本当にいいの?彼との結婚に迷ったときに確認したい5つのリスト

LOVE

今の彼とは、だいぶ長く付き合っているし、もうそろそろ結婚に踏みきっても、おかしくない関係。
だけど、どこか自分の中でGOサインをだせずにいる……。

こんなとき、余計なことまで考えてさらにモヤモヤしてしまうもの。
勢いで進めてしまう前に、一度、立ち止まってよく考えてみましょう。
そこで今回は、彼との結婚に迷ったときに確認したい5つのリストをご紹介いたします。

彼との結婚を迷ったときのチェックリスト①彼のことは好き?

彼のことをちゃんと愛していますか?

恋をする女性たちの中には、彼に押されるままに付き合って「とりあえず」付き合っている人もいます。ただ何となく付き合って、何となく時間だけが過ぎてしまっているなら、そのまま結婚に踏み切ってはいけません。

結婚はスタート地点。
そこから先が長い以上、彼のことを心の底から愛していなければ、夫婦生活は続けられません。彼を愛し、尊敬できているなら問題ナシ!

よく自分の気持ちと向き合ってみて結論をだしましょう♡

彼との結婚を迷ったときのチェックリスト②仕事と結婚、両立できる?

結婚をしたら、仕事だけではなく主婦業も加わります。
「彼に手伝ってもらうから大丈夫です!」と安心しているそこのあなた!
結婚前は手伝うと言っていても、結局、家事の多くを奥さんが負担することになるのです。

勢いだけで結婚を判断するのではなく、きちんと両立できるのか、よく考えてから準備を進めていきましょう。

また結婚してから仕事を続けるのかどうか、今後のキャリアプランも明確にしておくと、結婚に踏みきりやすくなります。

彼との結婚を迷ったときのチェックリスト③彼と考え方は似ている?

お付き合いの時点では、ただ何となく一緒にいるだけでも関係は成立します。
しかし、夫婦となれば、ある程度は価値観が似ていないと一緒の家で暮らしていくことはできません。

もちろん1から10まですべて合わせる必要はありませんが、お互いの考え方を認め合えない限りは夫婦としては、これから先やっていけないでしょう。

普段、彼と接していて価値観が似ていると感じることが多ければ、結婚してもそこまでは苦労しないはず……。

彼の言動をみて「何、この人?」と感じるなら、本当は相性が悪いのかも!?

彼との結婚を迷ったときのチェックリスト④同じ方向を向いている?

彼が描いている未来予想図とあなたが思い描く未来予想図は、同じ景色に辿りつけていますか?

たとえば彼としては一般的な家庭を望んでいても、あなたは子どもが苦手で出産や育児に対して前向きになれないなら、その時点でかなり方向性が違ってしまいます。

お互いにズレを感じたまま、無理やり結婚生活を始めても衝突したときにつらい思いをするだけ。今、多少苦しい思いをしてでも、彼と向き合い、可能な限り方向性は合わせておきましょう。

どうしても、それぞれが譲れないなら妥協できる部分を探してみて♡

「家事分担」は期待しちゃダメ!

彼と結婚生活を始めていくうえで意外と大切なこと、それはズバリ「家事分担」を安易に期待してはいけないということ!

結婚する前は、彼はあなたと結婚したい気持ちが強くて「家事も手伝うよ!」と必死に説得してくるでしょう。

しかし実際に生活が始まれば、あっという間に現実を突きつけられます。あれだけ「手伝う」と言っていたのに、気がつけばゴロゴロしている彼……。

今の時点で家事のすべてを担う余裕がなければ、今はまだ結婚をするタイミングではないのかも……。

彼との結婚に迷っているなら、それだけ相手に対して引っかかっていることがあるのでしょう。
心の中で「今は違う」「何か違う」と感じているなら、自分の気持ちを最優先した方がいいかもしれません。
一人でひたすら考えていくのではなく、彼ともよく話し合いながら、結婚に踏み切るかどうか最終的な結論を決めていきましょう♡