エッセンシャルオイルの使い方8WAY♡幸せな時間を過ごすための方法

女性の間で人気の高いエッセンシャルオイル。
気分に合わせた香りを楽しむことができ、リフレッシュやリラックスさせてくれますよね。
生活に取り入れていきたいエッセンシャルオイルですが、実はさまざまな使い方で香りを楽しむことができるんです。

エッセンシャルオイルのさまざまな使い方で香りをもっと楽しもう

エッセンシャルオイルとは、植物の枝葉や根茎、花、果実などから留出できる"芳香を持つ揮発性の油”のこと。
100%自然由来の香料で作られているオイルで、アロマテラピーや美容液などに用いられることが多いのだそう。

気分に合わせてエッセンシャルオイルの香りを変えることができますが、香りを変えるだけでなく、使い方も好みに合わせて変えていくことができるんです。
使い方によっては香りを楽しむだけでなく、美容や健康に役立ってくれることもあるんですよ♪

そこで今回は、エッセンシャルオイルを楽しむために覚えておきたいおすすめの使い方をご紹介いたします。
定番の使い方から、「こんな使い方もあったんだ!」というものまで、8つの使い方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エッセンシャルオイルの選び方のポイントとは?

エッセンシャルオイルの使い方を見る前に、まずはエッセンシャルオイルの選び方についてご紹介いたします。
安全に美容や健康に役立てるためには、品質の確かなエッセンシャルオイルを選ぶことが大切です。

<エッセンシャルオイルの選び方>
・100%自然由来の素材から抽出されたエッセンシャルオイル、または精油であることが確認できるか
・植物の学名、抽出部位、抽出方法が記載されているか
・原料植物の産地は記載されているか
・使用期限、もしくは蒸留された年月が記載されているか
・茶色や青色などの遮光瓶に入っているか
・価格が極端に安すぎないか
・香りは良いか

通販などでお手軽に買うことができるエッセンシャルオイルですが、品質を確認するためにはアロマテラピー専門店などへ足を運んで、直接自分の目や鼻で確認することがおすすめです。
専門の人がいれば、分からないことも聞けるので安心ですよね♪

エッセンシャルオイルの使い方①ハンカチに染み込ませる

気軽に楽しめるエッセンシャルオイルの人気の使い方は、ハンカチにつけることです。
好みの香りを数滴、ハンカチに染み込ませるだけでOKで、外出先でもエッセンシャルオイルの香りが楽しめます。

リラックスしたいときはもちろん、会議前などで緊張しているときにもおすすめ♪
ただし、エッセンシャルオイルの種類によってはハンカチに色がついてしまうこともあるので気をつけましょう。

本を読む女性であれば栞につけることもおすすめですし、いろいろな人と交流する機会が多いのであれば名刺につけることもおすすめです。
本を開くときや名刺を渡すたびにふわっと香りがするので、癒されるだけでなく相手に印象づけることができます。

エッセンシャルオイルの使い方②フレグランススプレーにする

1本作っておくと便利なのが、エッセンシャルオイルで作ったフレグランススプレーです。
玄関やリビング、キッチン、寝室、トイレなど、いろいろなシーンに適した使い方ができるので、一瞬でいい香りにすることができます。

作り方も簡単です。
①スプレー付き遮光瓶にエタノール5mlを入れます。
②好みのエッセンシャルオイルを10〜20滴落としたら、一度しっかり振ります。
③最後に水を45ml入れ、更にしっかり振ったら部屋にスプレーするだけです。

必ず振ってから使うようにしてくださいね。

エッセンシャルオイルの使い方③アロマ器具に使う

アロマ器具に使う方法は、エッセンシャルオイルの定番の使い方ではないでしょうか。

・アロマポット
・アロマランプ
・アロマディフューザー
・アロマ加湿器
・アロマファン
・オイルウォーマー

使い方や役割などはそれぞれ少しずつ違いますが、どれも部屋全体にいい香りを広げたいときに活躍してくれます。
好みのエッセンシャルオイルとアロマ器具で、素敵な香りと空間を演出してみてください。

エッセンシャルオイルの使い方④フェイシャルスチームに使う

美容に効果的なエッセンシャルオイルの使い方を知りたいと思っている女性におすすめなのが、フェイシャルスチームです。
精油成分を含んだ蒸気を顔にあてるだけの簡単な美容法で、のどや鼻のトラブルの改善にも効果的ですよ♪

ボウルや洗面器に熱いお湯を入れたら、ラベンダーやゼラニウムなどの美容効果がある精油を1~3滴落とし、蒸気が逃げないように頭から乾いたバスタオルをかぶって、5分ほど顔に蒸気をあてるだけです。

