年上ウケする!THE BLUE HEARTSのおすすめ名曲

LIFESTYLE

1990年前後に活躍したパンクロックバンド・THE BLUE HEARTS(ザブルーハーツ)。
95年に解散するまで、歌詞の奥深さやシンプルで胸を打つメロディに、多くの中高生が夢中になりました。
ご紹介するおすすめ代表曲をマスターすれば、カラオケでウケること間違いナシですよ♪

THE BLUE HEARTSのおすすめ名曲①タテのりでもりあがろう♪「リンダ リンダ」

引用:www.amazon.co.jp

THE BLUE HEARTS(ザブルーハーツ)のメジャーデビュー曲である「リンダ リンダ」。
20年たった今も、たびたびリメイクされているのでご存知の人も多いのでは?

歌詞だけ読むと深い愛を感じるラブソングだけど、曲調はあくまでも王道のパンクロック!
歌うときは思いきりシャウトしつつ、タテノリでもりあがるのが鉄則。

シンプルなので、最初に覚えるのにもおすすめの曲です♪

THE BLUE HEARTSのおすすめ名曲②「キスしてほしい」は剛速球のラブソング

引用:www.amazon.co.jp

2015年にはキリン「氷結」のテーマソングとして、カバー曲が採用されていることもあり、聴いたことがある人もいるかもしれませんね☆

歌詞から思い浮かぶのは、どうしようもなく率直でピュアな思春期の男子!
暴走列車のように思いがこみあげる、そんな疾走感あふれるおすすめのラブソングです♡
すっかりオジサンな上司も、かつてはこの曲でキュンとしていたかもしれませんよ。

THE BLUE HEARTS(ザブルーハーツ)のおすすめの名曲です♪

THE BLUE HEARTSのおすすめ名曲③おじさんたちが共感しまくった名曲「情熱の薔薇」

THE BLUE HEARTS(ザブルーハーツ)の楽曲の中では、穏やかなメロディなので、初心者でも入りやすくておすすめなのが、「情熱の薔薇」です♪

世の中のいろんなことを疑って、信じる何かを見つけたくて……そんな風にして誰もが通りすぎてきた青春時代☆

そのもどかしさを表現した秀逸な歌詞に、引きこまれます。
パンクロックのイメージにはない、文学的な表現に驚かされる人も多いはず!

THE BLUE HEARTSのおすすめ名曲④「TRAIN-TRAIN」は絶対ハズせない一曲!

引用:www.disclegend.com

THE BLUE HEARTS(ザブルーハーツ)といえば「TRAIN-TRAIN」、この曲がハズせません!
曲全体にあふれる疾走感と、強い意思を感じる歌詞は、一度聴けば虜になるはず♪

今も人気は健在で、CMソングやゲームのテーマ曲など、数多くのシーンで使われていますよ◎

夢に向かって進むことの力強さと、脆さを表現するピアノ伴奏が印象的で、ほかの楽曲と一線を画したおすすめの名曲です!

いかがでしたか?
昔のバンドというイメージが強いTHE BLUE HEARTS(ザブルーハーツ)ですが、その人気は根強く、今もテーマソングなどで耳にすることがよくあります♪
名曲は何年たっても名曲!ぜひ一度聴いてみてくださいね♡