目が離せない!表参道・原宿ポップコーン戦争がアツい!

LIFESTYLE

今どこのショップも行列を作るポップコーン屋さんですが、続々とニューオープンする話題のポップコーンショップを皆さんは知ってますか? 表参道・原宿に限らず注目のポップコーンショップをまとめました!

火付け役?ギャレットポップコーン

www.facebook.com

 1949年米国シカゴ発の創業以来3年代に渡る秘伝のレシピから生まれた伝統のGarrett popcorn(ギャレットポップコーン)。
ギャレットファミリーのレシピ品評会で最初に生まれた、独特の風味とカリカリ感が特徴のキャラメルクリスプの誕生からほどなく、試行錯誤の末生まれたのが、濃厚チェダーチーズの「チーズコーン」。
 その後「それぞれのフレーバーもおいしいけれど、ミックスすると最高!」というお客様の声から、人気の2大フレーバーをミックスする「シカゴ ミックス」が誕生し、現在の大人気フレーバーとなりました。そこから多くのハリウッドセレブからも愛され、人気海外ドラマのワンシーンでも登場する様に☆
 現在全世界28店舗展開し、“世界のベスト ポップコーン”と称され、遂に2013年2月原宿・表参道に日本初上陸したのです☆

ククルザポップコーン

www.japantimes.co.jp

シアトルで生まれたちょっぴり贅沢、高級思考なククルザポップコーン。
米国シアトルに誕生したKuKuRuZa popcorn(ククルザポップコーン)は、全米でグルメなポップコーンとして愛されています。
 36種類のフレーバーと、オーナーの「世界最高のグルメポップコーンを作りたい!」という信念から、数々の独創的なレシピを生み出し、今までにない価値を持ち、洗練され、オリジナリティー溢れるポップコーンが誕生したのです。
 ブルーチーズやトリュフなど、お酒とも相性の良いフレーバーは大人まで楽しめ、グルメなポップコーンの印象です☆
独創的なフレーバーに誰もが一度は試したくなりますよね!
因にこの特徴的なネーミング”KuKuRuZa”は、創業者の奥様がロシア系米国人だったことから、ロシア語でコーンという意味の由来だそう(^ω^)

他店と差別化?ドックポップコーン

こちらは2014年5月31日にオープンし、まだ上陸して間もないポップコーンブランド、dock popcorn(ドックポップコーン)。
 現在のポップコーンショップでひと味違う点が、「自然派食材」にこだわる高品質フレーバー。 最近ではオーガニックやロハス、身体にこだわる食材が注目されだし、歴史もまだ浅く、2003年コロラド州デンバーで生まれたポップコーンブランドですが、既に世界3か国88店舗を展開し、5月アジア初出店の店舗が東急プラザ表参道原宿の裏通りにオープンしました!
 一体自然派ポップコーンとはどういったものかというと、人口着色料や甘味料、グルタミン酸フリーで、コーンオイルで揚げているためトランス脂肪酸もゼロというもの!これは安心して子供も頂けますよね!
 そしてフレーバーは全8種類のフレーバーでシンプルなテイストは勿論のこと、シナモン大好きシナモンスター(自重)の私が注目しているのはアップルとシナモンが香る「アップルクリスプ」!
この新しい自然派フレッシュポップコーンに私も興味津々です♩

自家製ポップコーン? 人気ポップコーンは表参道・原宿外にも?

 これまで3ブランド紹介してきて、私も最初の2つのショップは食べてきているのですが、実はおうちで簡単に作ったりもしてます^ω^
でもやっぱり今注目の人気ポップコーンショップのポップコーンのかりかり食感やオリジナルのテイストは真似出来ないので、ついつい買ってしまいます♩
 最近この他にも、注目しているのがHillValley(ヒルバレーポップコーン)。こちらはポップコーン激戦区表参道・原宿ではなく、一号店は中目黒ですが、こちらも行列をつくる人気ポップコーンショップとなっています。
 ヒルバレーは従来のオイルポップされたものでなく、空気で弾けさせるエアーポップが特徴的で、脂肪分がほぼなく良質なタンパク質に食物繊維を含み、ヘルシーさが売りでもあるポップコーンなのです。
そしてヒルバレーは日本に8店舗も展開され、六本木・恵比寿・広尾・中目黒だけでなく神戸にも展開されてるので足を運びやすいブランドです☆

更に5月にオープンしたドックポップコーンにより、日本での空前のポップコーンブームをさらに加速させそうですね!
手軽につまめるし、これだけ種類があったら、飽きないですね!皆さんはどこのポップコーンがおすすめですか?^^