至近距離戦に備えて!正しいムダ毛処理とおすすめアイテム7選

Cover image: www.braun.jp

女性が女性らしくあるために、日々のムダ毛処理は欠かせませんよね。
指や腕、脚など、あらゆるところから生えてくるので、自分で日常的に行っている女性も多いのではないでしょうか。

しかし間違った自己処理は肌トラブルを招いてしまうので、正しいムダ毛処理方法とおすすめアイテムをご紹介いたします。

正しいムダ毛処理は行えている?おすすめのアイテムってあるの?

ムダ毛は、女性らしさとしての魅力を半減させてしまいます。
そのため、日常的にムダ毛処理をしている女性も多いですよね。

しかし、この自己処理が間違っていると、肌を美しく見せるどころか、肌トラブルを招いてしまうこともあります。
自己処理をしたあとに「ヒリヒリする」「カミソリの歯で肌を切ってしまった」などの経験をしたことがあるのではないでしょうか。

まさにこれは間違ったムダ毛処理をしているからかもしれません。
肌への負担はとても大きくなるので、色素沈着や黒ずみの原因になってしまうことも……。
そこで今回は、正しいムダ毛処理方法とおすすめアイテムをご紹介させていただきます。

肌の露出が増える夏や、至近距離に備えてキレイな肌へ整えていきましょう。

おすすめのアイテムの前に、正しいムダ毛処理の基本ルールをチェック

正しいムダ毛処理の基本ルールといて、次のポイントが挙げられます。
①剃る前は、専用のシェービングクリームやシェービングフォームを使う
②毛の流れに逆らって剃らないよう、どのパーツも毛の流れに沿って動かす
③剃ったあとはアフターケアも忘れずに、乳液やクリームなどで保湿を徹底する


毛の流れに逆らって剃ってしまう女性も多いようですが、「腕や足は上から下へ」というように必ず毛の流れに沿って動かしてくださいね。
また、アフターケアをする際、肌が炎症を起こしている場合は冷たいタオルで冷やしましょう。

・カミソリを使ってムダ毛処理をするときのポイント
カミソリを使う場合、まずカミソリの刃が古くないか確認してから行いましょう。
古いものや切れ味の悪いカミソリを使うと、必要以上の肌へ負担をかけることになってしまうので注意が必要です。
また、複数の刃がついたものはしっかり剃ることができますが、肌への負担も大きくなるので、自分に合ったカミソリを選ぶようにしてみてください。

・電気シェーバーを使ってムダ毛処理をするときのポイント
電気シェーバーは、肌に刃が直接当たることが少ないので、カミソリよりも肌への刺激が少ないことが特徴です。
水洗いできる防水タイプの電気シェーバーだと清潔に使用できるので、選ぶときは水洗いできるものか確認してみるといいでしょう。
剃り心地や剃ってからの持ちは、カミソリのほうが上だといわれていますが、カミソリ負けしやすい女性や敏感な肌の女性は電気シェーバーを使ってみてください。

正しいムダ毛処理におすすめのアイテム①ヴィート センシティブ・タッチ™

www.veet.jp

最初にご紹介する、正しいムダ毛処理におすすめのアイテムは、Veet(ヴィート)のヴィート センシティブ・タッチ™
こちらは、一本で顔だけでなくビキニゾーンも簡単にお手入れをすることができますよ。

肌に刃が直接当たらないので、カミソリよりもパワーは劣りますが敏感な肌やビキニゾーンを優しくケアできますよ。

付属のヘッドを付け替えるだけで、長さなどを変えることができるので、思い通りのお手入れをしやすいことも人気の秘訣。
旅行などで持ち歩くときにも便利です。

Veet ヴィート センシティブ・タッチ™

¥2,490

販売サイトをチェック

正しいムダ毛処理におすすめのアイテム②シルク・エピル・レディーシェーバー

www.braun.jp

BRAUN(ブラウン)のシルク・エピル・レディーシェーバーは、水洗いができるのでいつでも清潔な状態でお手入れをすることができる電池式シェーバー!
こちらも正しいムダ毛処理におすすめのアイテムです。

ムダ毛処理だけでなく、角質も除去してくれるので、くすみのないスベスベ肌を目指すことができますよ。

少し重さを感じるので持ち歩きには向いていないかもしれませんが、肌にしっかり密着してくれるのでキレイに自己処理することができます。
そして、手に取りやすい価格であることもおすすめのポイントです。

BRAUN シルク・エピル・レディーシェーバー

¥1,718

販売サイトをチェック

正しいムダ毛処理におすすめのアイテム③キャミ剃~る

www.kai-group.com

手が届きにくい背中は、正しいムダ毛処理をするのも一苦労……。
肌への安全面を考えると、家族やパートナー、サロンなどで行ってもらうことが一番ですが、「やってくれる人がいない!」というのであれば、貝印(かいじるし)のキャミ剃~るがおすすめです。

