もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

1.ネガティブな感情が起きている時に彼にLINEは送らないと決める!

女性はとっても「感覚的」で「感情的」な生き物です。ポジティブなテンションとネガティブなテンションが自分のなかに生まれる時があると思いますが、ここで1つ、「ネガティブモード」の時に彼にLINEを送らないと決めると、彼はいつもアナタに返信したくなって、もっと一緒にいたくなると思います♡

「ネガティブな女がタイプ」という変わり者の男性はまずいませんからね〜。「ポジティブな女がタイプ」の男性なら沢山いると思いますが!!

この感覚・感情の波を、自分自身でコントロールできるようになると、誰でも最強メンタルになれるのです。その方法はこれからご紹介しますので、まずは、ネガティブな時は彼にLINEを送らないと心の中で決めてみてください。

実際、いつもポジティブでいる人というのは、みんな、「ポジティブな自分」でいるために日々努力をしているものなんですね〜!

2.運動→疲れる→寝る!

「ポジティブモード」に自分を転換させていく方法を次々とご紹介していきます。
鬱々した状態を手っ取り早く吹き飛ばすには「運動」がいいですね。どんな運動がいいかというのは、ご自身が楽しそうなものを選ぶといいと思いますよ。苦手なものはテンションが下がるので、やらなくていいですね(^_^;)

私の場合、ホットヨガ、ピラティス、加圧トレーニング、水泳、ダンス、など、思いついたものを片っ端からやっています!「今日のお洋服やアイシャドウはどれにしようかな〜?」って決めるみたいに、今日の運動を気分で選びます。

どうしても受け入れられないような辛いことがあった日も、運動して代謝をあげて細胞の生まれ変わりを早めて強制的に忘れるように心がけます。スマホから離れて自分のカラダや呼吸に向き合って、今まで悩んでいた古い自分を忘れてしまうのです。しかも、汗を流しながら!

運動はダイエット効果もありますし、運動して疲れるとそっちに意識が向くので、脳はネガティブな状態を覚えていられなくなるのです。「はー。運動して疲れた!何を悩んでいたのか忘れちゃったよ!」って状態にしてすぐにお家に帰って寝るのが、いいですよ(^^)

3.話を聞いてくれる男友達を持つ!

最強メンタルを手に入れるには、気分転換がうまくなることって結構大事です。運動も気分転換の1つですが、お喋りも気分転換になりますよね〜!おすすめは「話を聞いてくれる男友達」を持つことですね〜!

男性心理をここで軽くご説明すると、男性って、好意があるけどまだ口説けていない女性の話なら何時間でも聞いてくれるんですよね。口説いたあとは、なかなか聞いてくれなくなりますけど……(笑)

仮にもし口説いた後でも話をマメに聞いてくれるような人がいるとするなら、それは相当、女心を熟知している男性です。その人はきっと、過去に女性関係で失敗して痛い目に遭ってるとか、結婚に失敗した経験があるバツイチ男性とか。
そういう男性は、いつでも慎重に女性をケアする大切さを理解しているため、とても親切&丁寧です!もしくは、恋愛の比重がかなり高めの男性です。割と少数派だとおもいますよ〜!

働き盛りの彼氏が忙しくてLINEしてもあまり構ってくれないとしたら、それはもう諦めて、余裕がある男友達に話を聞いてもらったり構ってもらったほうが、女性はうまくやれると思います。話すだけだから、浮気じゃないですしね〜。彼氏に悪いなとか罪悪感を感じるとどんどん自分の視野が狭くなり、苦しくなるだけです(^_^;)

相手の為に我慢しても幸せにはなりませんから、「自分ファースト」の恋愛を覚えるといいですね!連絡は忘れたころにやってくるものです。男友達に癒しを求めてみて♡♡

4.暇つぶしが得意になる!

ポジティブな最強メンタル女子には、ある共通点があります。何だと思いますか?? 答えは「暇つぶしが得意なこと!」です(^^)

彼からLINEが返ってくるかこないかを気にしてしまう原因は「ほかにやる事がなくて暇だから気になる」状態に環境から陥ってるパターンがあります。おすすめは「既読スルーされた!」と気になってしまった瞬間、頭のスイッチを切り替えて、暇つぶしアイテムをみつけることですね〜。

それは、スマホゲームをなんとなくするとか、友達と目的もなくダラダラ遊ぶのではありません。「未来の自分をつくりそうなこと」で暇つぶしをします。
例えば、習い事をするとか。習い事は未知の世界に自分を連れていってくれて視野を広げてくれます。

料理教室に通えば料理スキルが上がっていい奥さんになれるかもしれませんし、もしかしたら将来は、料理教室を主宰する人気の先生になれるかもしれません。
英会話を習って喋れるようにしておけば突然海外に行くことになったとしても困りません。海外で働くという選択肢も持てるようになります。

きっかけは「暇つぶし」だとしても、好奇心をもって1つのことに没頭すると、想像もつかなかったような人生の展開に出会うことがあります!

そしてこれからは、「生涯学び続ける」という時代に突入していきます。私達の親世代には、安定した企業に就職したら安定した仕事があってそこそこの暮らしができて60代で定年退職するといったテンプレート的な生き方がありましたが、専門家の知人に聞いたところ、この仕事観は「あと5年」で崩壊するそうです。

そこからの時代は「パラレルキャリア」の時代に入るそうです。個人が職業や収入源を複数持つような時代で、副業も当たり前になって世の中の収入の仕組みがもっと整っていくみたいですよ〜!

ということは、これからの人生は「個人戦」になるわけです。今までは、とりあえず会社に入れば誰かがサボっていても誰かが穴埋めしてくれる「団体戦」でしたが、きっとそうはいかなくなるのです。

個人戦ですから、会社に依存できるわけではないし、他人に頼れるわけではないので、個人がコツコツと努力してきた結果が目に見えてわかるようになります。5年後、誰がみても華やかな結果を出すか、誰がみても相当ダサい感じになるかは、今からの取り組み次第だと思います\(^o^)/

「5年後に向けて私達は具体的にどんなことをしたらいいですか?」と質問したところ「情熱をみつけること」という答えが返ってきました。情熱とは、好きなこと、もしくは、苦にならないことですね!

参考までに私がしてきたことを書きます。

26歳のとき、もうこのままじゃ成長できない!と思って、人生のリセットボタンを押そうと意識を切り替えました。遊ぶ時間と働く時間を減らして、そのかわり、今までは手をつけてこなかった「読書」に没頭するようになりました。無知な自分のまま中途半端に働くよりは、本気で勉強して知識の土台をつくり世の中に詳しくなってから働いたほうが、結果を出しやすいと判断したからです。

26歳までの読書量は年間数冊といった感じでしたが、今では年間200冊ぐらい読むのが当たり前になってしまいました。それでもまだまだ、知らないことは膨大にありますが、日々の読書習慣で得た知識を自分のものにしながらこうしてコラムを書いています。

「人生楽しんでる感」が大人の女性の愛される秘訣です。それがあると追いかけなくてもちゃんと愛される女になります。既読スルーなんて気にする暇がないぐらい、真剣になにかに取り組むっていいですよ。人生を謳歌してみてください♡
次回、斎藤美海さんの恋愛コラム記事【第29弾】は、6/24(土)21時配信予定!

↓斎藤美海さんの過去の恋愛コラムはこちら!

【関連記事】いい男にずっと恋してもらう女でいるための恋愛テクニック

【斎藤美海さん恋愛コラム第1弾】現在、30歳の私ですが、20代の恋愛を通して失敗をたくさんし...


【関連記事】彼に本気になってもらいたい時に使える!裏テクニック4つ

【斎藤美海さん恋愛コラム第2弾】 今日は、彼に本気になってもらいたい時に使っているテクニ...


【関連記事】仕事と恋愛の両立に悩む女性のための処方箋

【斎藤美海さん恋愛コラム第3弾】 こんにちは、斎藤美海 (みうな) です。仕事と恋愛の両立が...


