現代人に癒しを♡古代からハワイで伝わるヒーリング法{ オ・ポノポノ }とは?

LIFESTYLE

「毎日忙しすぎて、心が荒んでいく・・・。」

そんな風に感じたあなたは要注意!気がついた時には精神病を患っているかも。
今回は忙しい現代人に向けて、ハワイで古来から伝わるヒーリング法「オ・ポノポノ」について紹介します♪

そもそもオ・ポノポノってなに?

いきなり「オ・ポノポノ」と言われても、ちんぷんかんぷんの人がほとんどですよね。

これはハワイで古来から伝わる癒しの方法で、ハワイ語辞典においては「心の洗浄。祈り、議論、告白、後悔、互いの補償と許しによって関係を整える家族会議」と定義されています。

このネイティブハワイアンが伝えてきた伝統的な問題解決法を、ハワイの伝統医療スペシャリストで、ハワイの人間州宝でもあるモーナ・ナラマク・シメオナ女史が、現代社会で活用できるようにアレンジしたものが、最近日本でも話題の「セルフアイデンティティ・スルー・オ・ポノポノ(SITH)」と呼ばれるものです。

このSITHは、アメリカや欧州で医療として実践されつつ、国連をはじめとする様々な国際会議や、高等教育の場でも紹介されています。

SITHの目的は、「この地球上に人間として生を受けたことの個人的な意味」をより豊かに理解し、さらなる気付きを得ることです。

「オ・ポノポノ」具体的に何をするのか?

SITHには長い歴史と深い理論があるのですが、今回は根本的な考え方をわかりやすくお伝えします。

SITHでは、すべての出来事、現実は、これまでの自分の人生を含めた地球全体の歴史における、記憶の再生だと考えています。
つまり、この世の物事、人、出来事はすべて根底で繋がっているのです!

そして、すべてがゼロに戻った状態を善と見なします。だからこそ、現実に起こった出来事を見て、なにか感情が沸いたら、すぐに自分自身の内面をクリーニングして、無の状態に近付けるのです。

仏教に少し近いかもしれませんね。

たとえ自分には直接関係がない出来事でも、すべては繋がっているので、自分自身がクリーニングする事で世界をも変えることができるのです。

クリーニングのやり方

自分自身をクリーニングする方法はたくさんありますが、1番基本的なやり方が4つの言葉を用いたクリーニングです。

1つ目 ありがとう
(今まで自分では気がつかなかった記憶を再生してくれて、ありがとう)

2つ目 ごめんなさい
(今まで気がつかなくてごめんなさい)

3つ目 許してください
(今まで心の声を無視してきた事を許してください)

4つ目 愛しています
(心から愛しています)

以上のありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています、という4つの言葉を繰り返すだけで、自分自身の内面(専門用語ではインナーチャイルドと言います)は愛を感じ、不要な記憶を消去してくれます。

クリーニングする事でどうなるのか

クリーニングを行うことで、過去の不要な記憶や執着を手放す事ができ、ゼロの状態に近づくことができます。

それが引いては、現実に起こっている問題の解決や、よりよい未来の創造に繋がっていくと考えられています。


豊かになった現代人は、選択肢が急増したことで、考えなくてもいい事を考え、食べなくてもいいものを食べるなど、様々な面で過剰になっています。

オ・ポノポノでは、そのような過剰な状態から、より荷物を減らしてゼロに近づいていくための一つの方法だと言えます。


何をやっても上手くいかない、いつももやもやして苦しい、そんな思いを持っている方はぜひオ・ポノポノを試してみて下さい♪

理解するのは少し難しい理論ですが、現実に起こっている問題を解決する際にとても役立つ考え方なので、興味が沸いた方はぜひ調べてみて下さい♪