ワタシたちの体の秘密。女性ホルモンと美容の重大な関係性とは

女性の美容や健康に大きく関係してものが、女性ホルモンです。
雑誌やテレビなどでも、「女性ホルモンが重要!」などといわれているので、よく見聞きする女性も多いのではないでしょうか。

しかし実際のところは「女性ホルモンが何でそんなに重要視されているの?」と詳しく分かっていない女性も多いのではないでしょう。
そこで今回は、女性の美容や健康と女性ホルモンの関係性についてご紹介いたします。

美容と関係する、女性ホルモンとは?

人間の体内には、ホルモンと呼ばれるものが50種類以上存在するのですが、その中でも美容に関係するといわれている「女性ホルモン」とは、一体どんなホルモンなのでしょうか。
女性ホルモンとは、“女性特有の体型や身体のリズムを司るホルモンのこと”です。

女性の卵巣から分泌されるホルモンで、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があるのだそう。

女性ホルモンの役割は、月経を起こすことで、妊娠を助けて維持することだといわれています。
この2種類のホルモンの働きによって約25~30日周期の月経サイクルが生まれ、妊娠するための準備が繰り返されているんですよ。

ですが、女性ホルモンの働きはそれだけではありません。
女性の身体や心は女性ホルモンによって大きく左右されるほど深い関係性があるそう。
なので、エストロゲンとプロゲステロンの働きをもう少し深く見ていきましょう。

女性ホルモンと美容の関係性▶エストロゲン(卵胞ホルモン)

それぞれの女性ホルモンがどんな働きをして美容と関係しているのか、まずはエストロゲン(卵胞ホルモン)から見てみましょう。

<エストロゲン(卵胞ホルモン)の主な働き>
・コラーゲンの産生を促し、肌のうるおいを保つ
・健康な髪を育み、艶やかにする
・代謝を促し、肥満を予防する
・善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす
・自律神経を安定させ、気分を明るくする
・記憶力を高める
・血管や骨、関節、脳を強くする

これらのことから女性ホルモンであるエストロゲンは、“女性らしさを作る”といわれています。
エストロゲンの分泌量が一番増えるのは生理後から排卵日前まで、代謝を促す働きがあることから「エストロゲンが多い時期は、ダイエットに最適である」といわれているんですよ。

女性ホルモンと美容の関係性▶プロゲステロン(黄体ホルモン)

次にプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きを見ていきましょう。

<プロゲステロン(黄体ホルモン)の主な働き>
・正常な月経周期を保つ
・子宮内膜や子宮筋の働きを調節する
・乳腺を発育させてバストアップをサポートする
・身体を維持するために水分や栄養を溜め込む作用がある
・イライラする、憂うつになる、眠くなる、食欲を促す
・血糖値を正常に整える

女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が多いのは月経前なので、イライラや食欲を感じると「もうそろそろくるのかな」と察することができる女性も多いのではないでしょうか。
エストロゲンと比べてしまうとマイナスなイメージが強くなってしまうかもしれませんが、“妊娠に関係するホルモン”で、重要な役割を担っているので、美容と関係する欠かせないホルモンなんですよ。

女性ホルモンが乱れたり減少したりするとどんな症状が表れるの?

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があってこその女性ホルモンなので、どちらも女性にとって欠かせないものです。
「美容に嬉しい効果が期待できるエストロゲンを増やせばいいのでは?」と思ってしまうかもしれませんが、過剰になりすぎると乳がんや子宮体ガンのリスクが高まるといわれています。

重要なのは、“女性ホルモンのバランスを乱さないこと”です。
女性ホルモンが乱れたり減少したりすると、下記のような症状が見られます。

・生理不順
・生理痛
・PMS(生理前症候群)
・不正出血
・不妊
・肌荒れなどの肌トラブル
・抜け毛や薄毛
・自律神経失調症
・更年期障害


さまざまな悪影響を招いてしまうので、「どちらかを増やす、減らす」というよりバランスを整える生活習慣を心がけて、上手な関係を保つことが大切なのだそう。

女性ホルモンのバランスを整える方法①良質な睡眠をとる

女性ホルモンのバランスを整えるためには、良質な睡眠をとることが大切です。
女性の睡眠メカニズムは、ホルモンの影響を受けやすくなっているといわれており、睡眠中は成長ホルモンなどの様々なホルモンが分泌されているそう。

