ピンクメイクが2017年春トレンド!お悩みパーツ別似合わせテク♡

今年の春は、なんといってもピンクを使ったメイクが流行していますね!
ですが、ピンクのメイクはなんだか難しい、自分に合うピンクメイクが分からない……という方も多いかもしれません。
そこで悩みがある方も、トレンドのピンクメイクを取り入れられるポイントをご紹介します。

トレンドのピンクメイク①ピンクのアイメイクがなんだか似合わない?

ピンクを使ったトレンドのメイク。
春らしくて素敵なのですが、いざピンクのアイシャドウを塗ってみると、なんだか瞼が腫れぼったい印象になってしまいませんか?

瞼にピンクを使うときには、ピンクの選び方が大切です。
アイシャドウでピンクを取り入れるのであれば、パール感のあるものを選びましょう。

そして、瞼に均一に塗るのではなく、中心に色が一番つくように塗ります。
また、瞼のきわには引き締めカラーを使って、瞼の印象を引き締めます。

瞼にピンクを入れると腫れぼったい印象になりがちな、一重さんや奥二重さんは、ピンクを目の下に入れるのも正解です。このときも、パール感のあるカラーを使うと、目の下のくすみも消えてより素敵に見えます。

ピンクのラインを目じりに入れ、上手にぼかすという方法もおすすめです。

トレンドのピンクメイク②チークは印象でチェンジするのが正解!

チークの色はなりたい印象で変えましょう。透明感が生まれるのは青みのあるピンク。色白さんにも似合います。

血色よく健康的に見せるのはローズピンク。アラサー世代のメイクにもぴったりです。

ピンクのチークは、一点に集中してつけると、なんだか野暮ったく見えてしまうので、ふんわりと頬にぼかすか、クリームタイプのチークを使い、頬が上気したような印象を作りこむと素敵です。

トレンドのピンクメイク③リップは口紅が正解

テカテカのピンクグロスでは今年っぽくないのでは?という方には、口紅がおすすめです。

ややマットな印象に仕上がる口紅でピンクを取り入れてみましょう。
誰でも似合いやすいのは、ローズ系のピンクやオレンジよりのピンクです。
血色よく若々しく見えるのでアラサー世代のメイクにもぴったりですよ。

ピンクと一言でいっても、様々な色味があるので、自分の顔の印象と合うものを選びましょう。

青みのあるピンクも今年は流行していますが、肌の色によっては浮いてしまいがちな色なので、注意しましょう。

買った口紅がなんだか似合わない?と思ったときには、手持ちのほかの口紅やグロスと混ぜ合わせてから、唇にオンすると見違えます。

④ネイルでピンクを取り入れるときは?

ネイルでもピンクを取り入れたい!という方は、自分の爪の長さや形によって、色を使い分けてみましょう。

爪が短く丸い方は、コーラル系ピンクなどキレイに発色するピンクがおすすめ。やりすぎ感がなくオシャレに見えます。

逆に爪が長い、爪が大きい人には手がすっと長く見える馴染み系ピンクがおすすめ。ベージュ系や透明系ピンクで上品な指先を演出できます。
トレンドのピンクメイクですが、いざやってみるとなんだか似合わない、と感じたり、ちょっと浮いているような印象になってしまったりするときがありますよね。
ピンクの選び方や、塗り方に注意して、自分の個性に合ったメイクを心掛けてみてください。
ピンクメイクは、やり方のコツを身につければとても素敵に春らしい顔になれますよ!

【関連記事】アイシャドウやリップもピンクで♡みんなの春メイクをチェック!

2017春、気になるメイクはピンクのアイテムを使ったメイク♡チークはもちろん、アイシャドウや...

ピンク メイク 悩み 攻略 トレンド

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

つぼいまりこ

つぼいまりこ
美容、モテ、節約、インテリアなど、幅広く興味を持っています。
女性ならで…

>もっとみる