メイクしたての肌をキープしたい!気になる夕方ぐすみの原因と対策

朝は何ともなくても「夕方になるとくすみが気になる」という女性が多くいます。
くすむだけで顔色が悪く見えたり老けて見えたりするので何とかしたいですよね。
そこで今回は、夕方ぐすみになる原因と対策方法をご紹介いたします。

気になる夕方ぐすみの対策方法▶くすみの原因はひとつじゃないって知ってた?

気になる夕方ぐすみの対策方法をチェックする前に、まずはくすみの原因を理解しましょう。

くすみとは肌に透明感がなくなり、明るさやツヤが感じられない肌状態のことを指します!
一番の原因といわれているのが角層の水分量低下が挙げられますが、その他にも肌荒れによるキメの乱れ、表面状態の悪化、血行不良による赤みの減少、メラニン量の増加なども考えられているんです。

くすみの種類は大きく分けるといくつか存在します。
・乾燥によるくすみ
・糖化によるくすみ
・皮脂の酸化によるくすみ
・血行不良によるくすみ
・メラニンによるくすみ
・古い角質によるくすみ
・加齢によるくすみ


この中でも「夕方になるとくすみが気になる」という“夕方ぐすみ”に当てはまるものは3つ挙げられます。
なぜ夕方になるとくすみが気になるのか詳しい原因を見ていきましょう。

気になる夕方ぐすみの対策方法▶夕方ぐすみの主な原因

・肌の乾燥
肌の乾燥が原因で水分量が低下してしまうと、キメが乱れたり、角質がめくれたりして肌表面が凸凹になってしまいます。
すると、光が乱反射して肌を暗く見せてしまうので、夕方ぐすみに繋がってしまうのです。

・血行不良や冷え
もともと冷え性の女性やデスクワークなどで長時間同じ姿勢をしていると、血行が悪くなってしまいます。
血行が悪くなると、美肌を保つために欠かせない酸素や栄養を上手に届けることができなくなってしまうので、夕方ぐすみとして時間が経った頃に目立つようになってしまうんです。

・皮脂の酸化
皮膚から分泌されている皮脂は空気に触れることで酸化し、徐々にくすんでしまいます。
また、ファンデーションなどの油分を多く含むコスメアイテムも同じような現象が起き、皮脂と混ざり合うことで化粧崩れなどにも繋がってしまいます。

それではここからは気になる夕方ぐすみの対策方法をご紹介していきます!

気になる夕方ぐすみの対策方法▶朝のスキンケアを大切にする

夕方ぐすみの対策をするために欠かせないのが、朝のスキンケアです。
オフィスなどの室内はエアコンなどが利いており、乾燥しやすい状態にあります。

ですので、朝のスキンケアでしっかり保湿をしておかないと、夕方には砂漠のようなカラカラ状態になってしまうのです。
「テカりが気になるから」と量を減らしてしまうと、乾燥から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されるので、皮脂の酸化による夕方ぐすみも招くことになります。

洗顔後の化粧水はたっぷり使い、乳液は使用量を守りながら皮脂量が多いTゾーンは気持ち少なめになじませるといいですよ!

気になる夕方ぐすみの対策方法▶日中もこまめの保湿する

日中のこまめな保湿も、気になる夕方ぐすみの対策に繋がります。

朝しっかり保湿していても、外的ストレスによって自分が思っている以上に肌は乾燥しやすくなっています。
ですから日中のこまめな保湿も肝心です。

方法としては、メイクの上からでも使える美容液や乳液のスプレータイプを持参しておくこと。
ただし化粧水のような水分だけだと蒸発してしまい、却って乾燥してしまう可能性もあるので注意が必要です!

