くすみの原因は8種類あった!原因別で見る正しい改善方法

実年齢より老けて見えたり、元気がないように見えてしまう原因は「顔のくすみ」。
女性にとって厄介な肌トラブルですが、くすみの原因は8種類もあることをご存知でしたか?
原因によって改善方法が変わってくるので、自分のくすみタイプを知り、肌にあったお手入れを始めていくことが大切ですよ♪

くすみの原因で改善方法は変わる!

年齢を重ねると肌の悩みは増えていきますが、その中でも厄介なのが「顔のくすみ」でしょう。

目の周りや唇だけでなく、顔全体がくすんでしまうこともあり、メイクでカバーしようと厚塗りになってしまうこともありますよね。
メイクに影響するだけでなく、“実年齢より老けて見える”、“疲れているように見える”など、相手にマイナスなイメージも与えてしまいます。

このくすみの原因は、なんと一つだけではありません!
日常生活のありとあらゆるところにくすみの原因は潜んでいるので、気づかない間にくすんでしまう場合が多いです。

できてしまったくすみを改善するためには、自分のくすみの原因を知り、原因にあわせたケアをすることが重要です。
そこで今回は主なくすみの原因である8種類を挙げ、改善方法をまとめていくので、くすみが気になっている女性の皆さんは必見ですよ!

くすみの原因と改善方法①乾燥によるくすみ

肌が乾燥するとキメが乱れ、肌表面のなめらかさが失われてしまいます。
失われた肌表面は凸凹している状態で、そこへ光があたると乱反射し、肌が暗く見えてしまうことがあり、これが乾燥によるくすみの原因となるのだそう。

冬の冷たい空気だけでなく、夏場のエアコンなども乾燥の原因となり、もともと乾燥しやすい肌の女性は特に注意が必要です!

改善方法としては、保湿が欠かせません。
保湿効果の高いセラミドや、コラーゲンなどで角質層に潤いを届け、角質細胞をみずみずしく、ふっくらさせた状態に保つことが大切ですよ。
ですので、洗顔後や入浴後はすぐに化粧水で潤いを与え、美容液や乳液で蓋をしてあげるようにしましょう。

また、乾燥しやすい女性は、洗いすぎない&擦りすぎないことも肝心です。
朝晩の洗顔ではたっぷり泡で優しく洗うようにして、クレンジング時も肌に負担をかけなくて済むよう、薄メイクを心がけて優しく落とすといいですよ!

くすみの原因と改善方法②メラニンが原因のくすみ

紫外線を浴びると、肌を守ろうとメラニン色素が多く生成されます。
肌のターンオーバーが正常であれば、古い角質とともにメラニンも排出されるのですが、過剰につくられてしまうとスムーズに排出できず、そのまま色素沈着してしまい、くすんで見えてしまうんです。

メラニンが原因のくすみを改善するためには、美白成分が含まれた化粧品を使ってケアすることが必要なんだそう。
ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、コウジ酸などが美白成分として有名なので、配合成分に注目して見てみてくださいね。

そして、紫外線は一年中降り注いでいるので、日頃からの紫外線対策も欠かせません。
UVカットできる化粧下地などを使うようにして、紫外線から肌を守りましょう♡

くすみの原因と改善方法③角質の汚れによるくすみ

年齢を重ねると、さまざまな理由によって肌リズムが乱れてしまいがち。
そのままにしておくと、表皮の新陳代謝や、生まれ変わりであるターンオーバーまで乱れてしまい、古い角質が蓄積されてしまいます。
そのため、肌がくすんで見えてしまうことがあるんです。

古い角質によるくすみが原因であれば、ターンオーバーの乱れを改善し、整える必要があります。
効果的な方法は、週に一度ピーリング洗顔を取り入れることです。
ピーリングは、余分な角質のみを取り除いてくれるので、洗顔後はワントーン明るくなった肌を実感することができますよ♪

しかし、ピーリングは肌への刺激も強いので、優しく洗うことと、洗顔後はしっかり保湿することを忘れないでください。
ターンオーバーの乱れは、乾燥やメラニンの排出にも関わってくるので、正常な状態を保っていきたいですね。

くすみの原因と改善方法④血行不良による青くすみ

冷え性や顔冷え、ストレス、疲れ、運動不足、睡眠不足が引き起こすくすみが、青くすみです。
これらの原因は、血行不良を招きます。
血液が滞ってしまうと、肌の細胞や色素に十分な栄養を届けることができなくなってしまうので、肌の血色が失われ、青く暗い肌色に見えてしまうんです。

血行不良を改善するためには、マッサージを取り入れることが効果的なんだそう。
肌を刺激しないよう、マッサージ用のオイルを手に出したら、内側から外側へ、下から上へ血液を流すように優しくマッサージしてみてください。

また、普段から階段を使って歩いたり、一駅歩いたりして、軽い運動でいいので取り入れるように心がけましょう。
バスタイムはシャワーだけで済ませず、きちんと湯船に浸かって身体を温めることもおすすめですよ♡

くすみの原因と改善方法⑤濃い産毛くすみ

濃い産毛が原因でくすんで見えてしまう場合もあります。
薄く柔らかいイメージのある産毛ですが、みんながみんな薄いわけではありません。
ですので、濃い方は産毛をお手入れすることでワントーン明るくなった肌へ整えていきましょう♪

簡単なお手入れ方法としては、カミソリが思い浮かぶかと思いますが、繰り返して行っているとバリア障害から肌荒れ、メラニンくすみの悪化を招いてしまう可能性があります。

くすみを改善しながら、肌を守るためには、信頼できる医療機関でレーザー脱毛を受けることがおすすめです。
お金や時間はセルフケアよりも少しかかりますが、同時にメラニンによるくすみを改善することも期待できます!

くすみの原因と改善方法⑥糖化による黄くすみ・茶くすみ

最近老化の原因として注目されているのが、糖化です。
体の中だけで起こるイメージがありますが、肌表面も糖化してしまうことをご存知でしたか?
体内の糖質がたんぱく質と結びつくことによってAGEs(最終糖化生成物)という物質になり、美肌を維持するために欠かせないコラーゲンやエラスチンを硬化させてしまうんです。

このままでは、黄くすみや茶くすみだけでなく、肌が老化してしまうのでどんどん老け顔になってしまう可能性が……!
糖化による黄くすみ、茶くすみを改善するためには、糖質過多の食生活を見直すことが大切です。
甘いお菓子やケーキを控えるだけでなく、ご飯や小麦、トウモロコシなどの糖質を控えめにするよう、心がけてみてください。
食事のときは、野菜を最初に食べるなどして、食べ方を工夫してみるといいですよ♪

ただし、糖化したコラーゲン線維は元に戻すことはできないので、コラーゲン線維を修復したい場合は、近場の皮膚科クリニックなどで相談してみるといいでしょう。

くすみの原因と改善方法⑦化粧品などによる油やけ

「油やけ」と言われるくすみの多くは、古くなった化粧品が原因です。
古くなった化粧品を使い続けていると、刺激性皮膚炎と炎症後色素沈着を招く恐れがあり、これによってくすんで見えてしまうんだとか。
1年以上経った化粧品を、今でも使っていませんか?

勿体ない気持ちは分かるのですが、肌にとっては負担になるので、一度使った化粧品は長くても半年程度で使いきるか、処分することがおすすめです。

また、メイクをしてから時間が経つと肌の上で化粧品の油脂成分が酸化してしまいます。
どんなに忙しくても、眠くても、メイクは必ず綺麗に落とすようにしましょう。

くすみの原因と改善方法⑧毛穴汚れによるくすみ

毛穴はとても小さいですが、それよりも小さいホコリ、チリ、古い角質、皮脂などの汚れが詰まると角栓となり、肌の上で酸化して顔全体が黒ずんで見えると言われています。
毛穴汚れを落とし、くすみを改善するためには、毎日の洗顔が大切です。

肌に余計な刺激を与えないよう、ぬるま湯とたっぷりの泡で優しく洗うことがポイントです。
仕事やお出かけから帰宅したときだけでなく、睡眠中もホコリを被っているので朝の洗顔も忘れないように行いましょう。

ただし、1日に何度も洗顔をすることは却ってよくありません。
朝晩の2回だけ洗顔するようにして、清潔な肌と、肌に必要な皮脂を同時に保つよう心がけてみてください。
くすみの主な原因と、改善方法をご紹介させていただきました。
くすみは毎日の丁寧なお手入れで改善することができます。
毎日鏡の前で肌をチェックし、少しでもくすみが感じられたら原因にあった改善方法を取り入れていきましょう。

【関連記事】くすみ肌を撃退♪本当に透明感のある肌のつくりかたって?

最近よく聞く「透明感」というワード。透き通るように白い肌のことを指しているのかと思った...

くすみ 原因 改善

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる