結婚には向いてないかも。見た目は真面目そうでも「デキない男」は苦労する!

パッと見た印象は真面目そうだし、優しいし、異常なし!
そう思っても、実際に付き合っていく中で「異常」は発見されるものです。

そのまま焦って結婚の話を進める前に、一度立ち止まって考えてみましょう。
今回は、真面目で優しくても結婚すると苦労する、「デキない男」の特徴をご紹介いたします。

結婚すると苦労する、デキない男の特徴①男らしくない!

どんなに真面目で優しくて良い人でも、男らしさが欠けていると、かなり頼りない!
ちょっと重たい荷物を背負わせるだけで不機嫌になったり、体力がなさすぎて引いてしまったりなどと、男らしさが欠落している男性っていますよね。

反対に男らしさがありすぎても、がつがつしすぎて落ち着かない……ということもあるでしょう。
なので、ちょうどいいバランスの人と出会うのが理想的ですよね。

どんなに真面目で優しくても、変質者が襲ってきたときに自分が盾になるくらいのガッツがあってほしいものです。
そうでないと、生涯のパートナーとしては成立しないかも……。

結婚すると苦労する、デキない男の特徴②決断力がない

「転職する」と言い出して、早くも3年。
その間に後輩達は次々と希望の転職席へ就職をして去っていくのに、彼はまったくなにもかも変わろうとする気配がない……。
そんな彼なら、どんなに優しくても、結婚後に苦労するかもしれませんよ。

決断力や行動力がない人と一緒にいても、切磋琢磨というより、いかに相手に歩調を合わせていくかが課題となり、そのうち限界を迎えるでしょう。

小さなことですが、例えば食事をするとき、メニューを広げても中々食べたい物を決めきれない男性は、決断力が乏しいといっても過言ではないはず。
いざというときに決断できない人ほどかっこ悪くみえるものはありませんよね。

結婚すると苦労する、デキない男の特徴③自分を棚に上げて上から目線

上から目線であっても、結果をだしている人から言われたら、納得できるし勉強になりますよね。
しかし肝心の彼はというと、結果もださず、ただ上から目線で物事を話してくるだけ……。

もしくは、自分のこだわりやルールを彼女に押し付けてばかりで、きっと心の中では女は従うのが当然と思っている部分さえあるかもしれません。

本人は結果もださずに中途半端な生活を送っているのに、「男らしさ」と履き違えて上から目線で指示をしてくる彼の言うことなんて聞く必要はありません。
あまりにもルールを押し付けてくるなら、もっと本当の意味で仕事がデキる人と付き合ったほうが良いでしょう!

結婚すると苦労する、デキない男の特徴④有言実行できない

かっこいい目標を公言していても、結果をだせない、区切りをつけられない人は、生涯のパートナーとしてふさわしくありません。

例えば転職をすると決めたなら、いつまでに就職する。
仕事が落ち着いたら一緒に部屋を探すと決めていたなら、その通りに動く。
など、口で言うだけで行動が伴わない彼なら、有言実行タイプの男性を探し、その人と一緒に人生を歩んだ方が失敗せずに済むでしょう。

結果を出せない男性は、彼女のあなたが仕事の成功話をした途端に、不機嫌になることだってあります。
早めに関係を解消しておくことがおすすめです。
いかがでしたか?

真面目さと優しさだけで花丸をつけるのは、考えが甘いかも。
心のどこかで、彼に対して違和感を覚えているなら、一度立ち止まってよく考えましょう。

そのまま無理やり彼と結婚するよりも、時間がかかっても理想の男性を追い求めたほうが、最終的には今よりももっともっとハッピーになっているはず♡

【関連記事】出世できる男とできない男の大きな違いとは

結婚を考えたときに、彼の収入がいくらなのかは大事なポイントですよね。今はお金がなくても...

デキない 特徴

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる