カフェ街・清澄白河!おでかけは東京現代美術館がおすすめ

LIFESTYLE

清澄白河はカフェ街としても有名ですが、そこにある東京美術館の中にもカフェがあることを御存知ですか?
今回は東京現代美術館の魅力と、併設するミュージアムカフェの御紹介を致します。

池波美妃
池波美妃
2015.08.21

清澄白河のおすすめ、カフェもある東京現代美術館って?

出典:www.mot-art-museum.jp

東京現代美術館は、1995年3月18日に開館した、現代美術専門の公立美術館です。

東京都美術館が収集してきた、現代美術コレクションを中心としており、日本の戦後美術の歴史を見ることができる、国内有数のコレクションを所持していておすすめです!
基本理念である「現代」と「美術」を結ぶ「開かれた美術館」を実現するために、国内外問わず、広い視野での展覧会を開催しています。

東京現代美術館の常設展はもちろん、特別展もチェックしてみてくださいね!カフェも併設されていて、お出かけにピッタリ。

清澄白河のカフェもある東京現代美術館、おすすめコレクションについて

出典:www.interior-joho.com

東京都現代美術館のコレクションは、1926年に開館した東京府美術館の時代までさかのぼることになります。
そこから東京都美術館へと活動が移され、現在の東京都現代美術館が開館するまでの間に、収蔵された約3000点にも及ぶ美術品を受け継ぎました。

現在では若手作家の作品など幅広く収集し、約4800点のコレクションを収蔵しています。
代表的なおすすめは、アンディ・ウォーホールのマリリン・モンローの版画等です!

東京都現代美術館の常設展は1年を3~4期にわけて、ユニークなテーマの展示がされています。常設展だけでも十分に楽しめますよ。
では、次は東京都現代美術館に併設されているカフェについて、ご紹介します!

東京現代美術館に併設されている、個性的なおすすめミュージアムカフェ

出典:stat.ameba.jp

忘れてはいけないのが、東京都現代美術館に併設しているカフェです。
その名もCàfê Hai(カフェ・ハイ)。

ベトナム料理が中心のアジアン・テイスト溢れるカフェとなっています。おすすめカフェメニューは、ベトナムコーヒーとベトナムプリン。
コーヒーは全く酸味のない、コクのあるコーヒーです。
プリンはカラメルにベトナムコーヒーが使われている、ちょっぴり苦めの大人のためのプリンです。

カフェメニューだけでなく、フードメニューもありますので、東京都現代美術館で現代美術を鑑賞した後は、こちらのカフェでベトナムの雰囲気に浸ってみるのもおすすめです!

東京現代美術館はカフェだけでなく、レストランも素敵でおすすめ!

東京現代美術館でカフェではなく、しっかり食べたいという方におすすめなのが、地下にある「content restaurant (コントン レストラン)」です。

日本で独自に発展した洋食メニューに、現代の西洋の技術を融合させた「現代洋食」のお店です!
店内のベーカリーでは、焼き立ての酵母パンを販売していて、おすすめです。

また、エディブルガーデンも併設しており、味はもちろんですが、視覚的にも楽しむことができる東京現代美術館のレストランです。

【東京現代美術館】
開館時間◆10:00〜18:00
2015/7/24~9/25の期間中は金曜日は21:00まで開館します。
*入場は閉館の30分前まで
休館日(2015年3月 - 2016年5月まで)
◆月曜日(5/4、7/20、9/21、10/12、11/23、2016/1/11、3/21は開館。)
5/7、6/29~7/17、7/21、9/24、10/13~11/6、11/24、12/28~2016/1/1、1/12、2/15~3/4、3/22
観覧料◆展覧会ごとによって異なります。公式HPよりご確認ください。

東京現代美術館 公式HP

清澄白河にある、東京現代美術館の魅力とミュージアムカフェについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
東京現代美術館で芸術を堪能したあとは、カフェでその余韻に浸りつつ、ゆったりとした時間を過ごすのがおすすめです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。