両家顔合わせ食事会が決まったら♡一目でわかる準備&マナー講座

大好きな彼と、結婚して家庭を築くということは、彼のご両親ともいよいよ家族になるということ♡
緊張しますが、「両家顔合わせ食事会」は、両家が家族になるという節目を迎えるにあたって、必要なイベントです。

今回は、「両家顔合わせ食事会」が決まったときのために!あわてずに学んでおきたい、準備やマナーをご紹介します。

両家顔合わせ食事会って?

お付き合いをしている彼からプロポーズを受け、はれて婚約することになったら、まずどんな行事が待ち受けているのでしょうか。

多くのカップルは、結納もしくは両家顔合わせ食事会を開催し、結婚の準備を進めていきます。
近年では、結納という堅苦しい席ではなく、両家顔合わせ食事会として、略式の席を設けるカップルが増えてきています。

では、そもそも両家顔合わせ食事会とは一体どんなものなのでしょうか。

日本では、約1600年ほど前から、結婚が決まった両家が揃って結納の儀式を交わすことが定番でした。
しかし結納はその日だけでなく準備が大変であることや金額がかさむことなど、さまざまな理由からここ数年で省略し、別の形で結婚のけじめをつける風習が主流になってきています。

そのイマドキの結婚のけじめをつけるための風習こそが、両家顔合わせ食事会です。
両家が集まって食事の席を介すことで、親睦を深め、これからお互い家族になるのだという実感がわいてきます。

この時顔合わせ食事会のメンバーに特に決まりはなく、親せき一同が集まることも珍しくないようです。顔合わせ食事会に参加する人数に関しては、両家で開きがあると困るので、事前に彼と打ち合わせをして決めておきましょう。

両家顔合わせ食事会前に彼の両親と会っておくのがベスト

顔合わせ食事会のタイミングで、初めて両家の両親が顔を合わせるというのが大半です。つまり、彼とあなたはお互いの両親が仲良くなれるように、上手にサポートしてあげる必要があります。

であれば、あなた自身が彼のご両親と「はじめまして」では、なかなかことはうまく運びません。遠方に住んでいるなどの理由で難しいケースもありますが、顔合わせ食事会を開催する前に、あなた自身は彼のご両親と顔を合わせておく必要があるでしょう。

この時、ディナーなどの席だとどうしても堅苦しくなってしまうので、一緒に軽くランチを食べるくらいの時間がベスト。
昼の時間のほうが、お互い構えすぎずフランクな関係を築き上げることができます。

彼と結婚が決まったタイミングで、まだ彼のご両親に会ったことがなければ、その旨を伝えて、彼にランチなどの気軽な席であなたと彼の両親がまず会う機会を設けてもらいましょう。

下準備のつもりで自分&家族のプロフィールをマスター

両家顔合わせ食事会で、自分の両親と彼のご両親が親睦を深めていくためには、どんな準備をしておくべきでしょうか。
当日席に着いてから頑張って話を盛り上げようとしても、あなた自身も緊張していますから、空回りしてしまう可能性も否めません。

せっかく全員がスケジュールを合わせて迎えている両家顔合わせ食事会ですから、あなた自身も事前の下準備が必要です。

とはいっても、堅苦しく考えすぎる必要はなく、あくまで話に困らない程度の準備ができていればOKです。

ここでおすすめしたいのが、自分と家族全員のプロフィールの再確認です。
例えば、あなたに兄弟がいた場合、「お兄さんのご職業は何ですか?」と聞かれたとしましょう。その際、意外にも自分の兄弟の仕事などに関して、把握しきれていないということが多いのです。

あなたの両親、そして兄弟のプロフィールを復習するつもりで事前にマスターしておけば、あなたのほうからスムーズに彼の両親に家族の紹介をすることができますよ♡

両家顔合わせ食事会の当日の服装

両家顔合わせ食事会開催が決定したら、まず準備したいのが当日の服装です。
日ごろ着用しているような華やかなお洋服や、ビジネスシーンでのお洋服は、顔合わせ食事会の際に着ることができるのでしょうか。