襟元から肩甲骨くらいまで自己処理できる20cmのハンドルがついている、背中専用のカミソリなんですよ。

見えない背中のためにガード付き刃になっているので、安心して剃ることができそう!
背中のアフターケアも徹底したいので、スプレータイプの化粧水などを使って保湿していきましょう。

貝印 キャミ剃~る

¥486

販売サイトをチェック

正しいムダ毛処理におすすめのアイテム④ハイドロシルク トリムスタイル

www.amazon.co.jp

続いてご紹介する、正しいムダ毛処理におすすめのアイテムは、Schick(シック)のハイドロシルク トリムスタイルです。
こちらは、ボディとビキニラインのケアを行えるボディ用シェーバーと、ビキニライン用トリマーが一本になっているアイテム!

ボディ用シェーバーは、ヒアルロン酸とセラミドを配合のモイスチャー美容ジェル付きの5枚刃で、剃ったあとは肌がしっとりします。
また、刃の一枚一枚についた独自のスキンガードが、肌への負担を減らしてくれるので、5枚刃でしっかり剃りながらも、肌を守ってくれるところが特長です。

ビキニライン用トリマーは、カットする長さを4段階に調節することができ、毛の流れに沿ってなでるように動かすだけで、簡単にお手入れすることができますよ♪
浴室でも使えるウォータープルーフ設計なのもおすすめのポイントです。

Schick ハイドロシルク トリムスタイル

¥954

販売サイトをチェック

正しいムダ毛処理におすすめのアイテム⑤ジレット ヴィーナス エンブレイス スナップ

www.amazon.co.jp

普段お手入れをしっかりしていても、外に出てから「ムダ毛処理をするの忘れた!」という経験をしたことはありませんか?
そんなピンチのときにぴったりなのが、VENUS(ヴィーナス)のジレット ヴィーナス エンブレイス スナップ
こちらも正しいムダ毛処理におすすめのアイテムです。

ミニサイズであり、持ち運びに便利なケース付きなので、バッグに入れておくだけでムダ毛処理のし忘れをカバーしてくれます。

また、ミニサイズでありながら、5枚刃なのでしっかり剃ることも可能!
前後に動く丸型ヘッドなので、膝などの剃りにくい部分にもしっかりフィットしてくれますよ。

VENUS ジレット ヴィーナス エンブレイス スナップ

¥852

販売サイトをチェック

正しいムダ毛処理におすすめのアイテム⑥バスタイム専用 除毛クリーム

www.amazon.co.jp

続いてご紹介する、正しいムダ毛処理におすすめのアイテムは、Veet(ヴィート)のバスタイム専用 除毛クリーム
こちらは、クリームを塗ってから5分ほど経ったあとにスポンジで洗い流すだけで、簡単に除毛することができるアイテムです。
しっかり密着するクリームなので、短いムダ毛もキレイに処理することができますよ。

また、クリームには水に流れにくい成分が含まれていることも特徴。
塗った後に水がかかっても除毛効果が続くんですよ。

敏感肌用なので、カミソリで肌がヒリヒリしやすい女性におすすめです。

Veet バスタイム専用 除毛クリーム

¥861

販売サイトをチェック

正しいムダ毛処理におすすめのアイテム⑦ハイドロシルク シェービングジェル

www.amazon.co.jp

正しいムダ毛処理をする上で欠かせないものが、刃の滑りをよくするためのシェービング専用アイテムです。
そこでおすすめなのが、Schick(シック)のハイドロシルク シェービングジェル

うるおい成分であるWヒアルロン酸を配合していて、肌本来の水分を保ってくれるので、剃ったあとの肌のうるおいをキープしてくれることが特徴です。

敏感肌にも優しいシェービングジェルなので、ムダ毛処理もスムーズに行うことができますよ。

Schick ハイドロシルク シェービングジェル

¥578

販売サイトをチェック
正しいムダ毛の自己処理方法とおすすめアイテムをご紹介させていただきました。
ムダ毛処理をする際は、パーツ別に合ったアイテムを使うことがおすすめです。
そしてアフターケアも忘れずに行い、肌の保護を徹底していきましょう。

【関連記事】クリニックで安心安全に脱毛しよう♪医師が医療脱毛をおすすめする理由

夏までに脱毛したいけど、クリニックとエステサロンどっちがいいんだろう?医療脱毛より低価...

ムダ毛処理 正しい おすすめ アイテム 至近距離戦

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる