なにか物足りない時のあと一品に!ささっと簡単に作れるおかずレシピ

GOURMET

ごはんを作ったけれど、なんだかこれではもの足りない……!あと一品欲しい!こんな経験がある方も少なくないかと思います。
そこで今回、なんだか物足りない時の“あと一品”にちょうど良い、おかずのレシピをご紹介します♪

内山愛
内山愛
2017.03.18

簡単!“あと一品”にちょうど良いおかずレシピ①切り干し大根ツナマヨ和え

その名の通り、切り干し大根とツナ缶をマヨネーズと塩こしょうで合えるだけで、とっても簡単におかずを一品作れちゃいます♪

材料
・切り干し大根……30g程度(ひと掴み分)
・ツナ缶……1缶
・マヨネーズ……大さじ2~3程度(お好みの量でOK)
・塩こしょう……少々(お好みの量でOK)

①切り干し大根を軽く水で洗い、ボールに水(ぬるま湯でもOK)を張り、切り干し大根を軽くほぐしながら浸して、水で戻す。
大体10分程度で戻りますが、まだ固そうだったら、柔らかくなるまでもう少し浸しておく。

②水で戻した切り干し大根を絞ったものと、ツナ缶・マヨネーズ・塩こしょうをボールなどに入れて混ぜて、完成♡

簡単!“あと一品”にちょうど良いおかずレシピ②鮭とキノコの包み焼き

一年中スーパーに並んでいる、鮭とキノコを使った一品。材料を入れて待つだけなので、待っている間に他のおかずも作れちゃいますよ♪

材料
・鮭の切り身……1、2切れ
・エノキ、しめじ、舞茸などのお好きなキノコ……鮭の切り身と同じくらいの量まで
・バター……10g
・酒……大さじ1程度
・醤油……大さじ1程度
・塩こしょう……少々

①鮭に軽く塩こしょうを振る。

②アルミホイルを器のように形作り、その中に鮭・キノコ・バター・酒・醤油を入れて、包む。
一枚で包むのが難しいようだったら、上からもう一枚アルミホイルを被せて、蓋をする。

③フライパンにカップ1杯くらいの水を入れ、②を入れてフライパンに蓋をして、弱火で20分弱蒸す。
コンロによって火加減が違うので、鮭の火の通り具合を見て、時間を調整してください。

アルミホイルごとお皿に乗せることができるので、お皿がほとんど汚れないですよ♪

簡単!“あと一品”にちょうど良いおかずレシピ③サラダ系

サラダはとっても簡単ですよね♪
メニューの一品にあるのとないのでは、食卓の彩りが大きく変わります。

色々なサラダがありますが、今回は、人参の和風サラダのレシピをご紹介します♡

材料
・人参……1/2~1本弱
・酢……大さじ1~2弱
・醤油……小さじ2
・塩……ひとつまみ程度
・オリーブオイル……小さじ2~3
・砂糖……小さじ1

①人参を、2mmくらいの千切りにする。
包丁でもできますが、千切りの刃が付いたスライサーなどを使用すると、時間がかかりません♪

②人参と、上記の調味料をボールに入れて、揉むように混ぜ、調味料がまんべんなく混ざり合ったら完成です。

簡単!“あと一品”にちょうど良いおかずレシピ④おひたし系

和食に欠かせない、おひたし。
10分もあれば作れるので、あと一品に最適なおかずです♪

今回はおひたしの定番である、小松菜と油揚げの煮浸しのレシピをご紹介します。

材料
・小松菜……1束
・油揚げ……1枚
・だし汁……150cc程度
・醤油……大さじ1
・みりん……大さじ1
・酒……大さじ1
・砂糖……小さじ1弱

①油揚げを油抜きする。(お鍋にお湯を沸かし、油揚げをさっと茹でて、ボールにあげて冷ましてから、水を絞る。)

②油揚げを約1cmの細切りにして、小松菜は4cm前後に刻む。小松菜は、葉の部分と茎の部分に分けておく。

③お鍋に調味料を全て入れて火にかけ、沸騰したら中火にして、小松菜の茎の部分と油揚げを入れる。

④10秒くらい茹でたら小松菜の葉の部分も入れて、もう10秒ほど茹でて火を止める。

⑤粗熱が取れたら器に入れて、完成。鰹節をかけるともっと美味しくなりますよ♪

冷ますことで味が染みこむので、時間を置いた方が美味しくなりますが、粗熱が取れる程度の時間でも、問題はありません。

さっと簡単に作れるレシピをご紹介しました。もう一品欲しい!という時に活用してくださいね。
スーパーで何を買うか迷った時に、思い出してくださいね♪
どのおかずも、お酒のつまみになりますよ♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。