春メイクでどんな私になる?リップの色でガラッと雰囲気を変えて♡

Beauty

寒い冬が終わればもうすぐ春到来。カラフルなメイクを楽しめるのも春の醍醐味のひとつ。
いつも一辺倒なカラーになりがちなリップも、今春は色んなカラーを試してみてはいかがでしょうか?
選ぶカラーによって、雰囲気がガラリと変わるリップメイク。カラー別にご紹介します♡

― 広告 ―

リップで作る春メイク:キュートな可愛さを作るならやっぱり、「ピンク」♡

ガーリーカラーの代名詞といえば、ピンク。かわいらしく、愛らしい印象を作りたいときには断然ピンクがおすすめ。

レッドに近いピンクは綺麗めな表情を作ってくれるけれど、青み系ピンクは透明感のあるキュートな表情で女性らしく仕上げてくれます。柔らかい印象を作りたいのなら、濃いめのピンクではなく薄色・薄付きのものをチョイスしましょう。

ふんわりピンクリップはナチュラルで男性受けも同性受けも抜群です。

カジュアルな服装にはマットなリップも合いますが、オフィスや大人メイクにはグロスや艶感のあるリップで子どもっぽさをカットしましょう♡

リップで作る春メイク:ヘルシーでハッピーな印象なら、「オレンジ」♡

「ピンクはガーリーすぎるなぁ……」という人には、オレンジカラーがおすすめ。

ピンクほど可愛すぎないけれど、大人っぽくなりすぎないオレンジカラーのリップは、ナチュラルでヘルシーな印象を作り上げてくれます。

マットで発色の良いオレンジリップはポップでカジュアルなイメージに。初心者さんや、カジュアルすぎを避けたい人は、シアータイプのオレンジリップが肌なじみも良くおすすめ。

小麦肌との相性もよく、開放的な気分になるこれからの季節にはハッピーなオレンジリップがぴったりですね♪

リップで作る春メイク:大人っぽ狙いなら断然、「ダークカラー」

可愛いは卒業、大人メイクにシフトするならボルドーなどダークカラーのリップがおすすめ。こっくりした深みカラーは、リップ1本で大人顔を作ってくれます。

ダークレッドのリップはそれだけで存在感大。大人の色気だけでなく、お洒落さを兼ね備えた優秀カラーです。アースカラーやモノトーンなコーディネートに合わせたら、よく映えるはず。

濃い色味が気になる人は、まずは薄付きにぽんぽんと指でなじませて取り入れてみてくださいね。しっかりと輪郭を取って塗れば、主役級の大人リップの完成です!

リップで作る春メイク:永遠の憧れリップ、「レッド」

ワンランク上に引き上げてくれるような上品な赤リップは、女性の永遠の憧れですよね。肌に合う赤リップはお顔の印象を華やかにして女性らしく魅せてくれます。

とはいえ、パキッとした赤リップは注目を集めるカラー。普段使いで取り入れるのは少しハードルが高く感じる人が多いかもしれません。そんな人は、薄付きなシアーのレッドリップやグロスから取り入れるのがおすすめ。

ファンデーションもアイメイクもばっちり、プラス赤リップはパーティーシーンにぴったりですが、デイリー使いで赤リップを取り入れるならリップ以外をナチュラルにして垢抜け感を出すと派手顔になりすぎずに取り入れやすいですよ。

真っ赤な正当派レッドも良いけれど、ピンクレッドやコーラルレッドなど、自分に似合う赤を探してみてくださいね♡

リップで作る春メイク:ピュアなイメージそのままに、「クリア」

イノセントなイメージを作りたいなら、クリアリップがおすすめ。

色素が薄い人は、クリアグロスだけだと血色が悪く映ってしまうので、薄付きのピンクや赤をベースに軽めに乗せると良いですよ。

お家デートや、薄メイク好きの彼とのデートなら、クリアリップでピュアな表情を作り出すのが正解。濡れ感が程よくセクシーさを演出するため、子どもっぽすぎないナチュラルな唇に仕上がります♡

いかがでしたか?
シーン毎にリップの色を変えて、春の花々のように色んな表情を楽しんでくださいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

― 広告 ―