ネタバレ注意!『アナ雪』アナを女子的シビアに解説してみた…アナはダメ女だった!?

LIFESTYLE

もはや社会現象にまでなった映画『アナと雪の女王』のDVDが、7/16ついに発売♡
そこで…すでに映画を見て『アナ雪』の結末を知っているあなた!
おうちで『アナ雪』を楽しむ前に、女子目線でシビアに!『アナ雪』解説をしたいと思います。
あ!まだ観てない方は読んじゃダメですよ♡

『アナと雪の女王』まずはネタバレ

www.disney.co.jp

王子様ハンスと一目で恋に落ち、その日のうちに結婚の約束までしてしまう肉食系女子、アナ。
そんなアナを見て、姉のエルサは『よく知らない人と結婚なんてしちゃダメ!』と、ふたりの交際を反対します。ところがアナは言うことを聞かず、姉の反対を押し切ってでも王子様と結婚する気満々だったわけですが…

ネタバレしてしまうと、最終的に王子様に裏切られ、その代わり、アナのことを心から愛してくれるガテン系男子、山男クリストフと結ばれます。
『えっお姫様って王子様と結ばれるんじゃないの!?』と、ディズニー史上かつてない展開に驚いた方も多いはず。

アナは、自分を愛してくれる人を好きになっちゃう

アナの行動って、実は、ダメ男に引っかかるダメ女の典型的なパターン。
恋愛経験がないからとか、天真爛漫とか、前向きな見方はいくらでもできるけど、女子的シビアに見ると、アナはモテるんだけど、たぶん幸せにはなれない。

なんていうか、アナって『自分のことを好きになってくれる人』を好きになっちゃうんですよね。それが王子様でも山男でも誰でもよくって、大事なのは自分を愛してくれるかどうか。

幼い頃からエルサにシカトされ続けて(←エルサ的には愛だけど、アナから見たらただのシカト)、お城の使用人も限界まで削減されて(話し相手すらいない)、さらに15歳のときに両親も亡くなって、ひとりぼっちのアナは、言うなれば極度の『愛』欠乏症。
たぶん、愛さえもらえれば誰でもよかったんですよ。

アナは、好きになった人にとことん尽くす!

王子様ハンスのことを、最後の最後まで一点の疑いもなく信じていたアナ。『運命の人だから、何があっても絶対に自分を助けてくれるにちがいない…』

一時的とはいえ、一国の王政を王子ハンスにすべて託してますし。
しかも、アナが凍ったとき、『もしダメだったらどうしよう?』とリスク分散することもなく、大事な大事な自分の命を疑うことなくハンスに賭けるんです!雪だるまのオラフが来なかったらアナ死んでますよ。

そして極めつけが、ラストで次のお相手・山男クリストフにプレゼントしてた、あのソリ!豪華すぎです。現代的に考えたら外車ですよ。超高いやつ。
これね、仮に『クリストフの真実の愛&キスでアナが助かった』とかなら納得できます。『正真正銘アナのことを愛してるから、豪華なソリをプレゼントするのね、命の恩人だもんね』って。でも、アナを助けたのって姉エルサじゃないですか。

つまり、山男クリストフが、もしかしたら本当は逆玉の輿狙いで、アナのことをみじんも愛していない可能性だってあるわけですよ。それなのに、やっぱりなんの疑いもなく貢ぐアナ。

15年くらい無視され続けた…アナのトラウマ

www.disney.co.jp

一国の王女になるっていう前提で育てられたせいか、エルサって気品と自信があるんですよね。戴冠式でも堂々としてるし『ちゃんと責任を果たさなきゃ』みたいな使命感がある。大人なんですよね。

一方、アナってコドモっぽくて自分に自信がない。戴冠式でも『え?ここに立っていいの?私なんかが?』みたいな感じだったし、エルサと比べると気品がない。
たぶん、姉エルサにシカトされ続けたトラウマが強すぎて、常に誰かにかまってほしいんですよね。劇中歌 “生まれてはじめて(リプライズ)”でも、『お願いよ 私から離れないで』って歌ってるし。

姉がなぜか自分のことを避けている。なぜか分からないけど、きっと私が何か悪いことをしたんだろう。どんなことだろう。自分の何が悪いんだろう…って悩みながら生きてきたら、たしかに、自信なんて持てないですよね。そういう意味でも、『アナ雪』ってリアルだなって思います。

アナと雪の女王 MovieNEX [Blu-ray]

¥4,700

販売サイトをチェック

『アナと雪の女王』って、いろんなところに現代女子の『リアル』が詰まってて、何度見ても面白い♡DVDで、ぜひおうちでも『アナ雪』の世界にどっぷり浸って、改めて『アナ雪』を女子的に分析してみるというのはいかが?