失敗を恐れている人に読んでほしい!失敗は最良のアドバイザーだった♡

LIFESTYLE

だれもが失敗を恐れながら生きています。
他人からの評価や自分の価値が下がる、恥をかくというような怖れと戦っています。
しかし、それは全く不必要なこと。失敗を恐れないための心得、教えます!

「失敗することって恥ずかしいですか?」

「失敗することって恥ずかしいですか?」…”はい、恥ずかしいです。”

きっとほとんどの人がこうやって答えるかもしれおません。
一人でいる時に失敗しても「悔しい」と思うだけかもしれませんが、人前で失敗したときには「恥ずかしい」という感情が生まれるはずです。

しかし、それによってあなたの価値や評価って下がるものなのでしょうか。
答えはノー。
そりゃ、お仕事でのよほどのミスは評価に繋がることもあるかもしれませんが。
ほとんどの場合そうではありませんよね。軽い失敗だと思うんです。

ですが、その失敗によってあなたの能力は上がります。失敗があるからこそ、現状よりも価値や評価が上がるのです。

「偶然の成功はあるが、偶然の失敗はない。」

とはいっても、やはり成功するというのはうれしいですよね。失敗することよりも、断然、気持ちのいいことです。

成功したとき、こう思ったことはありませんか?
「この成功は偶然かもしれない」と。
あなたの実力が認められて成功するわけですが、成功の喜びとは裏腹に、少しネガティブなことを考えてしまう人もいるかもしれません。

一方で、“失敗には偶然はありません”
必ず何かが原因で失敗が起こります。

その原因を見つけ出し、改善しようとすれば、たちまちあなたは成長し、能力が上がるというものです。

「失敗があなたの最良の道しるべである。」

どんな占いよりも、誰かのアドバイスよりも、どんな勉強よりも…
あなたがやるべきこと、あなたの今後の道しるべを示してくれるのは“失敗”です。

失敗とは自分が原因で起こるもの。だからこそ、人は恥じらい、隠したがるのです。
でもその失敗は、まぎれもなくあなたの欠点。それを教えてくれる最良のアドバイザーが“失敗”という存在。

イギリスの劇作家であるオスカー・ワイルドも「経験とは、みなが『失敗』につける名前のことだ」と言っています。失敗からは、とても多くのことを学べるということです。

「もっと失敗を恐れないために…」

地球に住んでる人なら知らない人はいないような偉人たちも、たくさんの失敗を経て成功を手にしています。

✔Apple創始者 スティーブ・ジョブズ
✔KFC創始者 カーネル・サンダース
✔アメリカの発明王 エジソン

エジソンは電球を発明するまでに1万回失敗したんだとか。そのことをインタビュアーから指摘されると、彼はこう答えたそうです。
「失敗ではありません。うまくいかない方法を1万通り発見しただけですよ」

彼らの失敗は、少なくとも私が今まで味わった恥ずかしいと感じる失敗よりも、偉大な失敗です。
もしも私なら恥ずかしくて立ち直ることができないような失敗を、偉人たちはめげずに、あきらめずに、何度も果敢に挑戦し続けたことで成功を手にしました。

失敗をたくさんするほど、多くのことを学べます。
それは【失敗→原因追究→改善】を永遠に繰り返していくから。
できないことや知らないことはたくさんあります。もしも失敗をしたとしても、知らないんだから仕方のないこと。
次は絶対失敗しない!という強い意志を持って臨んでください!