ちっぽけなことにも「うわあ!ありがとう♡」って感動上手なモテ女の全貌

LOVE

こないだ、アプローチされている彼とのデートについてモテモテな女の子たちとガールズトークしたときに、相当エグいなって思いました。そこにはある共通点があったのでご紹介しますね。

ディナーデートは、食べログですぐさま平均利用金額をチェック

ディナーデートの場合、事前に男性が「ここに行こう!」ってお店を提示してくれることがほとんど。
最近は男性もスマートになって、食べログURLを送ってくれるけど、たまにめんどくさがりやな人はお店の名前だけだったり。
しかし、そこで彼への評価は下がったり上がったりするわけじゃないからご安心を。大事なのはここから。

モテ女はお店の食べログをチェックするとき、評価の★がいくつ付いているかではなく、平均利用金額を真っ先に見ます。
平均利用金額=自分の価値ってことなんです。

¥4,000以下だったらモチベーション結構下がる。お洋服も適当でいいし、プリンでも美容院に行かないし、ネイルもぼろぼろの状態で行ってやるって思っちゃう。
でもちゃんとその店のことは褒めるしもちろん美味しくいただきますよ。
5回目のデートまでは¥8,000〜¥15,000くらいで頑張ってもらえたらそんなに本気なんだ♡って嬉しい限りです。

私が欲しいものはSNSみればわかるよ(はあと)

クリスマスや誕生日、大事なお祝いのときに必要となってくるプレゼント。
正直、女の子って男に期待はしていないけど賢いからイベント前にSNSでヒントを与えるのです。
「これ欲しーい!」「これ可愛いー!」写メ付きで載っけるわけです。

なのに、それを無視して予想外のプレゼントを送ってくる彼にはびっくりしちゃう。
ちゃんと私のこと好き?好きならfacebookとかtwitterとかインスタみれば、このプレゼントにはならなかったはずだよね!?という不信感。

でも、いただいたものは「うわあ!ありがとう♡嬉しい♡」と有り難く頂戴いたします。

プレゼントって「気持ち」…わかってはいるんですけどね

女子同士で話していて共感したのがコレ。

「もらったプレゼントの価格を彼が寝た隙に速攻で調べる!」。
クリスマスの夜なんて、彼が眠ったのを見計らってスマホタイムになっちゃうんです。
もらった商品のブランドや品番から商品を特定して価格を知る。
やっぱりねプレゼントの価格=自分の価値って思っちゃうんですよ。恋愛ってある意味投資じゃないですか。

自分があげたプレゼントより価格が低かったときの衝撃ったら…。私の気持ちの方が彼より勝ってるなんて敗北感。
でもたとえ自分の経済性評価が予想より低かったとしても、次の日はちゃんと嬉しそうに身につけますよ♡

そんなにお金に余裕がない彼にもらうプレゼントってなんであんなに嬉しいのかしら

こう書いてみると、結構お金お金してるなって思われちゃいますけど、実はそうでもないです。

実際に、私はリッチな彼ともお金に余裕がない彼…様々な方とお付き合いしたこともありますが、お金に余裕のない彼の方がはるかに日常のサプライズがすごく上手なのです。

夜お家に帰ったら、お花が一輪置いてあったり、ショートケーキが冷蔵庫に入っていたり、好きなドリンクが用意されていたり、面白いDVD借りててくれたり。
誕生日なんて、欲しいって言ってたバッグを3ヶ月貯金して買ってくれたり…本当感動もの。

そう考えると、リッチな人って可哀想。リッチが故に女の子からの期待感も高まっちゃうし、一風変わったことしないと感動もあんまりされないですもん。

モテ女の本音はやっぱり腹黒い!でも、結構大半の女子が気にしていることだと思います。
男性にとっては怖いかもしれませんが、この考えを踏まえて行動してみてはいかがでしょう?