松たか子さん主演!大ヒット映画『告白』の見どころとは

LIFESTYLE

探偵と一緒に謎を解いていくミステリーではなく、少しぞっとするミステリーが観たいという方にお勧めなのがこの映画『告白』!
ミステリーが観たい時にぜひご覧になってはいかがですか?

映画『告白』の原作は湊かなえさんのベストセラー

出典:www.amazon.co.jp

原作はミステリー作家・湊かなえさんのデビュー作である『告白』。

監督は、中島哲也監督(他作品「嫌われ松子の一生」等)がメガホンを取りました。
松たかこさん主演で2010年6月5日に公開されました。

少年犯罪やイジメ等ショッキングな描写が多く、R15+の指定を受けていますが、第34回日本アカデミー賞で最優秀作品賞等3部門で賞を受賞した映画です。

『告白』/湊かなえ

¥669

販売サイトをチェック

映画『告白』のあらすじ

この映画は、松たかこさん演じる中学教師・森口悠子の「告白」から始まります。

森口悠子は一人娘を持つ未婚のシングルマザー。
その最愛の一人娘を自分の担任するクラスの生徒から殺されてしまいます。

そして、春休み前の終業式のHRの時間に「命」と題して、教壇にて自分が教師を辞める意志と娘を殺した事件の犯人に復讐したと告げる、ミステリー映画です。

映画『告白』の見どころ①▷複数の告白から構成された物語

映画『告白』に引き込まれる理由のひとつとして、主人公はもちろん、複数の登場人物たちによる告白によって物語が展開していくことがあげられます。

ストーリーはミステリーなので、多数の登場人物がでてきますが、主軸のストーリーがきちんとしている為、告白する人物が変わっても大変観やすい映画です。

また、告白する人物たちの心理描写等も細かく描かれているので大変理解しやすいです。

登場人物に感情移入するのではなく、あくまで松たかこさんをはじめとする、登場人物たちの告白を聞く第三者の視点として観れる映画となっています。

映画『告白』の見どころ②▷松たか子さんの母親としての演技に引き込まれる

出典:eiga.com

主人公森口悠子を演じる松たか子さんの演技力もまた映画の魅力の一つです。

教師という聖職者の立場を捨て、一人の母親として、犯人である自分の生徒に対して復讐をとげようとするその姿は無情で儚く、母親の子供への愛を感じる場面でもあります。

「命」の大切さを説く教師の仮面をつけながらも、無表情に淡々と告白していく彼女の中には、言い知れぬ怒りや悲しみ、そして娘への愛情が深く渦巻いていることが分かります。

また、中学校が舞台であるため、生徒たちの思春期特有の感受性豊かで潔癖さと集団心理の表現力も高い映画です。

犯人は主人公の「告白」により、映画の前半部にて分かってしまうのですが、その後の犯人を知った生徒たちの心理模様と、松たか子さんが演じる主人公がどのような復讐を果たすのか…?是非映画『告白』を観てご確認ください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。