背中にブツブツができてしまう原因とは?改善方法で美肌を目指そう♡

BEAUTY

背中が開いた服を着る時に気になるのが背中のブツブツ。
そんな状況を改善するには原因と対処方法を知ることが重要!
気になる背中のブツブツの原因と対処方法を詳しく解説します。

背中のブツブツとは?発生メカニズムを知ろう!

背中のブツブツは種類が様々ですが、主に背中にできるニキビのことを指します。

背中は元々皮脂腺が多く、毛が太いため、顔の毛穴以上に詰まりやすくなっています。
そのため、背中の毛穴に汚れが溜まってしまうと、皮脂をエサとする雑菌が繁殖。
さらに衣服や下着の擦れにより、角質が硬くなって毛穴がふさがってしまい、背中にブツブツができてしまうんです。

では実際にはどんなことが原因になっているのでしょうか……?

背中のブツブツができてしまう原因①シャンプーやリンスのすすぎ残し

女性の場合、シャンプーやリンス、トリートメントなど多くのヘアケア用品を使っていることが多いですよね。

髪は気をつけてしっかり洗い流している方が多い一方で、見えづらい背中はシャンプーやリンスが残ったままというケースが多々あります。
また、ボディソープがきちんと洗い流せず、背中のブツブツの原因になっている場合も。

特に洗った後に背中を触ってぬるぬるしていたら、流せていない可能性が大!
知らず知らずのうちに汚れた背中で過ごしていることになり、毛穴が詰まってブツブツができてしまいます。

背中のブツブツができてしまう原因②不規則な睡眠リズム

顔と同じように、背中のブツブツも睡眠と深い関係があります。

ついついスマホをいじって夜更かしをしたり、眠る時間がバラバラになったりしている場合は注意しましょう。
不規則な睡眠リズムを繰り返していると、ホルモンバランスに乱れが生じます。

ホルモンバランスが乱れてしまった場合、交感神経の働きが活発に!
その結果、男性ホルモンが増え、皮脂をより多く出すようになります。

結果、皮脂が増えたことにより毛穴が詰まりやすくなるため、背中にブツブツができる原因になってしまうのです。

背中のブツブツができてしまう原因③洗いすぎやこすりすぎによる乾燥

体をゴシゴシ洗うのが気持ちよくて、固めのボディブラシやスポンジで強くこすっているなら要注意!

体をこすりすぎることで肌を傷つけ、乾燥させてしまっている可能性があります。
特に泡立ちが良く、洗浄力の強いボディソープは必要な皮脂まで洗い流してしまっている場合が。

また、お風呂上りにタオルでゴシゴシ拭いていませんか?
タオルでこすることでさらに皮膚が傷つき、乾燥してしまいます。

カサカサに乾燥してしまった肌は、必要な皮脂を補おうと皮脂を過剰に分泌します。
過剰に分泌された皮脂は毛穴詰まりを起こし、背中のブツブツができる原因となってしまうのです。

背中のブツブツができてしまう原因④パジャマやシーツが汚れている

背中のブツブツの原因として主に取り上げられているのが、カビや雑菌による炎症です。
パジャマやシーツをこまめに取り換えていない場合、カビや雑菌が繁殖してしまっている場合が。

人は寝ている間、知らないうちに大量の汗をかいてるので、パジャマやシーツには思った以上に汚れが溜まりがちです。
そんな汗による湿気や皮脂汚れはカビや雑菌の大好物!

パジャマやシーツに汗や皮脂が染み込んだまま放置してしまうと、カビや雑菌が毛穴に入り込んで繁殖し、炎症を引き起こしてしまいます。

背中のブツブツができてしまう原因⑤糖分や炭水化物の取りすぎ

砂糖が多く含まれているお菓子や、パンといった炭水化物は血糖値を上昇させ、体の中で分解されるとご存知でしたか?