蒸気を顔にあてることで毛穴が開きやすくなるので、溜まった汚れや老廃物を洗い流す効果が期待できます。
目に刺激を与えてしまうこともあるので、蒸気をあてている間は目を瞑ってくださいね。

エッセンシャルオイルの使い方⑤アロマバスを作る

お風呂好きの女性におすすめなエッセンシャルオイルの使い方は、アロマバスです。

お湯を張った浴槽の中に、エッセンシャルオイルを1~5滴ほど落とし、よくかき混ぜてから入る方法で、いつもより優雅なバスタイムを楽しめます。
半身浴や足浴なら1~3滴を目安に落としてみてください。

時間がなくてシャワーだけになってしまうときは、浴槽の床にエッセンシャルオイルを1~2滴ほど落としておくことがおすすめ。
シャワーのお湯があたったときに心地よい香りが立ち上がりますよ♪

エッセンシャルオイルの使い方⑥お掃除に使う

エッセンシャルオイルは、お掃除でも活躍してくれます。

掃除機のごみパックにエッセンシャルオイルを1滴落としてから掃除機をかけると、掃除機から排出される嫌な臭いがいい香りに変わりますよ♪

また、掃除用の水が入ったバケツにエッセンシャルオイルを1~2滴ほど落としてから雑巾を絞り、拭き掃除を始めればキレイにしながら好みの香りを楽しめます。
毎日の掃除がエッセンシャルオイルによって楽しくなりそうですね。

ちなみに、洗濯器のすすぎのタイミングでエッセンシャルオイルを1~3滴ほど落とせば、洗濯物もいい香りにすることができます。

エッセンシャルオイルの使い方⑦アロマ湿布をする

疲れているときや、身体に痛みを感じるときにおすすめの使い方がアロマ湿布です。
アロマ湿布とは、エッセンシャルオイルが含まれたタオルをお湯や冷水で絞り、患部にあてる方法のことです。

ボウルや洗面器にお湯、もしくは冷水を入れ、エッセンシャルオイルを1~3滴落とし、よく混ぜたらタオルを浸して絞ります。
冷たいタオルの場合は、火傷や打ち身など、熱を持っている部分にあててみてください。

温かいタオルの場合は、肩こりや首こり、腰痛、生理痛などにおすすめです。
また、アイマスクとしても使うことができるので、疲れ目にも効果的です。

ただし、成分が肌に合わないこともあるので、パッチテストを行っておきましょう。

エッセンシャルオイルの使い方⑧マッサージオイルにする

エッセンシャルオイルを、マッサージオイルにする使い方もおすすめです。

「キャリアオイル」と呼ばれる植物性のオイルの中から好きなものを選び、10mlのキャリアオイルに対してエッセンシャルオイルを2滴落としてしっかり混ぜるだけです。

入浴後などの身体が温まっているときに使い、疲れた部分や引締めたい部分を優しくマッサージしながら、香りも楽しんでみてください。
パートナーのマッサージをしてあげるときにもおすすめです。

こちらも心配であれば、事前にパッチテストを行っておきましょう。

エッセンシャルオイルを使うときの注意点

さまざまな使い方が楽しめるエッセンシャルオイルですが、覚えておきたい注意点もいくつかあります。

①原液のまま肌につけないようにする
エッセンシャルオイルは、原液のままだと肌に強すぎるといわれています。
直接肌につけたい場合は、キャリアオイルや水などを混ぜて濃度を1%以下に薄めてから使うようにしましょう。
使う前にパッチテストなどを行っておくと安心です。

②使用期限には気をつける
使用期限が記載されているエッセンシャルオイルもありますが、ないものもあります。
柑橘系の香りなら開封から約半年、それ以外の香りなら1年程だといわれているので、記載がない場合は付箋などに開封した日を書いておきましょう。

③肌も身体も敏感になっているときは使用を控える
生理前や生理中、妊娠中などは肌も身体もいつも以上に繊細な状態になっています。
少量の香りでリラックスすることはおすすめですが、肌に直接つけることは控えたほうがいいかもしれません。
メーカー記載の説明をしっかり確認しましょう。
品質が確かなエッセンシャルオイルを正しく使うことで、さまざまなシーンに活用することができます。
エッセンシャルオイルは少量ずつ使っていくので、使用期限内に使うことが難しいといわれていることもあるのですが、何通りもの使い方ができるならあっという間に使い切ることができそうですね。
香りだけでなく、美容や健康にも役立ってくれるので、ぜひ気になった使い方で香りのある生活を楽しんでください。

【関連記事】お部屋の雰囲気をガラリと変える!おすすめルームフレグランス4選

新しい年になって気分も一新、お部屋の香りを変えてみませんか?今回はおすすめのルームフレ...

エッセンシャルオイル 使い方 選び方

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる