脱毛をすると「黒ずみ」が消えるって本当?ウワサの真相とは

脱毛をすると「黒ずみ」が消えるって本当?ウワサの真相とは

BEAUTY

クリニックやサロンで脱毛をすると、「黒ずみが消える」といった話を聞いたことはありませんか?

実際に経験された方も多いと思います。私もその一人です。

でも実は、脱毛そのものに黒ずみを改善する効果があるわけではないんだそう。
では、いったいどういうことなのか、その真相を解明していきましょう♡

そもそも、黒ずみとは?

黒ずみの原因は大きく分けて、内的要因と外的要因とがあります。

また黒ずみは体内で作られる、肌の色の要素となる「メラニン色素」が関係しているんだそう。

気になるは、そのメラニン色素がどう作用して、黒ずみになるのかということですよね。

黒ずみになってしまう原因について、ご紹介していきます。

黒ずみの原因① 摩擦

肌の摩擦によって、黒ずむことが考えられます。
この反応は、刺激から体を守るためなんだそう。

入浴時に、ナイロン製のタオルで身体をゴシゴシ擦ることも、黒ずみの原因になりますので気をつけてくださいね。

また、スポーツを長年にわたって続けている場合、ウェアによって擦れた部分が、黒ずんでしまうこともあるんだとか。

長期間刺激を受け続けると、皮膚に色素が沈着して、黒ずみになります。
生活の中で、肌への刺激を減らすことが黒ずみ予防になるということですね。

黒ずみの原因② 紫外線と過剰なメラニン生成&定着

肌の黒ずみの大きな要因のひとつが、紫外線なんだそう。

紫外線を浴びると、肌はダメージから守るために、メラニンを作ります。
このメラニンが褐色なので、黒ずんで見えるんですね。

肌が正常にターンオーバーを繰り返せば、時間と共に元の肌色に戻るでしょう。

しかしターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンが蓄積されてしまい、黒ずみやシミなどの原因となってしまうんです……!

メラニンを生成させないためには、紫外線を浴びすぎないことが大切です。

地表に届く紫外線には、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があるのですが、メラニンの生成に深く関与しているのは、UVB(紫外線B波)だそう。

このUVBは、晴れている日だけでなく、曇りや雨の日にも地表に届いてしまうので、注意が必要ですね。

黒ずみの原因③ ニキビやアトピーの跡

ニキビ跡も、黒ずみの原因となるそう。
一体、どのようにしてできるのでしょうか?

アクネ菌によって毛穴に炎症が起きると、菌に打ち勝つために、身体から“活性酸素”が作られるんだそう。

この活性酸素はアクネ菌だけでなく、同時に肌にも一緒に攻撃してしまう性質があるのです。
この活性酸素から肌を保護しようとメラニンが生成され、その結果として色素沈着が起きてしまいます。

また、アトピー性皮膚炎を患っている方の悩みに、肌の黒ずみや色素沈着があります。
この黒ずみは、ステロイド外用剤の影響で起きてしまうという噂もありますが、実はアトピー性皮膚炎自体が原因なんだそう。

肌の黒ずみは、皮膚に色素が沈着することで起きるのですが、皮膚は炎症を起こした後に色素沈着を起こすことがよくあるんです。

炎症を起こす原因には、日焼け・ニキビ・外傷・虫刺され・かぶれなど色々なものがありますが、炎症が治った後に皮膚に色素沈着が起こることも少なくありません。

これと同じように、アトピー性皮膚炎も炎症そのものや、それを繰り返すことで、次第に黒ずみが濃くなってしまうんです。

黒ずみの原因④ 加齢、ホルモンバランスの乱れ

ストレスや加齢などによって、ホルモンバランスが乱れ、デリケートゾーンが黒ずむこともあるんだそう。
ただし、ホルモンバランスにおいては、正常になれば黒ずみも少しずつ消えていくようです。

主に女性ホルモンが乱れることで生じるので、生理や妊娠・出産時に一時的に肌が黒ずむようです。

なぜ、ホルモンバランスの乱れがデリケートゾーンの黒ずみと関係するのでしょうか?
これは、肌のターンオーバーに関係しているんだそう。

正しくターンオーバーが行われていれば、黒ずんでしまっても、肌の角質は自然と剥がれ落ちるので、元の色の肌が新しく生成されるでしょう。

しかし、ホルモンバランスが乱れてターンオーバーが正しく行われなければ、元の色に戻ることができず、黒ずみとなって定着してしまうんですね。

脱毛で「黒ずみが消える」の真相

クリニックやサロンで脱毛すると、「黒ずみが消える」といった声が挙がっていますが、これはどういったことなのでしょうか?

もちろん、脱毛処理後に丁寧なケアをしてもらえたり、自宅でのケア方法も教えてもらえたりすることもが、理由の一つになるかもしれません。

つまり、脱毛そのものには黒ずみを消す効果はないんだそう。

黒ずみが消える最大の理由は、カミソリや毛抜きなどの自己処理の回数が激減することにあるでしょう。

あくまでも“消える”というわけではなく、自己処理が減り、ターンオーバーによって肌が色が元に戻った可能性があります。

「黒ずんでいると脱毛できない」ってほんと?

