炭水化物は食べてOK!あなたのダイエット法、間違っていませんか?

巷には様々なダイエット方法があふれ、あれもこれも!と試している方も多いかもしれません。
お手軽に始められそうなダイエット方法もありますが、あなたのやり方は本当に合っているのでしょうか?
これはダメ!というダイエットのやり方をご紹介したいと思います。

実は間違っているかもしれないダイエット方法:ダイエットのためにと食べているヘルシーフード

ダイエットに効く!と様々なダイエットフードやヘルシーフードが紹介されていますが、それらで本当にダイエットができるのでしょうか?

カロリーの低い食事は、続けていると確かに体重を減らすことができます。ですが、それは理想のプロポーションに近づいたこととイコールではないことも……。
カロリーの低い食事は、身体の中で熱源となりにくいため、必要な脂肪や筋肉まで減ってしまいます。そのため、普段の食事に戻したときにすぐにリバウンドする可能性が高いのだそう……。

単に体重が減っても、筋肉量が増えていなければプロポーションも理想的なものにはなりません。また、筋肉量が増えなければ基礎代謝も落ち、結果的に肥満の傾向に傾くことがあることをしかりと心得ておきましょう。

実は間違っているかもしれないダイエット方法:山盛りのサラダを食べる

ヘルシーだからといって、山盛りのサラダを食べていては胃が膨らむだけです。
すぐに消化されてしまい、必要なカロリーも摂取していないので、元気が出ず物足りない空腹感に襲われてあとでドカ食い……なんてことにもなりがちです。

いくらカロリーが低いサラダとは言っても、たくさんの量を食べていては胃が大きくなる一方。胃が大きくなることは太る原因でもあるといわれているのです。

胃を小さくする方法として、カロリーは成人の基本を守りながら、食べる分量を減らすというのがあります。
しっかりと必要な摂取カロリーを守りつつ、食べる分量だけを減らすことで、長期的に見れば痩せ体質になれるといわれています。

最初は我慢も必要かもしれませんが、明らかに食べ過ぎだという方は、トライしてみてもいいかもしれませんね。
もちろん、この方法も運動ありきなのはいうまでもありません。

実は間違っているかもしれないダイエット方法:炭水化物を抜くこと

一時期流行ったダイエット方法に、炭水化物を抜くダイエット方法がありましたね。
ですが、最近の研究では極端に炭水化物を抜くことはNGだとされているんです。

白米などの炭水化物は、少量でもいいのでメインのお料理と共に食べるようにすると、満足感が得やすいのが特徴です。すぐにお腹がすいてしまって、結果間食をしがちな方は、食事にしっかりと炭水化物を盛り込むようにしてみましょう。

お茶碗を持ちながらの三角食べやごはんに合わせて食品をよく噛みながら食べることは、昔から健康にいいとされていて、これがダイエットの基本となっています。

まず、よく噛んで満腹感を得ること。
そして、よく噛むことは消化を助け、美肌効果や便秘の解消にも繋がります。

実は間違っているかもしれないダイエット方法:糖質制限のやりすぎ!

ダイエット中に糖質を制限する方も多いですね。
確かに、砂糖を大量に摂取することは、カロリーオーバーになりがちで、一日の摂取量はコントロールしたいところです。

ですが、極端に糖質を制限してしまうと、身体に悪影響がでることも。
糖質は、脳の栄養であり身体が運動するときの熱源になるものです。
極端に糖質を制限すると、頭がぼーっとして仕事に身が入らないという状態になってしまいます。朝には果物などで糖質を摂取するのがいいでしょう!

また、糖質を一切摂取せずに運動をすると、熱源がないために脂肪を燃焼するのでダイエットには効果的とされていますが、このような糖質のない状態で運動を続けるのは、危険な場合もあります。
しっかりと熱源になる糖質を摂取することも必要だと覚えておきましょう。
様々なダイエット方法があり、試したことがある方も多いかもしれません。
ですが、極端になにかを食べなかったり、食事だけで体重をコントロールしようとしたりすることは、実は痩せにくい体質になるようにしているようなもの。
摂取カロリーを守り、食べ過ぎやドカ食いをしない。よく噛むことなど昔からいいとされている健康法をまずは取り入れること。
そして、運動を面倒と思わずに続けること。結局、簡単・手軽なダイエットなんてないのかもしれませんね。

【関連記事】イベント前に焦る人は予備軍?リバウンドが癖づいている人の特徴5つ

皆さま、正月はどんな過ごし方をしましたか?ショッピングやおでかけに忙しかったという人も...

ダイエット 方法 間違い 食べ過ぎ 肥満

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

つぼいまりこ

つぼいまりこ
美容、モテ、節約、インテリアなど、幅広く興味を持っています。
女性ならで…

>もっとみる