脱・彼氏依存症!一人の女性として自立するための4つの方法

LOVE

「付き合っている彼のことが好きすぎてどうしようもない!」 
こんな気持ちになるまで他人のことを愛せるというのは、とっても素敵なことです。
でも、その気持ちが強すぎて「もう彼なしでは生きていけない!」
とまで思い込んでしまう女性も多いようです。
これでは、彼に依存しているだけ。
一人の女性として自立しながらも彼を愛することが恋愛の掟です。

脱・彼氏依存症①「趣味を見つけること」

編み物出典:www.shutterstock.com

「いつも彼のことを考えてしまう」
そんな人は、きっと彼以外に夢中になるものに出会っていないからでしょう。
だから余った時間を彼に費やしてしまうのです。

彼のことを想うことはとても素敵なことですが、あまりにエスカレートすると彼から「重い女」と見なされてしまいます。

彼がいなくても人生が楽しめるよう、自分が夢中になれる趣味を見つけましょう。

好奇心がかき立てられるものにトライしてみるのも良いし、友達と一緒に始めれば楽しさも倍増しますよ! 

脱・彼氏依存症②「携帯の電源をOFFにすること」

「彼からメールが返ってこない……」恋する乙女にはありがちなこの気持ち。

確かに大好きな彼からの連絡が嬉しいのは分かります。

でも、彼にも仕事や趣味など自分の都合があるのだから、彼女の都合に合わせて連絡を返すのは難しいのが現状です。
だから、連絡が来なくて悲しくなっても仕方がないことなのです。
きっとたまたま返信が遅くなっているだけです。

そうは分かっていても、やっぱり彼からの連絡を気にしてしまうという人は、一定時間携帯の電源をOFFにしてみましょう。

例えば、ショッピングをしている間、友達と会っている間、仕事をしている間など。

OFFにすれば連絡がきてもこなくても分からなくなるので、いちいち携帯の画面を見るという行為をしなくて済みます。

脱・彼氏依存症③「彼に期待をしすぎないこと」

「もしかしたら仕事休みの彼からごはんに誘われるかも?」
「今日の夜は電話してくれるかも!」
と、想像力豊かな女性は頭の中で考えがち。

彼への希望が叶ったときのことを想像し、楽しい気持ちになるのは女性あるあるです。
でも、悲しいことにこれは妄想でしかありません。

彼への勝手な期待で喜怒哀楽していては、疲れてしまいますよね。

“彼への期待はほどほどに”
この意識を心がけておくと、自分のペースを守ることができます。

脱・彼氏依存症④「彼への過度な好きアピールをしないこと」

「好き」「愛してる」と彼に伝えることはとても大切なことですが、彼に毎日この気持ちを伝えているという人は要注意です。

彼に過度な好きアピールをしていると、だんだんと脳が彼で洗脳されていき、気付けば頭の中は彼でいっぱいに。

これが彼氏依存症への第一歩です。
そうならないためにも、彼への好きアピールは控えた方が良いでしょう。

それに、「好き」や「愛してる」などの愛の言葉はたまに伝えるからこそ奥ゆかしく、相手の心に響くものです。

付き合っている彼に対し、愛する気持ちを抱くことはとっても素敵なことです。
でも、あまりにこの気持ちがエスカレートしてしまうと、あなたがあなたでなくなってしまいます。
一人の女性として自立しながら彼を愛しましょう♡