【関連記事】男性を本気にさせたくない時に使うテクニック

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第4弾】 かつて私は、恋愛がすべてだと考えていました。そ...


【関連記事】モテる男性の落とし方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第5弾】 女性のみなさんが好きな男性のタイプは結構はっき...


【関連記事】もしかして、私、遊ばれてるのかも!?と感じた時の対処法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第6弾】 実は昔、プレイボーイに遊ばれたことがあります。...


【関連記事】今年の春こそ、出会いたい♡♡好みの男性を完璧に引き寄せる方法!

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第7弾】 「出会いがない」と考えている女性は多いのではな...


【関連記事】「付き合おう」って言ってないのに関係をもってしまった!彼と真剣交際するにはどうしたらいい?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第8弾】 女性は、カラダを重ねると相手のことをより好きに...


【関連記事】20代女子が年上男性と恋愛するべき 4つの理由

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第9弾】 恋愛は個人の価値観で自由にするものですが、20代...


【関連記事】大物男性とお付き合いをする際の7ヶ条

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第10弾】 大物男性 (有名人、芸能人、政治家、スポーツ選...


【関連記事】恋愛で傷ついたとき、どうやって立ち直ればいいの?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第11弾】 恋愛がうまくいかない……失恋して傷ついて立ち直...


【関連記事】30歳以降もモテ続けるために、20代女子がすべきこと♡【準備編】

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第12弾】 20代前半女子からリクエストがあったので、この...


【関連記事】30歳以降もモテ続けるために、20代女子がすべきこと【出会い編】

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第13弾】 前回は、30歳以降もモテ続けるために、20代女子...


【関連記事】「彼は私に遊びなの?本気なの!?」アプローチの仕方からチャラ男を見抜く簡単な方法★★

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第14弾】 アプローチをされる際、男性の想いがどれだけ本...


【関連記事】賢い女子はココを見る!年収と学歴よりも大事な男選びのポイント♡

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第15弾】 「いつか王子様が迎えに来てくれる&男は年収と学...


【関連記事】自分磨きを頑張っているのに恋愛がうまくいかない理由はコレだった!

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第16弾】 自分磨きを普段から頑張っているのに、恋愛は空...


【関連記事】俺の人生に居なくなったら困ると思われる女になる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第17弾】 どんなに忙しい人でも、居なくなったら困ると思...


【関連記事】お酒の飲み方でわかる!一流いいオトコを見抜くには?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第18弾】 今回はちょっとオトナ向けの恋愛コラムです。男...


【関連記事】「働きながら女子力を高めたい♡」職場選びのポイント!

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第19弾】就活中や転職を考えている、もしくは、自分のやり...


【関連記事】絶対に愛される!可愛げあるオンナの作り方♡

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第20弾】 「オンナは愛嬌」と巷ではよく言われています。 ...


【関連記事】イイ男だと思って付き合ってみたのに実は「隠れダメ男」だった男性の特徴

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第21弾】 女性は好きな男性ができると、尽くしたくなる性...


【関連記事】大人の世界を教えてくれる♡かっこいいおじさんはどこに生息しているの?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第22弾】 近頃、若い女子がおじさんと付き合いたがってい...


【関連記事】恋愛すると間違いなくイイ女にさせてくれるイイ男の特徴。

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第23弾】 女性誌、女性向けのwebサイト、女性たちがホンネ...


【関連記事】カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読む...


【関連記事】彼氏に浮気された時、できる女はどう対処すべき?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第25弾】 愛する人に浮気をされた時、女性自身の真価が問...


【関連記事】彼とセックスレスにならずに長続きさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第26弾】 彼との関係が長く続いてくると「家族」のような...


【関連記事】猛獣男子の心を掴んで思い通りにさせない!恋愛コミュニケーション術‬

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第27弾】 先日、21歳女子の恋愛相談に乗りました。彼女に...

既読スルー メンタル 方法 最強

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

斎藤美海

斎藤美海 (さいとう みうな)
セラピスト・コラムニスト

読者の皆様
いつも…

>もっとみる