「むくみ」を改善する食材とは?普段行くコンビニでも簡単に手に入る!

BEAUTY

「エアコンで冷え切った部屋に一日中いたり、立ち仕事をしたりしていると夕方になると足がパンパン!」なんてこと、よくありますよね。
また、食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎなども原因になりますよ。
むくみはダイエットの天敵でもあります。
食べ物を変えるだけでもむくみ回避ができますよ。
今回はコンビニでも買える食材でむくみを改善する方法をご紹介しましょう。

「むくみ」とは一体何でしょう?

むくんだ太もも

今回ご紹介する、むくみとは、体の中の血液循環が悪く、一定の箇所に水分がたまってしまっていることをさします。
むくみには他にも様々な種類がありますが、一般的には血液循環の悪さが問題なんだそうです。

この余分な水分を排出するにはリンパを刺激するマッサージや、毒素を排出する食材を選んで摂取する必要があるんだとか!
とくにツボと呼ばれているふくらはぎや鎖骨のあたりをマッサージしたり押したりすると効果的なんだそうですよ。

また、むくみがあると冷え性にもなりがち……。
脂肪を溜め込んでダイエットにもよくありません。
なので、むくみを改善することが健康的に痩せる第一歩といえそうです。

「むくみ」の原因とは?改善する方法はあるの!?

エアコン

体がむくんでしまう原因は大きく4つあるそうです。
まず一つは、塩分が多い食材や水分を多く摂取している場合!
しょっぱいものをたくさん食べると喉が乾きますよね。
そこで大量に水分を摂取してしまうと、血管中に水が増え、体がむくんできてしまうのです。

一方、水分をとらなすぎるのも問題ですよ。
これは、静脈の血行が悪くなるからだといわれています。
こうなると体がだるくなり気持ちも沈んで、精神的にもマイナスになり悪循環に……。
カフェインのない、または少ないお茶などをこまめに適量摂取することが大切です。

また、長時間同じ姿勢でいることもむくみの原因になるそうですよ。
とくに1日中立ち仕事をしている人は足がむくみやすいといわれています。
地球上には重力があるので、立っているだけで血液が足元にたまってしまい、血流が悪くなるんだとか!
適度にストレッチをしたり体制を変えたりすることをと意識するだけでも大きく改善されるでしょう。

さらに、女性特有のむくみもあります。
これが最も気をつけたいところ!
女性は脂肪が多く筋肉量が少ないことからそれだけでも水分を多く含みがちです。
とくに大腿部に適度な筋力をつけることが大切ですよ。
歩いたり、泳いだりすることでしなやかな筋肉をつけるように心がけましょう。

むくみを改善できる食材その1:カリウムを含んだ食材

むくみを改善するのに効果的といわれている食材は、カリウムを多く含んだものです。
カリウムはむくみの大敵である塩分を体から取り除く作用があるそうですよ。
同時にお茶などを飲むことで、尿として体の外に出されます。

カリウムをたくさん含んだものとしてはナッツ類が◎
コンビニではおやつの代わりにとアーモンドやくるみのナッツが小袋で売られていますよね。
できれば砂糖や塩分の付いていないプレーンタイプがおすすめです。
とくに健康志向をうたったコンビニコーナーには充実したラインナップがありますよ。
ぜひチェックしてみてください。

またカットフルーツもおすすめですよ。
スイカやキウイにもカリウムが含まれているといわれています。
ランチのデザート代わりにフルーツを食べたり朝ごはんにしたりするのもいいですよね。
コンビニでは小さなサイズで売られているので、買いやすいのもポイントですよ。

さらにひじきなど海藻類にも含まれているんだそう♡
とくにひじきに多く含まれているので、お惣菜コーナーのひじきと豆の煮物などがいいのではないでしょうか。
カリウムをたくさん摂取しすぎもよくありませんし、塩分糖分を同時にとってしまっては効果がありません。
きちんとバランスを考えて食べましょう。

むくみを改善できる食材その2:ポリフェノールを含んだ食材

むくみの改善によいといわれている食材として、ポリフェノールを含んだ食材もGOOD!
ポリフェノールの代表的なものといえばブルーベリーでしょう。
冷凍ブルーベリーはコンビニのアイスコーナーでも見かけますよね。
脂肪分を含んだ糖の塊であるアイスクリームを何個も食べてしまうより、ブルーベリーをおやつ代わりにしませんか。

また赤ワインにもポリフェノールが多く含まれていますよ。
グラス1〜2杯であれば血行が促進されて落ち着いて安眠できることもあるようです。
寝る前に、食事と一緒にワイン好きであれば赤ワインを一緒に飲みましょう。

ぐっすり眠ることもむくみ対策にはとても大切です。
就寝前にはあまり多くの水分をとらないようにしましょう。
その分、目覚めたときにいっぱいお水を飲むことをおすすめします。

さらに、カカオや大豆にも含まれていますよ。
チョコレートは糖分が高いので、カカオの率が高く甘みの低いブラックチョコレートなどがおすすめです。
ついつい間食してしまう人は、このようなむくみ改善にきくおやつをコンビニでゲットするといいですよ。

むくみを改善できる食材その3:クエン酸を含んだ食材

クエン酸といえば酸っぱいレモンを想像しますよね。
そうです、クエン酸はグレープフルーツなどの柑橘類、またお酢などに含まれているといわれています。
疲労回復効果も期待でき、一日に一つの食材は摂取したいですよね。

コンビニでは、ゼリーやカットフルーツ、黒酢ジュースなどで手軽に手に入りますよ。
酸っぱさが苦手という人には、リンゴ酢などが飲みやすくておすすめです。
夏バテ防止にもなるので、クエン酸はしっかり摂取しましょう。
また、余分な老廃物を体から排出してくれる働きも持っているそうなので、むくみ改善ためにも取り入れていきましょう。

むくみを改善できる食材その4:タンパク質を含んだ食材

最後にご紹介する、むくみの改善によいといわれている食材は、タンパク質です。
タンパク質も摂取すべき重要な栄養素!
タンパク質には、血液の中に水分を溜めてくれる役割があるそうなので、水分を多く取ってしまう夏場などにはとくに多くとるのが◎

タンパク質の食材といえば魚と肉、そして豆類♪
コンビニにも、お豆腐のパックが小分けで売っていますよね。
一番のおすすめは鶏肉です。
サラダチキンとしても人気の高いパックのササミ肉はサラダと一緒にぜひ食べましょう。

サラダチキンはサイズも大きいので食べ応えがあり、それだけでも十分にランチになります。
余分な脂肪を落とし、筋肉をつけられダイエットにもなるのでおすすめですよ。
ただし、サラダを食べる時にはドレッシングは禁物!
オリーブオイルかそのまま食べる、もしくはアーモンドを潰してかけるなど工夫しましょう。

豆類の王道はやはり納豆ではないでしょうか。
今はコンビニでも数種類の納豆を買えるようになりました。
オフィスで食べるのは勇気が入るので、朝ごはん用に購入するのがおすすめ♡
キムチと一緒に買えば納豆キムチにもなりますよ。
コンビニで充実した健康食品を揃えられそうです。

むくみの改善によいといわれている食材はいかがでしたか。
内臓を元気にして、体をデトックスさせることでむくみが改善できるといわれています。
難しく考えず、普段行くコンビニを見回して、むくみに効くといわれている食材を選ぶだけ♪
おやつにお昼に、朝ごはんに、知らずにむくみが改善されて、ダイエット成功にもつながりますよ。
むくみを改善できる食材で、スリムボディーを手に入れましょう。