濃くはないけど盛れてる!ナチュラル盛りメイクをマスターせよ♡

BEAUTY

みなさんはガッツリ濃いメイクをしていませんか?ただの濃すぎる盛り盛りメイクは、ギャルっぽくみられたり、怖いと思われているかも…。だからといって薄すぎるメイクはすっぴんだと思われてしまいます。ちょうどいいのはナチュラルなのに盛れているメイク!そんなメイクの方法を教えちゃいます!

ナチュラル盛りメイクのポイント① カラコンをするならダークブラウン

カラコンって簡単に印象を変えられる便利なアイテム。一度試してみるとやめられないっていう人もいますよね。それどころか、どんどん激しい色のものにしていく人も…
激しい色の瞳は不自然に感じられます。

ナチュラル盛りメイクなら、カラコンはダークブラウンにしましょう。

ダークブラウンなら、日本人の瞳の色に近いので不自然になりません。でも裸眼とは違うので、少しだけ盛ることができちゃいます♪

ナチュラル盛りメイクのポイント② アイシャドウはベージュとブラウン

アイシャドウを濃くしたり、ピンクやブルーを使ったりする人もいますが、ナチュラル盛りメイクにはベージュとブラウンが最適。

アイシャドウのつけ方は、
①ベージュシャドウをアイホールに広げる。
②ブラウンシャドウを二重幅にのせ、ぼかす。

これでナチュラルな目元に。ブラウンシャドウをぼかすことで、グラデーションになり、立体感が生まれます。
ベージュはパール入りがおすすめです。ブラウンは濃いときつくなってしまうので、薄めの色にしましょう。

ナチュラル盛りメイクのポイント③ アイライナーは黒と茶色

アイラインは黒だけだときつく見えてしまい、茶色だけだと薄すぎます。

それなら二色を使っちゃいましょう!

どうやって使い分けるの?と思うかもしれませんが、
①黒のアイライナーでインサイドを埋める。
②茶色のアイライナーでまつげのキワを埋める。
これでOK♪

ポイントなのが、どちらの色もペンシルタイプを使うこと。ペンシルにすることで、程よくナチュラルに盛ることができます♪

ナチュラル盛りメイクのポイント④ マスカラはロングタイプ

マスカラは、ボリュームタイプだとバサバサしすぎ…ナチュラル盛りメイクにはロングタイプを使いましょう。
ナチュラルメイクでも盛るためには、カール効果もあるものを選んで。

マスカラを塗る前には、カールをキープさせるためにマスカラ下地も忘れずに。
マスカラはまつ毛が扇状に広がるよう、根本から持ち上げるように塗りましょう。
もちろん上まつ毛だけでなく、下まつ毛にもしっかりと塗りましょう。

まつ毛が絡まりにくい、コームタイプのマスカラがおすすめです。

いかがでしたか?濃すぎず薄すぎずが一番かわいいんです♡一度、自分のメイクが濃すぎないか、薄すぎないか、見直してみましょう。そして、ナチュラル盛りメイクにも挑戦してみてくださいね♪