正式な場へ出席するとなると、どうしてもブラックフォーマルをイメージしてしまいがちですが、女性の場合、顔合わせ食事会でのブラックカラーの着用は避けることをおすすめします。

顔がパッと華やかに見える、明るいカラーのお洋服がおすすめ。

とはいっても、どんなレストランで開催されるかによってベストな服装は異なりますので、ここでは和食の料亭と、フレンチレストランを想定して、顔合わせ食事会に着ていきたい服装をご紹介します。

wear.jp

和食の料亭の個室を使って、両家顔合わせ食事会を開催することを想定しましょう。和食であれば、訪問着を着て臨むのがベストです。

しかし、せっかくフランクな雰囲気で事を運ぶために、結納ではなく顔合わせ食事会を選んだのだから、服装に関しても軽装を希望したい、というご家族もいるでしょう。

そうした場合や、参加する親戚が全員洋服を着用するのであれば、その雰囲気に合わせて、あなた自身もワンピースやスーツなどのアイテムを着用しましょう。

そうでない場合には、訪問着を着て参加したほうが、正式な雰囲気を演出できるでしょう。
あなたが着物を着て参加をする際には、母も着物での参加がベストです。

男性に関しては、女性が着物を着ていたとしても、スーツで問題ありません。

zozo.jp

では一方、フレンチレストランの個室で両家顔合わせ食事会を開催すると想定しましょう。
その際には、お店の雰囲気に合わせて、ワンピースを着て参加することをおすすめします。スーツでも良いのですが、あまり重たい印象にならないよう、シャンパンベージュなどのセットアップを選び、華やかな雰囲気に見せることを意識しましょう。

ワンピースは、ベージュなどの落ち着きがあり、かつ顔移りの良いカラーを選ぶことで、彼のご両親に安心感とかわいらしさの両方を感じ取ってもらうことができます。

あまりに派手なカラーを選んでしまうと、せっかく話した雰囲気は好印象でも、彼のご両親を不安な気持ちにさせてしまうかもしれないので、望ましくありません。

上品で明るい印象を与えることで、顔合わせ食事会は和やかに進行することができるでしょう。

彼ママ受けを意識しすぎず、彼の前での自分をさらけ出して

両家顔合わせ食事会を開催するにあたって、あなたに意識してほしいのは、形式にとらわれてカチカチに緊張してしまわないようにすることです。

確かにこれから家族になり、嫁入りをする彼のご両親には、少しでも良い印象を与えたいと思うのが普通です。
しかし彼のご両親も、無口で何も言葉を交わさないあなたを望んでいるのではなく、これから仲良くなれる相手であるか、自分の息子が幸せな人生を歩むことができる相手であるかという点を見たいと思っているはず。

であれば、あまり固くなるのではなく、ありのままの自分の姿を見てもらえるように、積極的に会話をしたり、合いの手を打つように工夫をしてみましょう。

あくまで言葉遣いやしぐさなどには気を付けて、大人の女性のふるまいをすることをお忘れなく。

それ以外の部分では、彼が気に入ってくれたあなたのそのままの性格を見せることで、より彼のご両親との親睦を深めることができるのです。
いかがでしたか?
ここ数年で一気にメジャーな存在になった両家顔合わせ食事会について、そして顔合わせ食事会における基本的なマナーをご紹介しました。
誰しもが、一生に一度の経験となる顔合わせ食事会には、正解が存在していません。
だからこそ緊張し、手探り状態である不安を感じてしまうものですが、あまり固く考えず、今後家族になる両家のけじめのタイミングであるととらえましょう。
服装に関しては、期間に余裕を持って準備しておくことで、余計な心配を増やさずに済むので、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】駅の近くが1番♪「顔合わせ食事会」のお店選びのポイント6つ

彼からプロポーズを受け、結婚を決意したプレ花嫁の皆さん、このたびはおめでとうございます♡...

両家 顔合わせ マナー 食事会 準備 結婚 結婚式 婚約

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる