アゴが痛い理由が判明!女性の「歯ぎしり」に対策法はあるの?

寝ている間の出来事で、自分ではなかなか気が付きにくい"歯ぎしり"。

歯ぎしりが続くと歯が削れてしまったり、頭痛や肩こりの原因になったりするため、対策をしたいもの。

そこで、自分でも簡単にチェックできる方法や、対策をご紹介します!

目次

歯ぎしりとは?

歯ぎしりは睡眠中に起こるので、自分ではなかなか気が付きにくいかもしれませんね。
しかし、翌朝の疲れや歯が削れるなどの異変で、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

また、家族から教えてもらうこともあり、「自分が歯ぎしりをしていたの?」なんて思うと、少しショックですよね。

なぜ人は歯ぎしりをしてしまうのか、詳しい原因はまだ分かっていません。
ですが、遺伝や喫煙、カフェイン摂取、飲酒、ストレスなどが関係しているといわれているんです。

さらに歯ぎしりは、眠りの浅い時に起こることが分かっています。
人は、浅い眠りと深い眠りを交互に繰り返しており、深い眠りの時は、筋肉の働きが抑制されています。

ですが浅い眠りになると抑制されていた頬の筋肉が動くため、歯ぎしりに繋がるのではと考えられているそうです。

歯ぎしりは別名、ブラキシズム(口腔内悪習慣)と呼ばれているそう。
歯周病の悪化や顎関節症、無呼吸症候群の原因にもなるので、早めの対策が重要になってきます。

まずは歯ぎしりしているかセルフチェックをしよう!

まだ歯ぎしりに気付いていない方は、自分に当てはまる点を見つけて、チェックしてみましょう。

①起きた時にあごが疲れている・ダルさがある。
②歯が擦れて欠けている・ヒビが入っている。
③運転中などの集中時に、無意識に歯を噛み締めている。
④冷たいものを飲んだり食べたりすると歯がしみる。
⑤肩こりがひどい。
⑥頭痛に悩まされている。
⑦耳の下からあごがこる。
⑧口を閉じた時に、上下の奥歯がくっつく。
⑨頬の内側や舌に、歯型がある。
⑩歯や歯ぐきが痛むことがある。

一つでも当てはまるものがあれば、歯ぎしりをしている可能性があります。
気付かずに歯ぎしりをしている方は、口や体をどんどん痛めてしまうので、「自分は歯ぎしりをしているのか」をまずは知っておくことが大切です。

女性の歯ぎしり対策方法①枕を高くしない

眠りの浅い時に起こる歯ぎしりを対策するなら、まずは眠りの質を高くすることがおすすめです。

注目すべきは、枕です。
枕が自分に合っていないと眠りが浅くなり、疲れがとれません。

枕の理想的なサイズを選ぶ基準は、仰向けになった時と立っている時のまっすぐな姿勢が同じ状態にであることです。

枕が高いと、気道が狭くなり、いびきの原因になってしまいます。
それだけでなく、頭痛や首肩こりなどの影響が出てしまうんですよ。

低めの枕が無い時は、バスタオルなどを細長く巻いて、代用することもできます。
今では高さ調節のできる枕もあるので、高い枕で慣れてしまっていた方は、徐々に低い枕へ慣らしていきながら調節してみてください。

枕が変わっただけで、眠りの質が良くなり、身体への負担も軽くなるでしょう。
深い眠りで疲れを癒やし、目覚めの良い朝を実感してみてはいかがでしょうか?

女性の歯ぎしり対策方法②うつ伏せで寝ない

寝る時の体勢を見直すことも、歯ぎしり対策の一つとして挙げられています。
ポイントは、低い枕で仰向けになって寝ることです。

中には、うつ伏せ寝や横向きのまま寝てしまう方も多いのではないでしょうか。

寝やすさもあるので自然とその体勢になってしまうこともあると思いますが、うつ伏せ寝や横向きの体勢で寝てしまうと、あごの関節にかなりの負担がかかってしまい、歯ぎしりの原因になってしまうんです。

そのため、寝る時は仰向けを意識するようにしてみてください。
首の付け根に枕がくるように仰向けになることで、頭が少し上を向くので口が開きやすくなり、歯ぎしりが軽減されるそうです。

女性の歯ぎしり対策方法③お酒の飲み過ぎは禁物

歯ぎしりをしてしまう詳しい原因は分かっていないものの、飲酒によって引き起こしやすいというデータもあるんだそう。

健康な方でも歯ぎしりをしますが、その場合、長くて15分ほどといわれています。
一方、過度な飲酒をしている方は、40分ほど歯ぎしりをしていることが分かっているのだとか!

「お酒を飲んだほうが、心地よく眠れる!」という方も多いですよね。
でも実は、お酒を飲み過ぎてしまうと、寝つきは良くなるものの、睡眠自体の質が低下してしまうのです。
眠りが浅く、夜中に何度も起きてしまいがち……。

適度なアルコールの量であれば、快適な睡眠へ導いてくれますし、健康面でもプラスになることもあるでしょう。

しかし飲み過ぎてしまっては、意味がありません。
自分でコントロールしながら、お酒と上手に付き合ってくださいね♪

女性の歯ぎしり対策方法④頬杖をつかない

習慣になってしまいがちな頬杖も、歯ぎしりを引き起こす原因になります。

歯ぎしりは、専門用語では「TCH」と呼ばれているそう。
上の歯と下の歯を、持続的にくっつけてしまう癖の事です。

この癖がある方は、パソコンの操作やTVの視聴、編み物などに集中している時に、無意識に上下の歯をくっつけてしまうので、注意が必要です。

特に頬杖は、4キロ~7キロほどある大人の頭の重さがあごに加わる上に、手で支える形になるので、下からの圧力もかかってしまいます。
これでは、かなりの負担があごにかかることが想像にやすいでしょう。

癖なので、なかなか直しにくいとは思いますが、徐々に改善していくことが大切です。
医療の現場では、TVの近くや寝室にTCHを改善するためのシールや絵・写真を貼っておき、気がついた時に、上下の歯を離す習慣をつけるよう指導がなされているそうです。

ただし常に意識をしていると、かえってストレスになってしまうことも……。
気づいた時に……を基準に、取り組んでいきましょう!

