食べ方次第で−3kg!朝食ダイエット

BEAUTY

「朝食をちゃんと食べたほうが痩せるし健康にも良い」というのは、もはや常識。
一時期に比べて、朝◯◯ダイエットという一品だけを食べるダイエットに挑戦している女の子も、少なくなりましたよね。
でも、食べ方によって、同じメニューを食べても、3kg痩せられる方法があったんです!

朝食の食べ方ダイエット①▷食物繊維→発酵食品→タンパク質→炭水化物

朝食の食べ方次第で、同じ食べ方でも痩せることができる「朝食の食べ方ダイエット」。
まずは、いわゆるお行儀の良い食べ方である「三角食べ」はダイエットには向いていないので今すぐやめなければいけません……!

朝食を食べる順番としては、胃の中に下から
「①食物繊維→②発酵食品→③タンパク質→④炭水化物」の順に溜まるようにするのが正解◎

まずは①ですが、食べ始める前に食物繊維をとっておくことで、その後に入ってくる食べ物の脂質や糖質の吸収を抑えてくれる効果があります。
脂肪を分解する作用のある酵素が含まれている、生野菜やフルーツ、野菜ジュースだとよりばっちりです♡

朝食の食べ方ダイエット②▷発酵食品で便秘も解消♪

朝食の食べ方ダイエットで、食物繊維の後に食べたいのは発酵食品。
ヨーグルトや納豆、豆腐、お味噌汁などが挙げられます。

発酵食品には、脂肪の合成を抑えて、体に脂肪をつきにくくする効果があります。
また、腸内環境を整えて、便秘を解消する効果もあるので、ぜひ朝に食べて欲しい食べ物なんです♡

しかし、ここで注意して欲しいのが、炭水化物やタンパク質と一緒に食べないこと!
納豆の場合、ついつい納豆ご飯にしたくなりますが、ご飯を食べるのはもうちょっと後なので、ここはグッと我慢……納豆単品で食べてください!

朝食の食べ方ダイエット③▷炭水化物は抜かずにちょっとだけ♡

朝食の食べ方ダイエットで、次に食べるのは、ご飯のメインタンパク質です!

卵やお肉やお魚も健康と美容のためにはきちんと摂りましょう。
タンパク質をきちんと摂ることによって、脂肪が燃えやすい体をつくります。

最後は炭水化物。
炭水化物はお腹にたまるので、朝食の時に食べておくことで、満足感を得ることができて、その後の間食を防ぐことができます。
でも、やっぱり食べ過ぎはNG!少しの量をゆっくり噛んで食べるようにしましょうね♪

よりダイエット効果を高めるためには?

ご紹介してきた朝食の食べ方ダイエットですが、その効果を最大まで高める方法があります。
それが、朝食の前にウォーキングをすること!

ウォーキングと聞いてげんなりしたあなた!ちょっと待って!
何も、朝っぱらから汗を流すほどウォーキングしろということではありません。
ウォーキングにはカロリー消費以外に、体内時計をリセットして、自立神経を整える効果があります。
少し動くことで血流も良くなり、痩せやすい体をつくる基礎を作ってくれるんです♡

でも、何の目的もなしにウォーキングはさすがに辛いと思うので、毎日のヨーグルトを買いだめせず、歩いて片道5〜10分のコンビニに毎朝買いに行くことにしましょう♪
行き帰りだけで10〜20分の運動になり、血流や代謝もUP。良いことずくめですよ!

朝食の食べ方ダイエットをご紹介しました♪
いつもと変わらず食べられて、しかも痩せられるなんて嬉しいですよね。
これなら明日の朝からできるはず!ぜひ試してみて♡