笑顔に自信を持ちたい!「受け口」を治す整形費用ってどのくらい?

受け口が気になって歯を出して思いっきり笑えない、そんな悩みは美容整形で解決しましょう。
受け口の整形費用についてまとめましたので、参考にしてくださいね!

この記事の監修

湘南美容外科 Dr. 宮崎 邦夫

「受け口」の整形費用は結構高い!

笑うと下あごが突き出しているのが強調されてしまう受け口。
いつも周囲からの視線が気になって、思いっきり笑うことすらできませんよね。

受け口は歯科矯正にて整形を行うこともできますが、症状がひどい場合には美容整形クリニックにてあごを削り、整形することになります。

受け口の整形費用は保険が利かないこともあり、高くなります。
また、受け口の状態や治療方法によっても費用が大きく変わってきます。

「受け口」の整形手術の種類について

受け口の整形手術の方法としては、4種類あります。

下あごの過成長によって下あごが上あごに対して前に出ている場合は、“下顎矢状分割法(BSSO)”または“下顎枝垂直骨切り術(IVRO)”が適応されます。
この症状は受け口として最も多い症状です。

また受け口の症状が軽い場合は、“下顎前方分節骨切り術”が適応されます。

そして、上あご全体の成長が良くなく、受け口になっている場合は、上あごを全体的に移動させなくてはいけないため、“ルフォーI型骨切り術”と“下顎矢状分割法(BSSO)”の同時手術が適応されます。

「受け口」の整形費用はどのくらいかかる?

受け口の状態によって手術方法も違えば、クリニックによって治療方針も異なり費用も変わります。目安として150万円前後と考えておくといいでしょう。また、上あごも同時に手術をする場合は、250〜300万円ほど費用がかかります。

この手術には全身麻酔が必要となるため、別途10〜15万円ほど費用がかかります。

もう少し安い費用で受け口の整形を行えるクリニックもありますが、費用が安い場合はそれなりの理由があります。決して費用面だけでクリニックを選ぶことはやめましょう。

「受け口」の整形のデメリットとは?

受け口の手術はとても難しいものとなります。
そのため、手術の際に神経が傷ついてしまい、後遺症が残る場合も考えられます。

神経が傷つくと、口を開ける際に違和感が残ってしまったり、しびれを感じたりするようになってしまいます。
またごく稀に、後遺症が悪化してしまったり、手術の効果が思うように現れなかったりすることもあります。

また、あごを動かすことで噛み合わせが変わってしまうため、歯科での歯列矯正が別途必要になります。骨切り手術以外にも治療費が必要です。
受け口の整形費用についてご紹介しましたが、お役に立てたでしょうか。
受け口は周りからの視線が気になるため、少しでも早く悩みを解消したいですよね。けれど、安いからといって費用面だけでクリニックを選んではいけません。カウンセリングを受け、納得したうえでクリニック選びをしましょう!

受け口 整形 費用 美容整形

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡邊七海

趣味は食べることと、最近はネイルにハマっています。まだまだ未熟なところがありますけど、一生懸命頑張…

>もっとみる