女性の歯ぎしり対策方法⑤唇に力を入れない

無意識に力を入れてしまいがちな唇や口の周りをリラックスさせてあげることも、歯ぎしり対策になります。

対策の一つとして挙げられているのが、口周りのマッサージです。

緊張している筋肉のこりをほぐして、口周りの筋肉をリラックスさせましょう♪

また、筋肉のハリを取ることによって、小顔効果も期待できるそう!
女性にとっては嬉しい方法ではないでしょうか?♡

また温かい飲み物を飲んだり、アロマに包まれたりして、身体の内側からリラックスすることもおすすめです。

寝る前に少しでもリラックスタイムを作ってあげれば、深い眠りにも導いてくれるでしょう。
これにより、歯ぎしりを軽減させることができますよ。

女性の歯ぎしり対策方法⑥左右均等に奥歯で噛む

歯ぎしりをしてしまう方は、「食事の時に噛む回数が少なく、早めに飲み込んでしまう」といった傾向にあるようです。

そこで食事の時は、意識をしながら噛む回数を増やすことが大切になってきます。
噛む回数を増やすことで、ストレスを解消する効果があるともいわれているんですよ!

また、奥歯で左右均等に噛むことも大切です。
意識をしていないと、片方の歯ばかりで噛んでしまいがちな方も多いのではないでしょうか?

どちらかに偏ってしまうと、噛んでいる方の歯ばかりに負担がかかってしまい、顔が歪む原因にもなってしまうんです。

歯ぎしりだけでなく、頭痛や腰痛などにも関わってくるので、「左で10回噛んだら、今度は右で10回噛もう!」と、左右均等に噛んでみてくださいね♡

女性の歯ぎしり対策方法⑦マウスピースを作る

歯ぎしりを抑える対策として人気の高い方法は、マウスピースを取り入れることです。

マウスピースを寝る前につけるだけで、歯のすり減りを予防する事ができるそう。
マウスピースのゴムが、歯ぎしりによる歯への負担を減らしてくれるんです。

そのため、顎関節症の予防にもなるんですよ♪

また、マウスピースをつける事によって、安心感が生まれ、リラックスした状態で眠りにつけることも嬉しいポイントです。

市販のマウスピースもありますが、自分の歯型に合わせて作ったり、奥歯だけを固定するタイプのマウスピースを選べたりと、種類も意外に豊富なんです。

安さだけで考えれば、市販のもので良いでしょう。
しかし、しっかりと自分に合ったマウスピースでないと、歯並びが悪くなってしまう可能性もあるんだとか……。

心配な方、合うマウスピースが欲しい方は、歯医者さんで作ってもらう事をおすすめします。

初めての場合は、違和感があるでしょう。
慣れない方は、日中に2時間ほどつけて、徐々に慣らしてみてくださいね。

マウスピースを使う前は丁寧に歯を磨きます。
マウスピースを使った後は、食器用の中性洗剤などで洗うようにしましょう。

歯磨き粉でマウスピースを磨いてしまうと、傷がつき、変色の原因になってしまうので、覚えておいてくださいね。

女性の歯ぎしり対策方法⑧専門のクリニックへ相談する

これまでお家でできる、歯ぎしり対策をご紹介してきました。

しかしそれでも、「なかなか歯ぎしりが良くならない」「あごが痛む」「歯がしみる」という方は、専門のクリニックへ相談してみましょう。

主な歯ぎしり専門のクリニックはこちら!

◆PCP 丸の内デンタルクリニック
東京都の丸の内にあるクリニックです。
治療やメンテナンスを通して、綺麗な歯と美しい口内環境を保つことを大切にしているそうです。

◆オーク銀座歯科クリニック
自宅でもできるマッサージが雑誌でも紹介されており、歯ぎしりと向き合っていくにはどうすれば良いかを一緒に考えてくれるでしょう♡

◆長谷川歯科診療所
2015年から噛み締め、歯ぎしり専門外来を併設しているそう。
あごを動かす筋肉専門の歯科として人気を集めています。

また、クリニックで行われる主な療法として、下記があります。

・スプリント療法
・スポーツ用マウスピース
・薬物療法
・噛み合わせ療法

気になった方は、一度クリニックへ足を運んで、先生に相談してみるのも一つの方法です。
自分では気付きにくいからこそ、厄介な歯ぎしり。
詳しい原因はまだ分かっていないものの、自宅でもできる対策がたくさんありますね。
歯ぎしりに悩まされていた方は、すぐに生活に取り入れることができるのではないでしょうか?

無理せず、自分に合った方法で、少しずつ改善してみてくださいね♪

歯ぎしり 対策 女性

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

雛月 くるみ

毎日がハッピーになりますように♡

>もっとみる