一方で、色素沈着による肌の黒ずみが、脱毛に影響を与えることもあるんだそう。

その理由は、“脱毛の仕組み”にあります。
脱毛機器の光は、ムダ毛に含まれるメラニン色素に反応して、毛根にダメージを与え、毛が抜け落ちるといった仕組みとなっているんです。

肌が黒ずんでいると、光がメラニンに反応して、肌の細胞も一緒に破壊してしまう恐れがあるんだとか……。
黒ずみがひどい場合には、施術を断られることもあるでしょう。

しかし最近では、黒ずみがあっても、照射レベルを下げて脱毛を行うことや、メラニンに左右されない画期的な脱毛マシンが採用されているサロンもあるようです。

またその他にも、黒ずみをケアできる鎮静ローションや、美白効果のある光で脱毛する方法なども開発されていて、その進化した技術によって黒ずみをキレイにしながら、ムダ毛ケアをすることも可能になってきているようです。

脱毛をしたいけど黒ずみがひどくて、施術が可能かどうか気になる場合には、まずはサロンやクリニックへ相談してみてくださいね。

脱毛と併せて行いたい黒ずみケア① 保湿

脱毛の施術と併せて行いたい、黒ずみケアについてもご紹介します。

脱毛の施術後は、肌が乾燥しやすくなります。
その結果炎症が起きやすく、それが黒ずみの原因につながることもあるようです。

つまり、保湿をすることがとても重要になるんですね。

最初の保湿は、脱毛が終わった直後に、脱毛サロンの個室で行うことが理想的です。脱毛後に保湿までしっかりしてくれるサロンもありますよ。

また、デリケートゾーンの保湿には、デリケートゾーン専用のクリームや、美容液を使用すると良いでしょう。
これらの保湿剤の多くは、保湿以外にも、美白効果や殺菌効果がある上に、肌の刺激になるアルコールや香料などの肌に負担になる成分が入っていないものが多いんです。

顔用の美白化粧品を使用すれば良いのでは?と思う方もいるでしょう。
顔用は、アルコールなどの肌に負担になるものが入っていることが多いようです。
肌を清潔に保つ殺菌作用のある成分が入っていない場合もあるので、部位によって使い分けると良いですね。

脱毛と併せて行いたい黒ずみケア② ビタミンCなどの摂取

肌が黒ずむ原因は、色素沈着のほかに、皮脂や角質の汚れがあります。

ヒザやヒジの黒ずみの主な原因は、皮脂や角質の汚れといわれています。
ワキの黒ずみは、色素沈着と皮脂や角質の汚れの両方が原因となることもあるんだとか。

色素沈着が原因であるワキの黒ずみには、ビタミンCがとても効果的なんだそう!

美肌・美白といえばビタミンCですよね。
でも、ビタミンCは体内で作ることができないので、意識的に食事やサプリメントで口から摂るか、化粧品などで補う必要があるんです。

色素沈着などの黒ずみは、肌表面が炎症を起こしている状態。
肌表面のダメージを緩和することで、ターンオーバーが改善されて、定着したメラニン色素をスムーズに排出することができるでしょう。

またビタミンCには、美白効果やアンチエイジングにも効果があるんだそう。
黒ずみだけでなく、肌の状態も良くしてくれ、一石二鳥ですね♡

ちなみに、ビタミンCは、口から摂るのと化粧品で摂るのでは、どちらの方が黒ずみに効果があるのでしょうか?

実は、ビタミンCを食べ物で摂っても、摂ったビタミンCの全てが肌へと吸収されるわけではなく、尿として体外へと排出されやすいんですね。
全てが黒ずみ解消のために役立っているとは言いにくいでしょう。
また、ビタミンCを過剰摂取すると、体に負担がかかって下痢の原因になることもあるんです。

化粧品など、外側からビタミンCを摂る方法は、食品とは違って直接肌に浸透するもの。
化粧品が肌に合うかどうかを注意すれば、たっぷりと塗っても過剰摂取にはならないというメリットもあります。

ビタミンCによる一番理想的な黒ずみケアは、きちんと摂取量に気をつけて、食べ物でビタミンCを摂取しつつ、外側からも化粧品でアプローチするのがおすすめですよ♪

脱毛と併せて行いたい黒ずみケア③ ピーリング、重曹を使う

黒ずみケアとして、重曹を使う方法も挙げられます。

黒ずみのなかで、重曹で薄くすることができるのは、汗や雑菌・余分な皮脂が毛穴に詰まったことが原因の“毛穴の汚れによる黒ずみ”です。

弱アルカリ性である重曹は、肌への負担を最小限に抑えながら、毛穴の汚れや古い皮脂も落とすピーリング効果があるそう。
そのため、毛穴の汚れによる黒ずみに良いといわれているんですね。

いつも使っている洗顔料に、重曹を小さじ1杯程度混ぜ、いつもどおりに洗顔するだけでもOK。

重曹を入れると泡立ちにくくなりますが、泡立てネットを使えば問題ないでしょう。

また重要となるのが、重曹の選び方。
医薬品や食用で、原材料に「炭酸水素ナトリウム」もしくは「重曹」とのみ表示されているものを選んでください。

間違っても掃除用のものや、他の成分が含まれているものは使わないでくださいね!

脱毛と黒ずみの関係についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

黒ずみのないキレイな肌だと自信が持てますよね。

正しい知識を持って、黒ずみもムダ毛もどちらともサヨナラしましょう♪