簡単にできる!「写ルンです」でフォトジェニックな写真を撮るコツ

LIFESTYLE

一昔前なら、カメラといえばこれ!といわれていた「写ルンです」。
スマホやデジカメの登場で、しばらく影を潜めていたものの、最近おしゃれな写真が撮れると女子の間で再ブームが到来しています。
Instagram(インスタグラム)でも目を引く、人とはちょっと違った「写ルンです」の写真、どうやったらフォトジェニックに撮れるのか、コツをご紹介します♡

「写ルンです」でフォトジェニックな写真を撮るコツ①自撮りはできるだけギュッと寄る

スマホやデジカメのように、構図などを確認できない“写ルンです”。
自撮りや集合写真を撮る際には、フレームから外れないようにするために、ぎゅっと集まるといいでしょう。

とはいえ、あえてランダムに顔が半分だけ写っているものも面白いので実はおすすめ。
臨場感があって、作りすぎていない空気感が出るのが“写ルンです”写真の魅力です。

しっかり写したい時には、ぎゅっと寄る。
空気感を出したい時には複数枚をパシャパシャ撮る。

この使い分けがフォトジェニックな写真を撮るコツとなります♪

ボケ・ブレを防ぐために、カメラから被写体までの距離は1〜2m程度がベストと覚えておきましょう。

「写ルンです」でフォトジェニックな写真を撮るコツ②光を入れるなら「下から」撮る

柔らかな光を捉えられるのが、“写ルンです”などを使って撮影するフィルム写真のいいところです。
その良さを活かすために、あえて逆光気味で撮影するのもおすすめです。

例えば、自撮りでも空を背景に下からあおり気味で撮ると、後ろからの光がいい感じに入りこんでくれますよ。

とはいえ、ライトや太陽を真正面から撮ると画面が真っ白になってしまうので、ちょっと光が入るかな?くらいがフォトジェニックな写真を撮るコツです♪

「写ルンです」でフォトジェニックな写真を撮るコツ③フラッシュを使うとモードに!

Instagram(インスタグラム)では渡辺直美(わたなべなおみ)さんなど芸能人も“写ルンです”を使った写真を数多く投稿されています。

モード雑誌のようなパキッとした印象の写真を撮る時のコツは、“写ルンです”のフラッシュを使うと、フォトジェニックになりますよ♪

「写ルンです」でフォトジェニックな写真を撮るコツ④何気ない風景写真は自然体で

旅先の風景写真などを撮る際には、歩く目線から撮影してみるのもおすすめです。

デジカメで撮ったような細かいところまで映り込む鮮明な写真は難しいものの、フォトジェニックな風景写真なら“写ルンです”の良さがでます。

気軽にパシャりと構図などを気にせずに撮るくらいが、雰囲気のある写真のコツです♪

撮り直しがきかないからこそ面白く、現像するまでがドキドキの“写ルンです”。
フィルムカメラは面白そうだけど、ハードルが高いと思っている方にもおすすめです。
ちょっとしたコツを押さえて、一味違うフォトジェニックな写真を撮影してみましょう♪