これらの食品は炎症やホルモンバランスの乱れを引き起こしやすいため、背中のブツブツの原因となってしまうことがあります。

特にケーキなどの白いお菓子は大量の砂糖が使用されています。
ちょっとしたご褒美として頻繁に食べるという方は、注意が必要ですよ。

背中のブツブツができてしまう原因⑥化学繊維の服を着ている

ポリエステルやナイロン、アクリルといった化学繊維を多く使用した服を頻繁に着ている場合は、背中のブツブツの原因となっている可能性あり。

化学繊維とは、綿や羊毛といった天然の繊維とは違い、科学的に合成や加工を施して作った繊維を指します。

とりわけ石油を原料とするアクリルやポリエステルの割合が多い洋服は、摩擦によって静電気が発生しやすく、肌に刺激を与えてしまいます。
その結果、肌を守る機能が低下し、背中にブツブツを発生させてしまいます。

特に肌が弱い方の場合、刺激を受けやすいので気を付けて!
手持ちの服や下着の素材は何かタグを見てチェックするといいですね。

背中のブツブツができてしまう原因⑦脂っこい食事が好き

たっぷり油を使った揚げ物や、脂肪分の多いお肉など、脂っこい食事メニューが大好きという方は多いですよね。
特に外食で提供される食事は、脂肪分の多いメニューが多いので、ついつい脂質を取りすぎてしまいます。

たまに食べる程度なら問題ありませんが、頻繁に食べているという場合は注意が必要!
脂質の多い食事は皮脂腺を刺激し、皮脂を過剰に分泌させてしまうからです。

皮脂が過剰に分泌され続けると、毛穴詰まりを引き起こし、背中にブツブツができてしまう原因になってしまいますよ。

背中のブツブツができてしまう原因⑧ストレスが溜まっている

仕事や友人、恋愛など様々な理由でストレスを溜め込んでいませんか?
気持ちを上手に切り替えられている場合は心配ありませんが、いつまでも思い出してイライラしている場合は気をつけましょう。

睡眠不足と同様に、ストレスが溜まると交感神経の働きが活発に。
交感神経は男性ホルモンを分泌させるので、皮脂が余分に分泌されてしまいます。

さらに、ストレスが溜まると質の良い睡眠が難しくなり、ひたすら皮脂が分泌される悪循環に陥る可能性が!
ストレスが溜まっていると感じる場合、自分の置かれている環境を見直しましょう♪

背中のブツブツができてしまう原因⑨背中に紫外線を多く浴びている

暖かい季節に注意したいのが、紫外線による肌バリア機能の低下です。

特に夏場は背中が大きく開いた服や水着など、背中を紫外線にさらす機会が多いですよね。
ですが、紫外線を浴び続けてしまうと、活性酸素によって肌のバリア機能が低下してしまいます。

さらに日焼けによる乾燥が原因で、肌のコンディションは最悪な状況に!
紫外線の多い季節には、羽織り物や日焼け止めを使って、背中の紫外線ケアも心がけるようにしてください♡

背中のブツブツを改善する方法

背中のブツブツを改善するには、背中を優しく洗って、しっかりすすぎ、雑菌が繁殖しないように清潔に保つことが大切ですよ。
清潔にした後は、ローションや乳液で肌のコンディションを高めるといいですね♡

また、肌に直接触れる衣服やシーツはこまめに洗濯し、綿100%など自然素材でできたものを使うようにしましょう♪
特に夏場の場合は、パジャマは毎日、シーツは2日に1回は交換するようにします。

そして、肌のバリア機能を高め、ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活とバランスの良い食事が欠かせません。
まずは毎日決まった時間に寝て起きる生活からスタートしてください。
食事も1日3食きちんと摂取し、偏りのない食事を心がけるようにしましょう。

このように規則正しい生活や、丁寧な背中ケアを心がけることで改善が期待できます。
それでも調子が悪い場合は、皮膚科など医療機関を受診するようにしてください。

背中のブツブツができてしまう原因と、改善方法について解説しました。
顔と違って見えづらく、お手入れしづらい背中のブツブツですが、原因と対処法を知ることで改善が期待できます。
今回お伝えした内容を参考に原因を探り、美しい背中を手に入れましょう♪