何が正解?どんなダイエット法にも共通する「3つの大原則」とは

BEAUTY

世の中には様々なダイエット方法があります。
一見、不健康かと思われるダイエット法もありますし、極端なものもありますよね。
そこで、混乱している現代のダイエット方法に共通する大原則をご紹介します。

世のダイエットには共通点がある!

「○○だけダイエット」「パレオダイエット」「1日1食ダイエット」など、星の数ほどあるのではないかというダイエット方法。
どのダイエットが正しいのか、健康的に痩せられるのか、リバウンドしないのか……?

私たちが求めているのはそれだけなのに、結局もっとも良いダイエットがどれなのかは誰も教えてくれません。専門家の中でも賛否両論、物議を醸しているダイエット方法もあったりします。

そこで今回は、あらゆるダイエットに共通する大原則をまとめてみることにしました!
基本的なことですが、どのダイエット方法もこれらの大原則は必ず含まれているんです♡

どんなダイエット法にも共通する3つの大原則① 糖質オフは基本!甘いものを断つ

糖質、つまり砂糖の摂取については、量こそ専門家の中で意見が分かれていますが、体にいいと言っている人は誰もいないそう。

砂糖はカロリーがあるだけで栄養素は何も含まれておらず、体内で中性脂肪と悪玉コレステロールが増えるだけ。同じカロリーをとるなら、一見ダイエットに向いていないハンバーガーを食べたほうが、栄養素は高いんだとか。

コーラ1缶で1日の糖質摂取量の8割を優に超えてしまうので、糖質にはかなり注意したほうが良さそうです!

どんなダイエット法にも共通する3つの大原則② 加工食品アウト!トランス脂肪酸

技術の進歩で増えてきた加工食品。ですが、必ずしも私たち人間の体に良いものではないことは誰もがわかることですよね。

もちろんダイエットにも不向きです。加工食品には「トランス脂肪酸」というものが含まれています。トランス脂肪酸は自然界に存在しているものと、存在していない人工的なものの二つに分けられています。

自然界に存在しているものは、人間の体に害はなく、有益だとする専門家もいるほど。
ではダイエット中には、何を気をつければ良いのでしょうか?

まずは揚げ物、ドーナッツやカップケーキなど油を使うもの、ジャンクフードに気をつけましょう。これらはトランス脂肪酸を含んでいるので注意が必要です!

どんなダイエット法にも共通する3つの大原則③ 足りてないよ!野菜を食べる

ダイエット中は、かぼちゃやさつまいもなどの甘い野菜と、イモ類外の野菜をもっと食べましょう。ダイエットをしている人たちは、思っている以上に野菜を食べていません。

野菜はビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれており、デトックス効果が高いのです。砂糖やトランス脂肪酸などで汚れてしまった体をクリーンにしてくれるんですよ♪

野菜を食べるなというダイエットは、まず聞いたことがありません。食べ過ぎによって不健康になったり、肥満になることもないんです。

お腹が空いたら野菜を食べる。これくらい単純に考えてもいいのかもしれませんね♡

この大原則を知っていれば、今後どんなダイエット法を目にしたとしても自己判断がしやすくなるのではないでしょうか。
むしろこの3つを守っているだけでも、ダイエットには十分効果的ですよ♡