また、デスクの上に小さな加湿器などを置いておくこともおすすめ。
手のひらサイズのおしゃれな加湿器など、デスクにかわいいものがあると癒しにもなるので一石二鳥ですよ。

気になる夕方ぐすみの対策方法▶水分補給を欠かさないようにする

水分補給を欠かさないようにすることも、気になる夕方ぐすみの対策になります。

スキンケアで外側から保湿をしたら、内側からの保湿も欠かさないようにしましょう。
そのためには、水分補給が大切です。

水分が不足していると、血流がドロドロになって美肌を保つために欠かせない酸素や栄養をスムーズに届けることができなくなってしまいます。
人は一日に1.5~2リットルほどの水分を必要としているので、積極的に水分を補給してください。

ただし、コーヒーや緑茶だと、成分を分解するために水分を必要とするので、体内の水分量が足りなくなってしまう可能性があります。
基本は水を飲むようにし、コーヒーや緑茶を飲む場合はその倍の水を飲むようにしましょう。
一気に飲むとむくみに繋がることもあるので、「一時間に一度コップ一杯」というようにルールを決めておくのがおすすめ♪

気になる夕方ぐすみの対策方法▶紫外線対策を忘れない

直接的ではないですが、紫外線対策を忘れないということも、気になる夕方ぐすみの対策に繋がります。

一年中降り注ぐ紫外線は美肌の大敵です。
紫外線のダメージを受けていれば、メラニンによるくすみを招くことになります。

それだけでなく、紫外線は乾燥の原因にもなりますから日々の紫外線対策は欠かせません!
UVカット効果のある下地やフェイスパウダーなどを使うようにして、紫外線によるダメージを防ぐことがおすすめです。
そして外出するときは帽子や日傘、サングラスなどのアイテムを活用しましょう♪

また、夕方ぐすみのようにすぐ現れるものではありませんが、パソコンやスマホなどのブルーライトも蓄積するとくすみの原因になるので、紫外線に加えてブルーライトカット効果のあるコスメを使うといいですよ。

気になる夕方ぐすみの対策方法▶肌の酸化を防止する

気になる夕方ぐすみの原因のひとつである肌の酸化を防止することも大切です。
肌の酸化を防ぐためには、こまめなふき取りをが大切です。

鏡を見たときに肌のテカりが気になるようであれば、それは皮脂が過剰に分泌されているサイン!
そのままにしておくとどんどん酸化してしまうので注意ですよ。

ただし、よく「あぶらとり紙で余分な皮脂をふき取ることがいい」といわれていますが、それは危険です。
あぶらとり紙だと必要な皮脂までふき取ってしまい、却って皮脂の過剰分泌に繋がってしまう可能性があるので、ティッシュで優しく押し当てるようにふき取るのがおすすめです♪

気になる夕方ぐすみの対策方法▶身体を冷やさないようにする

身体が冷えてしまうと血行が悪くなってしまい、気になる夕方ぐすみに繋がります。
夏場は特に室内だとクーラーによって冷えていることが多いので、その中に長時間いれば自然と身体も冷えてきてしまいますよね。

飲むものは常温や温かいものを選ぶようにしたり、カーディガンなどを持ち歩くことがおすすめです。
また、全身の血液が集まっているお腹周りや血流が多い太ももを温めることも効果的!
カイロやブランケットをデスクに用意しておくと便利ですよ。

夜はシャワーで済ませずに、湯船に浸かってじっくり温まることも大切です♪

気になる夕方ぐすみの対策方法▶マッサージやストレッチを取り入れる

同じ姿勢を長時間している場合も、血行不良によって夕方ぐすみを招くことになります。
身体を冷やさないことで血行不良も改善できますが、仕事の合間を見計らって簡単なストレッチやマッサージを取り入れるのもおすすめの対策方法です。

座りながらできるストレッチとしては、つま先とかかとの上げ下げが効果的♪
繰り返すだけで全身の巡りを改善することが期待できますよ。
顔の血行をピンポイントで改善するなら、口を大きく開けたり閉じたり、目を大きく見開いたり閉じたりしてみてください。

マッサージであれば、肩甲骨や肩周りを揉みほぐしたり太ももの付け根を揉みほぐしたりするといいですよ。
気になる夕方ぐすみだけでなく、むくみ解消にも役立ってくれます。
気になる夕方ぐすみの原因と対策方法をご紹介させていただきました。
日々のスキンケアも欠かせませんが、朝や日中にできる対策を取り入れていくことで夕方ぐすみを防ぐことができますよ。
夕方になってもメイクしたてのような明るい肌をキープしていきましょう♪

【関連記事】テクニックいらずで汚れすっきり♪おすすめの洗顔ブラシ7選

「毎日洗顔をしているのに、毛穴汚れやくすみが気になる」と感じている女性は、手より細かい...

夕方ぐすみ 気になる 対策 原因 メイク

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる