唇を薄くするトレーニング方法とは?分厚いのがコンプレックスな人必見

唇を薄くするトレーニング方法とは?分厚いのがコンプレックスな人必見

BEAUTY

唇は、セクシーな印象を与えるポイントのひとつ。
その唇にコンプレックスを持っていたら、おしゃれも楽しみづらいですよね。

分厚すぎる唇をなんとかしたい……果たして対処方法はあるのでしょうか?
今回は、唇を薄くする方法をご紹介します♪

厚い唇はセクシー!……でも、厚すぎると重たい。唇を薄くする方法ってあるの?

唇、それは女性にとって、自分の魅力をアピールする重要なパーツです。
セクシーな唇に魅了される男性も多いはず!

一方で、唇にコンプレックスを抱いている女性も多くいるそうです。
分厚い唇が目立つ、たらこ唇であることに恥ずかしさを覚え、人前で笑顔を作れないと悩んでいる人も少なくないそうです。

確かに口元は、他人と話している時に最も見られているパーツの一つですよね。
口元が美しかったり、笑うと白い歯がこぼれたりすると、好印象を覚えるものです。
人の第一印象を左右するということですね。

唇が分厚い、あるいは重そうに見えると、自信を失う人もいるでしょう。
人よりも自分の唇が大きすぎるのではないかと、比べてしまうことも……。

でも、あまり思い悩む必要はありません。
唇が分厚くても、そう見せないテクニックや方法があるのです!
なかには、毎日のお手入れによって、分厚さを改善できるかもしれませんよ。

唇を薄くする方法を知って、自分に合ったケアをしていきましょう!

まずは、唇が厚くなる理由を探っていきます。

唇を薄くする方法の前に、唇が厚くなる理由をチェック①歯並びが悪い

分厚い唇と歯並びには関係があるのでしょうか?

実は、歯並びと唇や口の形には、多少なりとも関係があるといえるでしょう。

例えば、出っ歯の人、八重歯が出ている人は、唇が口の内側から押されるために、口先が尖ったような形に見えます。
横から見ると、おちょぼ口に見えたり、下唇がふっくらとして見えたりすることも……。

歯並びを矯正するという方法で、唇自体が薄くなるということはありません。
でも、顎の形や口の骨格が矯正されるため、唇もバランスが良くなるといわれています。

唇を薄くする方法の前に、唇が厚くなる理由をチェック②筋肉の衰え

唇が野暮ったく、だらしなく見えて、コンプレックスであると感じる人は、顔の筋肉の衰えが原因である可能性も考えられます。

口元、口角の筋肉、唇や頬の筋肉は、年齢とともに緩み、重力に逆らえずに垂れてきます。
これは体の他の部位にも同じことがいえますね。

こうなることで、顔全体がたるんで見え、老けこんでしまいます。
また、唇に緊張感がないことで、シワが増えたりするんだそう。

つまり、顔の筋肉を鍛えれば、口元を引き締めて唇を薄くすることができるというわけです。
小顔効果やアンチエイジング効果も期待できるので、筋トレは重要です!

一般的に知られているのは、口角トレーニング、表情筋トレーニングですよね。
ペットボトルをくわえて息を吸い込み、唇そのものをトレーニングするといった方法もありますよ。

唇を薄くする方法の前に、唇が厚くなる理由をチェック③唇を噛む癖がある

唇が分厚い人には、唇を噛む癖があるといわれています。
しかしこれは分厚いというよりは、腫れてしまったことが原因といえるようです。

貧乏ゆすりや爪を噛むことと同じように、イライラやストレスを感じた時に、無意識に唇を噛んでしまうようです。

唇を繰り返し噛むことで、腫れてしまったり、出血をしてしまったりするでしょう。
また、傷から細菌が入ると、唇が炎症を起こして、食べ物がしみるなどの痛い思いをすることも……。

唇を噛むという行為は、見た目もあまり良いものではありません。
イライラしているのかなと相手に思わせたり、子供っぽく見られてしまったりもします。

唇を薄くするためにも、唇を噛むことはできるだけ避けるという方法がおすすめですよ。
考えごとをしたり、イライラしたりした時には、自分の癖を思い出しましょう。

普段の自分の行動を振り返って、無意識に行っていることを直すよう努力したいですね。

唇を薄くする方法①トレーニングをする

唇を薄くするためには、口角トレーニングがおすすめです。
唇の筋肉、口角、そして表情筋の筋肉を鍛えることで、顔全体のたるみの改善を目指します。

トレーニングは朝晩、5分でできる簡単なものばかり!
鏡に向かって、筋肉がしっかり動いているかチェックをしながら行うと良いですよ。

まずは思い切り、口の中に空気を入れて唇を閉じましょう。
その空気を左右の頬に交互に含み、数秒キープします。
頬の筋肉が伸びて、ピリピリするのを感じるかもしれません。

また口を閉じて、上唇と下唇を丸め込むように閉じ、唇の色が白くなるほど硬く閉じます。
この時、歯を立てないように気をつけましょう。
唇を傷つけてしまう可能性がありますよ。
硬く閉じたら、一気に口を開けて、今度は口角を思い切り引き上げて数秒キープします。

これらのトレーニングは、唇が潤っていてる状態で行うようにしてください。
唇がカサカサした状態で行うと、乾燥によって切れて出血することもあるので注意が必要です。

最後に、意外と知られていないのが、舌のトレーニングです。
舌の筋肉を動かすことで、顔全体の血行が良くなるのです。

こちらも方法は簡単です。
大きく口を開けて、舌を思い切り突き出すだけです。

さらに、顔を上に向けて、舌を突き出す方法もあります。
これによってフェイスラインをスッキリさせることもでき、二重の効果を期待できるでしょう♪

唇を薄くする方法②呼吸方法を整える

唇の筋肉や表情筋の緩みが、唇を分厚く見せているケースもあるんだとか。

また口周りが緩む原因として、呼吸法も関係しているようですよ。

口呼吸を行っている人は、常に口が開いた状態でしょう。
筋肉に緊張がありません。
意識的な改善が必要ですが、鼻呼吸に変えるようにしたいですね。

鼻呼吸にはメリットが多くあります。
まず、鼻毛が外の埃や菌をシャットアウトしてくれます。
また口呼吸よりも多くの酸素が取り入れられ、血流も良くなるんだそう!

さらに、口を閉じていることで口角が緊張し、引き締まった状態になるのです。
引き締まった状態が続くことで、唇を薄くする効果を期待できますよ。
小顔を保ちたい人、唇を薄くしたい人は、呼吸方法を口呼吸から鼻呼吸に変えましょう♪

唇を薄くする方法③メイクで薄く見せる

ふっくらとした唇は、セクシーな女性を演出するといいますよね。
でも、分厚すぎて悩んでいる人もいます。
やはりバランスも大事ですよね!

あまりに分厚かったり、大きかったりすると、コンプレックスに感じるものです。
そうした唇に悩む人は、分厚い唇を薄くするメイク方法を試してみましょう♪
用意するものは、たった4アイテムです。

コンシーラー、リップライナー、そして口紅とグロスです。
コンシーラーがなければファンデーションでも代用できます。

まずはコンシーラーなどで、唇と皮膚の境を曖昧にします。
唇のピンク色を抑えるだけでも、印象が変わりますよ。

次にリップライナーで唇の輪郭をとります。

リップライナーで縁どった中を、口紅で塗ります。
リップブラシを使うと塗りやすいですね。
はみ出さずに、綺麗に塗ることができますよ。

仕上げにグロスで影をつけます。
これで立体的で、薄く見える唇に変身できますよ♡

唇を薄くする方法④唇をケア

唇が分厚くて悩んでいる人も、そうでない人も、唇のケアをしっかり行っていますか?

前述した、分厚い唇を薄くするためのトレーニングやメイク方法を行うにあたって、ガサガサの唇ではいけません。

特に冬場などの乾燥する時期には、保湿のお手入れは必須です。
笑うだけで唇が切れる……といった状況は避けたいものですよね。

また、唇は皮膚と同様、紫外線に弱いのです。
リップクリームもUVカットを施したアイテムを選びましょう。

寝る前、そしてお風呂上りなどにリップクリームをしっかり塗って保湿しましょう。
それでも乾燥するようなら、乳液やクリームを塗った後、ラップで唇を覆い、数分置いてケアをすると良いですよ。
これにより保湿液が唇に浸透し、翌日にはふっくらしっとりとした、ピンク色の唇になるそうですよ♪
ぜひ試してみてください。

唇を薄くする方法⑤歯を矯正する

出っ歯や八重歯のせいで、口先が尖って見えることに悩む人には、歯科矯正という方法もおすすめです。

歯科矯正は、特別な器具を歯に装着し、時間をかけて歯を理想の形に矯正していく治療方法ですよね。

処置方法や治療が完了するまでの時間は、個人差があり、費用も安くはないでしょう。
治療をはじめる前に、事前にしっかり確認することが大切です。

もちろん、歯並びを美しくすることで、分厚い唇を薄くすることができるというわけではありません。
しかし、唇は歯の上に乗っている状態なので、形状が変わる場合もあるのです。

出っ歯や八重歯を治すことで、また、顎の矯正を行うことで、顔全体のバランスを治すことができるはず。
そうすることで、唇の大きさの形も整い、均整のとれた顔立ちになるということです。

唇を薄くする方法⑥美容クリニックで治療をする

唇を薄くするトレーニングをしても、メイクをしても、どうしても厚い唇を薄くできなくて悩むようであれば、美容クリニックなどに頼ることも一つの方法となるでしょう。

主なクリニックは、下記の通りです。

<品川美容外科>
アフターケア相談センターがあるなど、処置後の経過もしっかり見てくれる美容外科です。
北海道から沖縄まで、全国にクリニックがありますよ。

◆品川美容外科 品川本院
住所:〒108-0075 東京都港区港南2-6-3 シントミビル5F
電話番号:0120-735-900
営業時間:10:00~20:00
定休日:なし

品川美容外科

<高須クリニック>
40年の歴史に基づく信頼が、選ばれる理由であるようです。
事前にカウンセリングを行ってもらえるため、安心して利用できるでしょう。

◆高須クリニック 東京院
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館12F
電話番号:03-3587-2061
営業時間:10:00~19:00
定休日:なし

高須クリニック

クリニックで治療する場合は、施術前に入念に仕上がりや希望を相談すると良いですよ。
治療後、どの程度経過観察が必要なのか、通常通り生活ができるようになるまでにはどれくらいの時間がかかるかなど、しっかり確認しましょうね。

チャームポイントになるはずの唇は、分厚すぎるとコンプレックスになってしまうもの……。
気にして人目を避けるのではなく、自信をもって笑顔で過ごせるようにしたいですよね。
悩み続けるのではなく、分厚い唇を薄くする方法を、できることから試してみてくださいね♪