今のワタシに足りない要素をゲット!「30日チャレンジ」のススメ

LIFESTYLE

2016年も残すところあと1ヶ月ほどとなりました。
「来年はなにをしよう?」なんて、新しい手帳を見ながら目標を立てるのも素晴らしいことですが、残り30日で目標のひとつやふたつ叶えられます♪

目標を叶えられる!30日チャレンジは計画が立てやすいので管理しやすい♪

30日チャレンジには、さまざまなメリットがあります。

30日って長いようで短いですよね。つまり、30日と期間を決めて短期集中目標を立てると、計画が立てやすいので管理がしやすいのです。

また、期間が短いので、飽きずに実行できるでしょう。なにかにチャレンジし続ける期間として最適といえます!

目標を叶えられる!30日チャレンジをすると習慣化するキッカケをつかめる♪

30日チャレンジをすると、大きな成果を得ることができなかったとしても、目に見える小さな成果を得られるでしょう。「収穫ゼロ」ということはないので、期待感が高まります。

こうなると「もう1ヶ月続けてみようかな」という気持ちが湧くでしょう。
30日チャレンジをすると、習慣化するキッカケをつかめるのです♪

目標を叶えられる!30日チャレンジをし続けると、成功をさまたげているものが見つかる♪

今年1年、心身ともにボロボロになった出来事もあったのではないでしょうか?

ひとつ例を挙げると、新しい仕事の作業に取りかかると、慣れないこと続きで毎日がプチパニックの連続ですよね。こうなると職場にイライラしてしまいそう……。

けれども30日もすると、少し慣れてきますよね。仕事や恋愛、さまざまな悩みは30日あれば解決したり、少しはマシになることが大半なのです。

30日チャレンジをすると、自分の思考や行動パターンを知ることができます。
これがわかると、自分で悩みや問題をわざわざ大きくしてしまうのを防げます。

つまり、30日間チャレンジをし続けると、成功をさまたげているものが見つかるのです。

目標を叶えられる!30日チャレンジをすると決めたら“できる限り小さく”始める♪

なにかに挑戦するときの悩みのひとつが、どうやって時間を確保するか。

学校や会社に毎日のように足を運び、さらにその他のことに1時間費やすのは難しいですよね……。

30日チャレンジをすると決めたら「毎日数分」と、できる限り小さく始めることをオススメします。気合いを入れすぎると続きません!

1日15分×30日間続ければ、ひと月450分確保できます。7時間半費やせば、変化が現れるでしょう。

なりたい自分に近づける!30日チャレンジの例♪

最後に30日チャレンジの例をいくつかご紹介しますね。

現代人にピッタリなのがFacebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)の使用時間を減らす「SNS断捨離」。

1日の使用時間を5分だけと決めたり、アプリを削除すると、有意義な時間が生まれるので新たなチャレンジにつながりそうです。穴埋めをする感覚を持ち、生まれた時間に読書をしてみてください!

他にも、「毎日違うおかずを入れたお弁当を作る」、「30日間今まであまり話さなかった人に話しかける」のもいいですね。

また、「生活リズムを変えるキッカケ」にもなりそうです。
今から始めれば、1ヶ月後の自分は今より1時間早く起きているかもしれません。
30日チャレンジをすると、自分を今より好きになれそうですね♡

30日チャレンジをすれば、成果だけでなく継続力を得ます。
2016年中に、なりたい自分にとって必要な要素をひとつ身につけておきましょう♪