「急に老けたかも!?」うっかり出てきた《肌のくすみ》改善法5つ

「急に老けたかも!?」うっかり出てきた《肌のくすみ》改善法5つ

BEAUTY

美肌を目指す女性にとって、肌のくすみは天敵ですね!
くすみがあると、なんだか元気がないように見えたり、老けて見えたりするでしょう……。

顔のくすみを改善する方法はあるのでしょうか?早速ご紹介します!

顔のトーンが上がらず、くすみに悩んでいる……

若い時は、肌のくすみって何?と、自分には無縁なことだと思っていましたよね。

しかし、25歳を過ぎた頃、鏡に映った自分の顔を見て、何かが違う!とショックを受けた経験はありませんか?

10代や20代前半は、自分の肌もいつか衰えてくるかも……とは考えず、思いっきり日焼けをしたり、日焼け後もアフターケアをしなかったりと、安易に考えていましたね。

「10年後後悔するわよ!」と母親から注意を受けていたとしても、その当時は、その言葉のありがたみに気づけないものです。

肌のくすみは、メイクでごまかそうと思っても、メイク自体のノリが悪くなって、うまく隠せません。

そこで「どうしたら良いの!?」と困っている方に、まずは顔のくすみの原因をご紹介します。

顔のくすみの種類と原因①乾燥によるくすみ

一言に肌のくすみと言っても、様々な種類や原因があります。

まずは、乾燥によるくすみについて見ていきましょう。

肌の表面は、紫外線などの刺激を中に通さないよう、バリアしています。
しかし、乾燥して肌が潤っていない状態では、このバリアの働きが悪くなるんですね。

そのため、肌が乾燥すると、様々なトラブルが引き起こされるのです。
くすみもそのひとつ。
早急に対処しないと、肌がどんどん弱ってしまい、くすみがひどくなる可能性もあります。

肌の乾燥によるくすみを改善するためには、保湿が大切になります!

化粧水でたっぷりと肌に潤いを与えてから、乳液を使用し、保湿クリームを塗りましょう。
顔のベタつきや油分が気になって、すぐに拭き取ってしまう方もいますよね。
しかし、ある程度の油分は肌に潤いを与えてくれるので、乾燥の季節には救世主と思い、過度に取り除かないようにしましょう。

また、洗顔をする際には、優しく丁寧に洗うように心掛けてください。

さらに、冬場は寒いからといって、熱いお湯で洗いがちですが、これも乾燥を招きます。
ぬるま湯か冷たい水で洗うようにしましょう!

顔のくすみの種類と原因②メラニンによるくすみ

続いて、メラニンによる肌のくすみについてご紹介します。

メラニンという言葉は、美容に敏感な方なら、既にご存知かもしれませんね。

メラニンとは一体、何なのでしょうか?

メラニンは、紫外線による肌のダメージによって作られるものです。
肌のターンオーバーが正常な場合、古い角質と一緒に排出されるのですが、肌のダメージが大きい場合にはターンオーバーが追いつかず、メラニンによるくすみが目立ってしまいます。

また、メラニンはくすみだけでなく、シミの原因にもなります。
女性はもちろん、男性も注意が必要です。

メラニンによる肌のくすみを改善するなら、原因となる紫外線をカットすることが大切です。
日焼け止めを有効活用したり、ビタミンをたっぷり摂ったりすると良いでしょう♡

顔のくすみの種類と原因③黄ぐすみ

出典:gentosha-go.com

次に、黄ぐすみについてご紹介します。

そもそも“黄ぐすみ”という名称を初めて聞いた方も多いでしょう。

これは、皮膚のタンパク質が脂質の分解物と合わさり、黄色く変性することによって発生します。
カルボニル化したタンパク質は、黄色くなるんです。
つまり、このカルボニル化こそが、黄ぐすみの原因なんですね。

肌の天敵であるカルボニル化は、紫外線によるダメージやタバコ、栄養バランスの乱れ、さらにはストレスなどによって起こり、シワやたるみも併せて引き起こすそう。
また、加齢も関係するようなので、年齢に負けないよう、肌ケアをしたいですね。

黄ぐすみを改善するには、保湿がとても大切です。
そして、バランスの良い食事、ストレスを溜めない生活、禁煙、適度な運動など、基本的なことの積み重ねが重要になってくるでしょう。
生活習慣自体を見直していきたいですね。

顔のくすみの種類と原因④汚れによるくすみ

肌の汚れとくすみの関係についてもご説明します。

毎日洗顔をしている場合、肌は汚れていないと思いがちに……。
でも実際は、知らず知らずのうちに、汚れが蓄積されているんですね。

最近の化粧品はとても優れていて、朝した化粧を一日中キープできるものや、ウォータープルーフ機能のあるマスカラ、アイライナーが販売されていますね。
このような化粧品は、普段は女性の強い味方です。

しかし、化粧を落とす際には、敵に変化すると言えなくもないでしょう。

化粧崩れしにくいということは、洗顔する際にも落ちにくいということなのです。

そのため、肌の汚れによるくすみを改善するには、肌を傷めないように優しく、けれども
念入りに、確実に化粧を落とすことが大切なんですね。

少しでも汚れが蓄積されることによって、くすみを作り出してしまうので、毎日コツコツと美肌になるよう目指しましょう!

顔のくすみ改善法①食生活に気をつける

ここからは、顔のくすみを改善する方法についてご説明します。

顔のくすみに限らず、肌や身体に不調がある場合、真っ先に気を付けるべきことはやはり食生活ですね。

食生活を見直すことで、肌が綺麗になるだけでなく、ダイエット効果にも期待できるでしょう。
この機会に、身体の内側から美しくなりませんか?

では、肌のくすみ改善におすすめの食材をご紹介します。

■ビタミンC……
美肌のためには必須の栄養素と言えるでしょう。
ブロッコリー、パプリカ、キャベツなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

■タンパク質……
肌を美しく保つだけでなく、ダイエットにおいても強い味方と言えそうです。
魚、卵、牛乳、納豆、豆腐などに多く含まれています。

■鉄分……
毎月生理を迎える女性にとっては、なくてはならない成分です。
レバー、まぐろ、ひじき、あさりなどの食材に多く含まれています。

このような栄養素を積極的に摂り、内側からあふれる美しさを手に入れましょう!

顔のくすみ改善法②顔の体操をする

顔のくすみを改善するためには、顔の体操も効果的なんだとか!

ヨガなど、身体を動かす体操に取り組んでいる方は多いと思いますが、顔の体操はついつい後回しにしがち。
誰にでも簡単にできるので、まずは実際にやってみましょう♪

■顔の体操方法
①口の中に軽く空気を入れて、口を閉じます。
②左右の頬を交互にふくらませてください。

これだけで、顔の体操になるんです!
慣れてきたら、その空気を上下にも動かしてみましょう。

さらに動かすスピードを上げていけば、より高い効果が得られるそうです。

顔の体操には、くすみの原因となる血行不良を改善する効果もあるよう。
日課にしてみてはいかがですか?

また、顔の筋肉は、他の部位に比べて、意識しないとあまり動かさない部分です。
物を噛む時に大きく口を動かしたり、笑う時にしっかりと口角を上げてみたりと、日頃から意識して動かすようにしましょう♪

顔のくすみ改善法③紫外線対策をする

顔のくすみを改善する方法として、紫外線対策も大切です。

数年前に大流行した、ガングロブームを覚えていますか?
当時はとにかく色が黒いことが良しとされ、人気でした。

肌を黒く焼くために日焼けサロンに通っている方も多くいましたが、今では美白がブームになり、当時ほどは日焼けサロンもあまり見かけなくなりましたね。

夏は紫外線が強いので、ケアしている方が多いでしょう。
しかし実は、最も紫外線の強い時期は、5月頃といわれています。

くすみ予防だけでなく、美肌を保つために、常に日焼け止め効果のある保湿クリームなどを使用しましょう。

室内にいても窓から紫外線は入ってくるので、UVカットの窓ガラスやカーテンなどに変えると良いですね。

顔のくすみ改善法④エステに通う

顔のくすみを改善する方法として、思い切ってエステへ通うことも良いかもしれません。

困った時にはやはり、その道のプロにお願いするのが1番ですよね。
では、顔のくすみを改善するためには、どのようなエステに行くのが良いのでしょうか。

肌の悩み、中でも顔の悩みを解決してくれるのは、フェイシャルエステです。

フェイシャルエステでは、美白のための施術を中心に行うでしょう。
美白エステを行うことで、くすみも徐々に改善されるかもしれません。

美白エステでは、丁寧なクレンジングを行い、自分ではなかなか届かない毛穴の奥の汚れまで取り除いてくれるでしょう。

そして、肌に合った保湿ケアをしてくれるので、美白エステがくすみの緩和につながるとされています。

エステティシャンは、肌に関するプロ。
施術中に、毎日の肌ケア方法を尋ねてみるのも良いかもしれませんね♪

顔のくすみ改善法⑤美容外科クリニックへ相談する

顔のくすみの改善策として、最後にご紹介するのが、美容クリニックへ相談する方法です。

先程ご紹介したエステと違うことは、美容クリニックは医療機関であるということ。
免許を持った医師がいるというメリットがあるんですね。

クリニックによって、おすすめの治療法や使用する機器などに違いがあるので、自分に合った美容クリニックを見つけてみてください!

◆湘南美容外科クリニック
250万件以上もの症例数を誇るクリニックです。
医師による無料カウンセリングが受けられるため、まずは相談してみてはいかがでしょうか?

◆品川スキンクリニック 美容皮フ科
北海道から九州まで展開するクリニックです。
一部の院では20時まで営業しているため、通いやすさも魅力ですね。

肌のくすみは、知らず知らずのうちに蓄積されているので、早い段階でケアすることが大切です。
くすみは、シミやそばかすほど目立たないので、ついつい見落としてしまいがち。
手遅れになる前に、くすみ対策も万全にしていきましょう!♡