特に、入眠してから3時間後にホルモンが分泌されやすいといわれているので、そのときには深い眠りについていることがポイントです。
寝る直前まで飲食をしたり、布団に入ってからもスマホを使ったりしていませんか?
これでは睡眠時間が十分に取れていても、脳が休まっていないので「しっかり寝ているのに疲れが取れてない」というような状況になってしまいます。

美容の為にも、寝る1時間ほど前には自分のリラックスできる状態を作り、スマホやパソコンの使用は避けましょう。
そしてなるべく決まった時間に就寝、起床するようにして生活リズムを整えてください。

女性ホルモンのバランスを整える方法②ストレスを発散する

女性ホルモンを含むホルモンバランスが乱れる原因として、真っ先に挙げられているのがストレスです。
ストレス社会とも言われている現代では、ストレスを抱えている女性は少なくありません。
ストレスが原因で、美容面でも肌が荒れてしまうなどのトラブルになることもありますよね。

仕事のことや人間関係のことなど、いろいろな壁にぶつかるのは避けては通れないこと。
しかし、そのまま抱え込んでしまうと身体にも心にもよくないので、定期的にストレスを発散していきましょう。

発散方法は自分に合ったものを見つけることがポイントです。
ひたすら趣味に没頭したり、友達とダラダラ喋ったり、美味しいものを食べたり……。
そうして発散できれば、「また一週間頑張ろう!」と思えますよね。

また、笑うことや深呼吸をすることはストレス解消に関係しているだけでなく、免疫力も高めてくれるといわれていますよ!

女性ホルモンのバランスを整える方法③ゆっくり湯船に浸かる

「冷えは万病のもと」といわれているように、体が冷えると女性ホルモンにも悪影響を及ぼすのだそう。
女性ホルモンの分泌を指令するホルモンは、脳から卵巣まで血液に乗って運ばれているので、冷えによって血行が悪くなってしまうと届けるまでに時間がかかってしまうのです。
なので、ゆっくり湯船に浸かって体を温め、女性ホルモンのバランスを守りましょう。

忙しさや面倒くささからシャワーのみで済ませてはいませんか?
シャワーだけだと身体の表面は温まっても、芯から温まっているわけではないので、却って身体を冷やしてしまうこともあります。

10分でもいいので、湯船にゆっくり使って全身を温めましょう。
また、入浴はストレス解消や美容にも効果的だといわれていますよ。

女性ホルモンのバランスを整える方法④軽い運動を取り入れる

適度な運動は、女性ホルモンのバランスを整え、美容に効果があるそうです。
適度に運動を取り入れることはストレス解消にもなりますし、睡眠の質を高めることもできます。
さらに身体も温まるので、全身のめぐりがよくなるんです♪

普段からあまり歩かない女性やデスクワークの女性は、積極的に身体を動かしていきましょう。
一日30分ほどのウォーキングが好ましいですが、継続できなければ意味がないので、日常生活で取り入れることができる運動を試してみてください。

・エスカレーターやエレベーターではなく、階段を使う
・目的地のひとつ前の駅やバス停で降りて歩く
・お手洗いは少し遠いところを使う
・モップでお掃除をするよりも、雑巾がけを行う
など、動くことを意識するようにしてみてください。

女性ホルモンのバランスを整える方法⑤食生活を見直す

女性ホルモンのバランスを整える為には、食生活を整えることが大切です。
ジャンクフードや加工食品、脂っこいものなどを中心にした偏った食生活は、ホルモンバランスを乱すだけでなく、肥満の原因にもなります。
また、食べすぎではなく、無理な食事制限によるダイエットも非常に危険です。

一日3食、栄養バランスの取れた食生活を心がけましょう。
亜鉛や葉酸など、普段の食生活では摂取しにくい栄養素がある場合は、サプリメントを活用することもおすすめです。

また、豆乳やお豆腐などの大豆製品に含まれているイソフラボンには、女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)に似た働きをしてくれるといわれています。
美容に嬉しい効果が期待できるので、バランスのとれた食生活を第一に、大豆製品も積極的に摂るようにしてみてください。
女性の美容や健康と女性ホルモンの関係性についてご紹介させていただきました。
女性ホルモンがいかに重要であるのか、分かっていただけたのではないでしょうか。
日々の生活を意識しながら生理周期を把握することで、美容や健康に役立てることができるので、女性ホルモンを上手にコントロールしていきましょう。

【関連記事】よく耳にする「女性ホルモン」の謎……徹底解明!

日々万全な体調で生活をおくることができれば良いのですが、女性である以上女性ホルモンから...

女性ホルモン 美容 関係

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる