がんばる女子必見!司法試験に合格する方法をチェック

裁判官や弁護士になるために必要な試験、司法試験を知っていますか?
自分の夢に向かって司法試験を目指している方や、社会人だけど司法試験を受けたい!という方のために合格する方法をまとめてみました☆

司法試験に合格する方法① 司法試験ってなに?

司法試験とは、裁判官や弁護士を目標としている人が、必要な学識や応用能力などをしっかり持っているかを判定するための国家試験です。

ただし、司法試験を受験するためには、法科大学院課程を修了するか、司法試験予備試験を合格しなければなりません。

「資格試験の王様」といわれるほど難しいとされている試験「司法試験」に合格する方法を探っていきましょう!

司法試験に合格する方法② 司法試験を活かせる仕事は?

司法試験に合格すると、弁護士や裁判官など、法律を扱う専門職に就職することができます。

弁護士には、様々な分野があり、刑事事件、交通事故の損害賠償、離婚などの身近な問題の相談や、倒産処理、株主総会対策などの企業法務、国際取引きなどの渉外事件。
そのほかにもいろいろな分野があります。

裁判官は、社会で生まれる様々な事件を、自分の心と憲法、法律に基づき判断していく仕事です。
自分の考えを他人に左右されずに判断しなければならないので、責任はとても重大ですが同時にやりがいもある仕事です。

司法試験に合格する方法③ 司法試験に合格するためには?

www.misaki.rdy.jp

司法試験に合格するために最も効率的な方法は、予備試験を目指すことです。
なぜなら、予備試験と司法試験は、憲法や民事訴訟法、刑事訴訟法などの法律科目がほとんど共通しているといわれているからです。

さらに、予備試験合格者の司法試験合格率は98%といわれています!
予備試験の学習には、司法試験の合格にそのまま直結します。

司法試験を目指しているあなたは、しっかり予備試験の予習をしましょう!

司法試験に合格する方法④ 勉強方法

www.lec-jp.com

あなたが大学1・2年生の場合、まずは司法試験の予備試験にチャレンジしてみましょう!
大学四年生の法科大学入試はまだだいぶ先なので、しっかりと予備試験の学習をしてモチベーションをあげ、知識をレベルアップさせましょう。

そしてあなたが社会人である場合は、司法試験の予備試験を第一ルートに置きましょう。
予備試験に合格することができれば、法科大学院に通っている人よりも早く司法試験に合格することができます。
法科大学院での学費のことを考えるとメリットが大きいです。
司法試験に合格する方法は、予備試験をしっかり学習しておくことです!
大学生のあなたも、社会人のあなたも、頑張り次第で司法試験に合格することができます。
大きな夢を持って、努力していきましょう!

司法試験 合格 方法 就活

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

穂束 ほのか

フリーランスのライター*°キティちゃん/ファッション/アニメ/映画/可愛いものが大好き♡

>もっとみる