜひチェックしておきたいところ。

鮭と言えば焼き魚が定番ですが、生理前なら鮭のアラ汁にするのもおすすめですよ♡
生理前は腹痛などに悩まされることがあるかと思いますが、体を温めてあげることでリラックスすることができ、痛みが緩和することが期待できるからなんだとか。

生理痛の緩和に効果的だといわれている大豆製品や野菜もたっぷり入れて、ボリューム満点の汁物を作ってみてくださいね。
芯から温まって、栄養を補給しましょう。

レシピはこちら♪

魚料理で栄養を蓄える!生理前滋養レシピ③かつおのサラダ

カツオのサラダ www.recipe-blog.jp

生理前といえば、カツオを使った魚料理も定番。
カツオには、良質なタンパク質とEPA、DHAなどの多価不飽和脂肪酸が豊富に含まれているほか、だるさや疲労感を取れやすくしてくれる鉄分がたっぷり含まれています。

旬のカツオなら、さっぱりしたドレッシングと合わせてサラダにしたり、お刺身にしたりしてそのまま食べるといいですよ。
オリーブオイルや味噌、梅干しなど、香りや酸味が強いものと一緒にすることで臭みが和らぎ、食べやすくもなります。

鮮明な赤色をしているものが新鮮なカツオなので、チェックしてみて!
鉄分は造血に欠かせないので、生理前だけでなく生理中の滋養レシピとしてもおすすめです。

レシピはこちら♪

魚料理で栄養を蓄える!生理前滋養レシピ④お魚のカルパッチョ

サーモンのカルパッチョ www.recipe-blog.jp

イタリア料理の一種であるカルパッチョの食材を、サーモンやカツオ、マグロなどに変えて魚料理を楽しむのもおすすめです。

生のまま薄切りにしてオリーブオイルとスパイスなどで和える簡単レシピですが、お魚の栄養をそのまま補給することができます。
葉物野菜は、貧血予防や生理痛改善にも役立ってくれるので、カルパッチョと葉物野菜を組み合わせて食べるのも人気ですよ。

さらに酸味のあるクエン酸には、生理前に悩まされるむくみの改善にも良いといわれているので、レモン汁をかけるのもおすすめ。

レシピはこちら♪

魚料理で栄養を蓄える!生理前滋養レシピ⑤イワシ缶を使ったおにぎり

イワシ缶を使ったおにぎり www.recipe-blog.jp

「魚料理のレシピはどれも面倒くさそう」と思うなら、イワシ缶やサバ缶、サンマ缶などの缶詰を活用したレシピにしてみてはいかがでしょうか。
すぐに食べれるようになっているので、あとはご飯やお味噌汁を用意するだけ♡

イワシやサバなどの青魚には、体の調子を整える良質なたんぱく質だけでなく、必須脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれているので、生活習慣病の予防効果も期待できますよ。

シンプルにご飯と混ぜておにぎりにした簡単レシピなら、生理前で料理を作ることがだるくても取り掛かれそうですね。

レシピはこちら♪

魚料理で栄養を蓄える!生理前滋養レシピ⑥サバの味噌煮

サバの味噌煮 www.recipe-blog.jp

先ほどお話したように、サバも青魚の一種であり、良質なタンパク質を含むので、生理前の魚料理レシピでぜひ使ってほしいお魚です。

サバといえば、やっぱりサバの味噌煮♡
刺し鯖などが苦手でも、味噌煮にすることで食べれる女性も多いのではないでしょうか。

さらにこちらのレシピでは、炊飯器を使ってサバの味噌煮を作るので、とっても簡単に完成させることができるんですよ。
そしてサバの味噌煮で使われるショウガも、体を温める作用があるので生理前の不調を緩和させることが期待できます。

レシピはこちら♪

魚料理で栄養を蓄える!生理前滋養レシピ⑦アジの南蛮漬け

アジの南蛮漬け www.recipe-blog.jp

アジの南蛮漬けは、さっぱりした魚料理が食べたいときにおすすめの生理前滋養レシピです。
カリッと揚げたアジと、甘めの南蛮酢は相性抜群ですよね。

骨まで食べられるように作れば、カルシウムもしっかり摂取できそうです。
カルシウムにも、骨を作るだけでなくイライラを緩和する作用もあるので、生理前の不調に役立ってくれるでしょう。

野菜も一緒に摂れるので、栄養バランスにも気を使うことができます。

レシピはこちら♪

魚料理で栄養を蓄える!生理前滋養レシピ⑧サクサクのアジフライ

サクサクのアジフライ www.recipe-blog.jp

魚料理が苦手という女性の間でも人気のレシピが、サクサクのアジフライです。
油でカリッと揚げるので、魚のふわふわ感と衣のサクサク感がたまりませんよね。

ご飯のメインになってくれるので、満足感もあります。
カロリーが気になる場合は、使う油を良質なオリーブオイルに変えたり、揚げないノンフライのアジフライにしたりするなど、調理方法を工夫することがおすすめです。

生理前ならアジやサンマなどの青魚を使って、フライにしてみてください♪
野菜やお味噌汁など、他の栄養もしっかり摂取できるようなメニューにすることも大切です。

レシピはこちら♪

魚料理で栄養を蓄える!生理前滋養レシピ⑨サバと大根煮

サバと大根煮 www.recipe-blog.jp

お魚と野菜を使った煮物も人気の魚料理ですし、生理前の食事におすすめのレシピです。

サバと大根煮はシンプルな一品ですが、ご飯のお供に用意しておくと安心♡
サバ缶を使えば煮込み時間は7分で済むので、料理が苦手な女性でもとっても簡単に作れるのも嬉しいポイントです。

冷蔵庫で2~3日ほど持たせることができますし、お肉よりお魚の方が温め直しても味落ちしません。
一人暮らしの女性にもぴったりな日持ちレシピだといえそうです。

レシピはこちら♪

生理前に食べたい魚料理の人気レシピをご紹介させていただきました。
お魚にはホルモンの材料になってくれるタンパク質、造血に欠かせない鉄、心と体の不調に効くビタミンB群、血液をサラサラにするDHAやEPAなど、女性に嬉しい栄養がぎゅっと詰まっています。
現代人はお魚を食べることが少なくなっているので、これを機に積極的に魚料理を作って食べてみてはいかがでしょうか♡