歯に口紅が…!? 赤リップを塗る時に気をつけたいこと4つ

人気の赤リップ、取り入れている人を多く見かけます。
そんな流行りの赤リップを取り入れる時に、気を付けたいことがいくつかあります。
さっそくまとめてみます☆

<赤リップを塗る時に気をつけたいこと①> 引き算メイクを

赤リップの魅力はなんといっても、インパクトの強さでは無いでしょうか。
そんな赤リップを目立たせるためにも、リップ以外のメイクは薄く仕上げるのがおすすめ☆

アイシャドウやチークは薄く、なるべく控えめカラーを選んで!
ベースは赤リップを先に塗ってから作るのもおすすめ。

バランスが取りやすくなるので、自然と薄く仕上げやすいです。

<赤リップを塗る時に気をつけたいこと②> 縦ジワのケアを

唇の縦ジワ。普段はあまり気にならなくても赤リップなど、派手なカラーのリップを塗ると、気になることがあります。

普段から唇のケアはしておきたいところ。

適度なスクラブ、保湿……。
普段はあまり、唇のケアはしていないという人も多いですが、赤リップを好んでよく使う人は、唇のケアをすると仕上がりはだいぶ変わると思います。

日頃からリップケアをお忘れなく★

<赤リップを塗る時に気をつけたいこと③> 歯にも気をつけて

赤リップを塗っている人と話している時
「歯に口紅がついてる…」と
言うべきか、言わないべきか悩んだ経験がある人も多いでしょう。

相手を悩ませないためにも、歯に赤リップを付けない対策を。

①口紅を塗った後にティッシュを三角に折って、角を口で軽くくわえる!
そうすると、余分な口紅がとれるんだとか。

②歯を乾燥させない!
話し続けると歯が乾燥しやすいです。

また、赤リップに限らず色によっては、歯の色が黄ばんで見えてしまうものも。
ホワイトニングの歯磨き粉を使うなど、歯を白くするケアも心掛けて!

<赤リップを塗る時に気をつけたいこと④> 赤リップの塗り方

あまり塗り方は気にせず赤リップを塗っている人も多いですが、インパクトがあって視線を集めやすいカラーなので、赤リップは塗り方にもこだわることをおすすめします。

私のおすすめは"指でトントン"塗り★

リップを指に取り、唇の中心だけにポンポンと塗る方法です!
適度なムラがキュートだし、グロスを重ねると仕上がりも綺麗♪
以上「赤リップを塗る時に気をつけたいこと」についてでした。
インパクトのある赤リップは使い方によっては、マイナスになりがちですが、上手く取り入れればコーデの華に☆上手く取り入れてみてください!

赤リップ 塗り方 歯につく 気をつけたいこと 口紅 シワ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、キュレーター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる